情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

学会発表するときに何を着ていけばいいの? このエントリーを含むはてなブックマーク

はじめて学会発表に行くとき、「どんな服装で行けばよいのだろう」と思ってググった記憶があります。 卒論が終わり、初めて学会発表に行くことが決まって、同じようにググる人の参考になるように、 服装について参考になりそうなことを書いておきます。本当は行ったことのある人に聞くのが一番ですが、 たまたま近くに居ないこともありますしね。

ちなみに、自分は情報系なので、情報系の(一部の)ことしかよく分かりません。ということで、今まで行った学会で実際どうだったかという具体例も書いておきます。というか、勝手なことを感じたままに書くので、参考にする場合は自己責任で。それに、研究室の方針で絶対スーツとかもあり得るので、先生に怒られないように注意。

スーツが無難なの?

就活なら「迷ったときはスーツが無難」と言われそうですが、はたして学会発表でも「迷ったときはスーツが無難」なのか。 実は、情報系はスーツでないことも多く、スーツが一人も居ないことだってあります。発表者であっても、です。一方で、スーツだらけの場合もあります。ちなみに、今回「スーツ」って言ったら「ネクタイ」というイメージです。

じゃぁ何を着ていけばいいの?

じゃぁ、何を着ていけばいいのか、それでもスーツが無難なのか。今までの経験から結論を先に行ってしまうと、「服装なんてどうでもいいから発表を頑張れ」です。

実際、私は今のところスーツで学会発表をしたことはないですし、ましてや怒られるようなこともありません。それをどう見られていたのかの問題ですが…見た目が悪すぎて発表を見る目に悪影響があると困るのかなぁ…(逆に、普段スーツ着ないのに下手にスーツ着てたら疲れちゃうし、練習はスーツでやらないでしょ?やるの?みたいなことも思ったり)

超心配性の人向けの万能策をあえて考えてみると、私服を着て、荷物にスーツを入れて会場に行くのがベストだと思います。発表者がみんなスーツだったり、聞いている人たちがみんなスーツだったらこっそり着替えればいいのです。逆に、誰一人としてスーツが居なかった場合は私服のままで。スーツがほとんど居ない会場でスーツなのは結構目立つんですよね。

私服と言っても

今まで、私服とは言っても襟付きを必ず着ていくようにだけはしていますが、ジーンズが結構多かったり。 でも、スーツが多い場所ではジーンズは避けたり。そんな感じです。ただ、ラフな服装中心の学会ではかならずしも襟付きじゃない人もたくさん居たような。

大きな学会だと

大きな学会だと、去年の会場の様子を写した写真がWeb上にあったりします。それを探してみると良いかと。

今まで行ったことのある学会

ここからは、今まで参加した学会での服装について、思い出せることをメモしておきます。 これから参加する学会がもしそこにあったらよいのですが。

情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会(OS研究会)

スーツで発表している人はほとんど居ません。あるときは、1つの大学から参加している学生二人だけがスーツだったと思います。もちろん聞くだけの人はみな私服でした。私服のほうがよさげ。

並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ(SWoPP)

SWoPPは複数の研究会が集まっていて、同じ会場で同時にやる感じ。自分はそのうちOS研究会で発表したのですが、OS研究会については前の項に同じ。ただ、廊下や他の会場に行っても私服が大多数だったように記憶しています。

電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会(NS研究会)

「電子情報通信学会はスーツ多いよ」と言われて行ってみると、発表する側はもちろんのこと聞く側もスーツが圧倒的に多かったです。当然スーツという感じ。私が今まで参加した中では唯一スーツが基本の学会でした。

自分は私服で発表しましたが、まさしく「スーツのほうが無難」な会場です。他にも私服で発表していた人が2人いたなぁ、という雰囲気です。

コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys)

これはOS研究会が中心となった(?)シンポジウムなので、OS研究会同様、みな私服だったように記憶しています。スーツは居たかな…?

そういえば言っていませんでしたが、周りが私服でもスーツを着ている人は企業の人のことが多い気がします。

先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS)

会場の運営手伝いの方々(学生)がスーツだったことははっきり覚えていますが、会場じゅうスーツというわけではなかったと思います。会場全体を見ればスーツのほうが少なかったような。企業からの出展・参加者が多い分、スーツ成分が多くなっているのかも。

と、思って写真を見てみたら、スーツ少ないですね。発表する側は襟さえあれば、聞く側はもう暑くなり始める季節なのでTシャツだけだったり。

IEEE P2P

これは完全にスーツが居なかったような。写真を確認してみても、ものすごくラフな格好の方がいらっしゃったり。

マルチメディア、分散、強調とモバイル(DICOMO)/データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM)

どちらも会場が宿泊施設で、参加者はそこに泊まる形式。そういう形式だからこそか、これもスーツがほとんど居なかったように記憶しています。

まとめ

書いてみると、想像以上に参考にならないですね。行ったことのある人を探すか、スーツを会場へ荷物として持って行くか、スーツじゃないけどしっかりしたものを着ていくか…。

結局のところ、「スーツが無難」が必ずしも通用しないとめんどうですね…スーツが少ない会場に学生がスーツで行くと目立つことさえ気にしなければもう片っ端からスーツで行くのもまぁ悪くないかなぁ…。

関連エントリ

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。