情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Windows Live Messenger 2009の音量を上げる方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

Windows Live Messenger 2009は、誰かがログインした時や、メッセージを受信したときなどの"音"が2008から変更されています。どう変更されているかというと、全体的に優しい音になっています。

この優しい音。Vistaの雰囲気に合っているのかもしれないですが、ちょっと優しすぎて、聞き取りづらいです。だからといって、音量を上げようにも、音量を上げるような設定は見あたりません。

で、どうするかというと、大きく分けて2つの方法があります。一つは、音声ファイル自体を編集して音量を上げる方法。音声ファイルは、Vistaの場合、

C:\Program Files\Windows Live\Messenger

にあります。ここにある音声ファイルは、すべてwma形式で、

newalert.wma
newemail.wma
nudge.wma
online.wma
outgoing.wma
phone.wma
type.wma
vimdone.wma

があります。ちなみに、自作の音声ファイルをこれらの名前に編集して、上書き保存すれば、自分の好きな音に変更できます。こだわりのある方は、やってみるといいかも。

さて、もう一つの方法はといいますと、Windows Live Messenger 2008の音声ファイルを流用すること。え?2008の音声ファイルなんて持ってないよって? ですよね。私の場合は、2008を使っているPCがあったので、そこから音声ファイルをコピーしてきました。まぁ、そんなわけでコピーしてきたファイルはこちら

newalert.wma
newemail.wma
nudge.wma
online.wma
outgoing.wma
type.wma
vimdone.wma

ということで、一通りあるので、これを先ほどのフォルダへ上書きコピー。

すると、Windows Live Messenger 2009で、Windows Live Messenger 2008の音が利用できます。もちろん、2008を利用していた人にとってはわかりやすくなりますし、2009から利用を始めた人(は、2008の音声ファイルなんてないかもしれないが)でも、音量が大きく、音自体も強い音なので、聞き取りやすくなると思います。

そのうち音量調整ができるようにバージョンアップされたらいいんですけどね。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。