情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

めざせsamba高速化 このエントリーを含むはてなブックマーク

sambaが遅いというユーザからの訴えを元に、その理由を考えてみた。

そもそも、遅いというのは、何が基準かというと、今まで利用していた旧サーバより遅いというのだ。私はそんなことを感じたことはなかったのだが、ユーザによると、たしかに昔よりも遅いらしい。

ということで、数々のsambaに関わる問題をまとめてみることにする

LANカードは偉大だったらしい

ということで、まず、旧サーバとのハードウェア的な違いを考えてみた。すると、旧サーバはオンボードLANがギガビットイーサ非対応なので、LANカードを別に挿していたのだが、新サーバはオンボードLANがギガビットイーサに対応していたので、オンボードのまま利用していたのだ。

ということで、旧サーバのLANカードを新サーバへ移植

すると、たしかに体感速度が(スループット的な意味で)よくなったらしい。実際自分が使ってみても、早くなった気がした。

ログオンが遅い

上記の内容はともかくとして、私が常に感じていた(気になっていた)のは、ログオンに際してレスポンスが遅いこと。遅いポイントは大きく分けて3つ。

  1. 「\\(NetBIOS名)」をexplorer.exeで開こうとしてから共有の一覧が表示されるまで
  2. 共有フォルダのアイコンをクリックしてから、パスワードを求めるダイアログが表示されるまで
  3. パスワードを入力してOKをクリックしてから、共有フォルダの内容が表示されるまで

で、特に気になるのは2番目。ここでWiresharkの出番です。いったい何をやっているせいで遅いのかを調べてみようというわけです。まぁ、どうにもならないにしても、犯人が分かるだけでとりあえずすっきりしますから。で、現在分析中。というか、勉強中。なにか分かったら追って報告いたします。

ログインできたり出来なかったりするのはどうしてか

これが一番の難敵です。これが出来ないと、かなり文句を言われるので。 とりあえず、Vistaでsambaにログインできないのは、セキュリティーの問題なので、レジストリを変更することで回避。ちょっとググればわかります。ただ、それでも何度もやったらつながるとかっていうのは、さっぱり意味不明で、どうにか解決したい内容です。

NetBIOS名じゃだめで、IPアドレス直接指定ならOKな件

何人もの設定をしてあげるときにふと気づくこととして、\\(NetBIOS名)\じゃアクセスできないのに、\\192.168.~\と、IPアドレスを直接指定するとアクセスできることがあるのだ。コンピュータ一覧が表示されないって言うのは有名らしいんだけど、名前解決出来ないことがあるのはどうしたものか。

Linux | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

同一セグメントにいないPCからはC:WINDOWSsystem32driversetc
フォルダー内のlmhostsにSambaサーバーの情報を設定してあげないとダメだよ
設定しててもダメなら
TCP/IP詳細設定のWINSタブの
LMHOSTSの参照を有効にする
にチェックが入っていないかもね
2010-03-30 Tue 10:23 |  sh [ 編集]
> shさん
コメントありがとうございます

現在sambaを利用していないのですが、
当時、同一セグメント上での運用でした。

lmhostsファイルのことは全然知らなかったので、
調べてみました。こんなものがあるとは。
どこかで出会っていたのでしょうが、記憶にありません…

どうもありがとうございました!
2010-03-30 Tue 22:47 |  did2

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。