情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

OneNoteでどうやって図を書くべきなのか このエントリーを含むはてなブックマーク

OneNoteの標準の図画描きにくすぎるので、PowerPointからコピペするのがお手軽ですよというお話。

OneNoteでの図の悪いところ

  • 図の種類が少ない(四角形、台形など、基本図形がたったの5種類)
  • Ctrl+C、Ctrl+Vで簡単にコピペできない。コピーは出来るものの、図をペーストするときには右クリックからの操作が必要。
  • Ctrl押しながらドラッグなどの複製もできない。
  • まさかと思いつつ、でもやっぱり図形の塗りつぶしができない。
  • 図形をグループ化できない。
  • 図形の位置が不安定。図形の位置をコントロールする方法がWordと比較して貧弱すぎます。
  • 図形の見出しなどを付けようにも、グループ化できないので困る。
  • 文字入力のエリア(?)との関連付けがオートなので、勝手に図形が文字に飲み込まれるみたいなことが起こる。

基本的に、使ってみるとわかります。ちなみに、手書きも線1本1本が上記の図形として扱われます。簡単にはコピペできません。

対策

基本的にどうしようもない状態なので、外部アプリケーションで図を作成するのがよいと思います。そういうのを取り込むのはOneNoteの得意技なので。なので、最悪作成した図を表示している部分をWin+Sで切り取ればOKです。

おすすめの方法はPowerPointで図を作成して、貼りたい図形を選択した状態でコピーして、OneNoteでペーストする方法。PowerPointの図の作りやすさはぴかいちですし、Ctrl+C、Ctrl+Vで素早く取り込めて簡単です。

ただし

しかし、OneNoteはここに関してもばっちり(?)で、一つのページにある画像枚数が増えるごとに、だんだん動作が重くなるという弱点があります。ページを分ければ良いみたいですが。

まとめ

OneNoteの弱点を見るたびに思いつく結論は、次期バージョンへの期待です。つぎのバージョンを心待ちにしています(←あきらめ)。

OneNote | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。