情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Canon PowerShot S100 のレビュー記事・作例まとめ このエントリーを含むはてなブックマーク

もうすぐキヤノンの最新機種PowerShot S100が発売されます。PowerShot S90/S95という大ヒット定番商品の後継なので気になるところ。今回はその撮影画像サンプルや比較が掲載されているウェブページをまとめてみました。いろいろな作例を見ることが出来ます。

まだ発売前なのにも関わらずモニターの方がたくさんいるらしく作例は豊富なのですが、ある程度絞って掲載します。また、海外のレビューが充実しています。

公式サイト

http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/s100/

仕様の詳細を確認するにはここ。メーカー自体がどこを売りにしているかをとりあえず把握してから他の記事を読むべき。

imaging resource/様々な設定における写りを検証するのに便利

PowerShot S100:http://www.imaging-resource.com/PRODS/PS100/PS100A7.HTM
PowerShot S95:http://www.imaging-resource.com/PRODS/PS95/PS95THMB.HTM

他機種との比較:http://www.imaging-resource.com/IMCOMP/COMPS01.HTM

建物やカラーチャート、マネキンなどを使ったサンプル画像を多数掲載しているサイト。すべてExif情報を閲覧できる。詳細な設定まで揃えて撮影しているため、機種同士の比較を行いやすいだけでなく、低感度や高感度での詳細な特徴を把握するのに便利。

画角・シャッタースピード・F値・露出補正値・ISO感度などが少しずつ変更されている。S95持ちの人は、このサイトで詳細な特徴の比較が出来る。

Digital Photography Review/他の機種との詳細な画像比較に便利

http://www.dpreview.com/reviews/studiocompare.asp...

表示された大きな画像をクリックすると、その部分の拡大画像が機種ごとに表示され、簡単に比較することが出来ます。これでS95と比較してみるとS95のほうが周辺までくっきり写っているように見えます。また、S100は周辺がだいぶ流れているように見えます。いろいろ周辺を見比べてみるとS100のこの個体が片ボケしているのかもしれません。

以下に、比較対象として選択できる機種を列挙しておきます。

Canon ELPH 100 HS (IXUS 115 HS), Canon EOS 1000D (EOS Rebel XS / Kiss F Digital), Canon EOS 1100D (EOS Rebel T3 / EOS Kiss X50), Canon EOS 500D (EOS Rebel T1i / EOS Kiss X3), Canon EOS 50D, Canon EOS 550D (EOS Rebel T2i / EOS Kiss X4), Canon EOS 5D Mark II, Canon EOS 600D (EOS Rebel T3i / EOS Kiss X5), Canon EOS 60D, Canon EOS 7D, Canon EOS-1D Mark III, Canon EOS-1D Mark IV, Canon PowerShot G10, Canon PowerShot G11, Canon PowerShot G12, Canon PowerShot S100, Canon PowerShot S90, Canon PowerShot S95, Canon PowerShot SD4000 IS (IXUS 300 HS / IXY 30S), Canon PowerShot SD4500 IS / Digital IXUS 1000 HS / IXY 50S, Canon PowerShot SX20 IS, Canon PowerShot SX210 IS, Canon PowerShot SX230 HS, Casio Exilim EX-FH100, Casio Exilim EX-FH25, Casio Exilim EX-ZR100, Fujifilm FinePix F550 EXR, FujiFilm FinePix F80EXR (FinePix F85EXR), FujiFilm FinePix HS10 (FinePix HS11), FujiFilm FinePix JZ500 (FinePix JZ505), FujiFilm FinePix S2500HD (FinePix S2600HD), FujiFilm FinePix T300 (FinePix T305), Fujifilm FinePix X100, Fujifilm FinePix XP30, Kodak EasyShare Z950, Kodak EasyShare Z981, Leica M9, Leica X1, Nikon Coolpix P100, Nikon Coolpix P300, Nikon Coolpix P500, Nikon Coolpix P7000, Nikon Coolpix S8000, Nikon Coolpix S9100, Nikon D3, Nikon D3000, Nikon D300S, Nikon D3100, Nikon D3S, Nikon D5000, Nikon D5100, Nikon D7000, Nikon J1, Nikon V1, Olympus E-5, Olympus PEN E-P1, Olympus PEN E-P2, Olympus PEN E-P3, Olympus PEN E-PL1, Olympus PEN E-PL2, Olympus PEN E-PL3, Olympus SP-810 UZ, Olympus Stylus 9010 (mju 9010), Olympus TG-810, Olympus VR-320, Olympus XZ-1, Panasonic Lumix DMC-FH7 (Lumix DMC-FS22), Panasonic Lumix DMC-FZ100, Panasonic Lumix DMC-FZ150, Panasonic Lumix DMC-FZ35 (Lumix DMC-FZ38), Panasonic Lumix DMC-G10, Panasonic Lumix DMC-G2, Panasonic Lumix DMC-G3, Panasonic Lumix DMC-GF1, Panasonic Lumix DMC-GF2, Panasonic Lumix DMC-GF3, Panasonic Lumix DMC-GH2, Panasonic Lumix DMC-LX3, Panasonic Lumix DMC-LX5, Panasonic Lumix DMC-TS3 (Lumix DMC-FT3), Panasonic Lumix DMC-ZS10 (Lumix DMC-TZ20 / Lumix DMC-TZ22), Panasonic Lumix DMC-ZS5 (Lumix DMC-TZ8), Panasonic Lumix DMC-ZS7 (Lumix DMC-TZ10), Panasonic Lumix DMC-ZS8 (Lumix DMC-TZ18), Pentax 645D, Pentax K-5, Pentax K-7, Pentax K-r, Pentax K-x, Pentax Optio RZ10, Pentax Optio WG-1 GPS, Pentax X90, Ricoh CX3, Ricoh CX5, Ricoh GXR A12 50mm F2.5 Macro, Ricoh GXR P10 28-300mm F3.5-5.6 VC, Ricoh GXR S10 24-72mm F2.5-4.4 VC, Ricoh PX, Samsung HZ25W (WB5000), Samsung HZ35W (WB650), Samsung NX10, Samsung NX100, Samsung NX200, Samsung TL500 (EX1), Samsung WB210, Sony Alpha DSLR-A230, Sony Alpha DSLR-A380, Sony Alpha DSLR-A390, Sony Alpha DSLR-A580, Sony Alpha DSLR-A900, Sony Alpha NEX-3, Sony Alpha NEX-5, Sony Alpha NEX-5N, Sony Alpha NEX-C3, Sony Cyber-shot DSC-H55, Sony Cyber-shot DSC-HX100V, Sony Cyber-shot DSC-HX5, Sony Cyber-shot DSC-HX7V, Sony Cyber-shot DSC-HX9V, Sony Cyber-shot DSC-TX10, Sony Cyber-shot DSC-WX5, Sony SLT-A35, Sony SLT-A55, Sony SLT-A65, Sony SLT-A77

Digital Photography Review/レビュー記事

http://www.dpreview.com/previews/canons100/

Digital Photography Reviewによる4ページにわたるレビュー記事。S100とS95における焦点距離ごとの最小F値比較を掲載してくれています。

Focal length (35mm equivalent)
24
28
35
50
85
100
120
S100
2.0
2.2
2.8
4.0
5.0
5.6
5.9
S95
-
2.0
2.5
3.2
4.5
4.9*
-

こうやって見ると、S95に比べて同じ画角ではレンズが暗くなっていることが分かります。特に、S95の広角短28mmのとき2.0だったのが2.2まで暗くなってしまっています。また望遠時も(S95と比較すれば)だいぶ暗いですね。

techradar.com

http://www.techradar.com/reviews/cameras-and-camcorders/cameras/compact-cameras/canon-powershot-s100-1040081/review

かなり細かくて詳細まで書かれたレビュー記事。もちろん英語なのですが、画像を見比べるだけでも楽しめます。特にISOを変えたときの解像度の違いなどが分かりやすいです。

ePHOTOzine

http://www.ephotozine.com/article/new-canon-powershot-s100-announced-17438

サンプル画像はありませんが、S100の特徴を細かく書いてくれています(英語)。

COMPLETE Powershot S100 dmaniax.comがキヤノンPowershot S100と過ごす日常

http://s100-dmaniax.blogspot.com/

Instagramを使うなど、かなり自由な使い方をしているレビュー。

GPSを有効にしている画像から、なかなかの精度がGPSに期待できそうです。

クリエイティブフィルターもいろいろ試しており、「トイカメラ風」「モノクロ」「極彩色」「ノスタルジック」「魚眼風」「ジオラマ風」「オールドポスター」「ワンポイントカラー」「スイッチカラー」などの撮影サンプルを見ることが出来ます。町中で自由に撮影しているので、利用時のイメージが湧きやすいです。

ハイスピード連射HQで構成した動画や、フルHD撮影をした動画も掲載されています。

手持ち夜景モードは複数枚撮影して合成することでノイズを低減してくれています。ノイズが少ないことから、とても自然な写りに見えます。

ステップズームのサンプルを見ると、焦点距離を固定できるのはよいなぁと思います。50mmでの撮影が好きな自分の場合は今使っているF300で換算50mm(およそ2倍ズーム)に毎回設定するのに苦労しているので、とてもうらやましいです。

PowerShot S100 クチコミポータル

http://pss.canon.jp/kuchikomi/

キヤノンの公式口コミサイト。有名ブロガーのレビューや、モニターとして撮影しているユーザーのエントリがまとめられています。

どのエントリも写し方にこだわりを感じます。広角とボケを活かした画像が多いのです。

PowerShot S100レビュー 暗がりの中ISO1600に固定して高感度にしての料理の撮影編

http://www.meisuiyugi.net/archives/50734887.html

ISO1600固定での料理写真サンプル。普通に見る限り、ノイズは気にならないです。

12月発売の最強コンデジ「PowerShot S100」のブロガーイベントに参加して開発者の熱い魂に触れてきた!

http://blog.kushii.net/archives/1669732.html

ブロガー向けイベントでの質疑応答の内容などまで詳細に書かれているので参考になります。もちろんS100での撮影サンプルも豊富です。

PowerShot S100作例集。暗所に強く、青が段違いに美しいS100がお気に入り。

http://blog.kushii.net/archives/1673420.html

同じブログの別エントリ。暗いところでも明るく自然に、晴天下では発色良く撮れていることがよく分かり、S90から続くオールラウンダー感が良い感じ。

【速報】キヤノン PowerShot S100 を一足早くイベントで体験した!【撮って出し】

http://airoplane.net/2011/11/10/canon-powershot-s100.html?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=canon-powershot-s100

これもブロガー向けイベントの記事。こちらはプレゼン資料(スライド)の画像をたくさん見ることが出来ます。どこが売りで、どういう工夫をしているのかがよく分かります。

会場での撮影画像ですが、どうも手ぶれが気になったりと、暗いところでの写りが気になります。やはりこのようなサンプル画像の出来栄えというものは、誰が撮影するかに影響されていたり、どれだけ厳選した画像をアップロードしているかにいろいろと依存してしまうんでしょうね。

ただ、正直写り自体よりも、どれだけ気軽に使えるか、操作性や起動時間、AF時間やバッテリーの持ちなどのほうが気になります。

高感度画質が格段に向上した最強スマートコンパクト『キヤノン パワーショットS100』(わしぁカメラが好きなんじゃ!! by 吉森信哉)

http://capacamera.cocolog-nifty.com/washicamera/2011/11/s100-3b01.html

二枚目の流水の画像は、手動で設定できるNDフィルターをうまく利用した(典型的な)作例。

プロが撮影すると「作例」の意味合いが全く違ってきますね。普段自分がどういう写真を撮るかを考えて作例を見ないと。

PowerShot S100で庭園ライトアップを撮影(Digital Life Innovator)

http://saya.s145.xrea.com/archives/2011/11/powershot_s100_1.html

六義園と清澄庭園のライトアップを手持ち撮影したブログ記事。

AUTOモード、Avモード、SCNモード(手持ち夜景)、HDRで撮ってみましたが、手持ち夜景だとぶれて上手く写らないことが多く、HDRは三脚がないとまともに撮れず。AUTOは少し暗すぎたりすることもありましたが概ね綺麗に、AvモードはF値を最小にして露出を落として撮影しましたが、AUTOよりも明るく綺麗に写る場合が多かったです。(PowerShot S100で庭園ライトアップを撮影(Digital Life Innovator)

結局手持ち夜景より地味にAvモードでF値を明るくして露出を落とすことでシャッタースピードが上がるように設定するのが一番綺麗だったというのはちょっと残念です。ただ、その結果撮影できている者はとても綺麗に見えます。ちょっと明るすぎるような気もするので、もっとシャッタースピードを落として撮影してもよいのかもしれないです。

まとめ

いくらレンズが明るいからといって、被写界深度がとても狭いのによく分からないところにピントが合っていたり、24mm相当の広角を使って寄ればインパクト、引けば壮大感がでるからといってやたらと広角端の画像が多かったりと、ブログのレビュー記事に掲載されている作例は撮影者の好みや技術に大きく影響を受けますが、その結果がぴったりならわりと参考になります。私の場合は、暗い場所での高感度時のノイズや手ぶれが気になるので、実際にそういうシチュエーションで撮影された画像はとても役に立ちました。あまりにしっかりしたサイトだと手ぶれの例は無いので。

最初のほうに紹介した比較サイトはかなり強力ですが、軽く写り見たい場合にはあまり向きませんね。

現在使っているF300EXRと比べると、やはりどんな環境でも安定した写りを実現しているように見えます。フラッシュ撮影のサンプルがほとんど無いので、ある意味F300EXRの得意なフラッシュ撮影での比較が無いのが影響しているかもしれませんが、それにしても安ければ買い換えたいと思うほどの機能充実と操作性の高さを感じました。

ただ、バッテリーの持ちは気になるので、本体を購入したらバッテリーを4つは購入したいところ(バッテリーが不安ならたくさん持ち歩けばよい)。ここで、S95とバッテリーの型番が異なるのがネックで、なんとなくS95に手を出してバッテリーを購入してしまうと、今後その資産を活かせない状況になってしまいそうです。

それ以前に、F300EXRで使っているNP-50バッテリーを6つほど所持しているので、この資産を使い回せないのはなかなか痛いです。

カメラ | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。