情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

BibTeXで日本語著者名が下の名前だけになるときの対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

BibTeXは論文の参考文献の部分を文献リストから自動的に作ってくれるソフトです。(参考:5分で作れるTeXの「参考文献」

これを使っていて、日本語の著者名が下の名前だけになってしまったので、その付け焼き刃な対策方法をメモ。

状況

今回は、電気情報通信学会の研究会用TeXスタイルを使っていたのですが、BibTeXを使った結果、日本語人名の名字部分が表示されませんでした。

理由

英語の参考文献では、著者名が「ファミリーネームの略+ドット+ファーストネーム」となっていて、これに日本語の著者名を当てはめたときに「ファミリーネームの略」が空白になってしまっているようなのです。

まっとうな対策

わりとまともな対策としては、BibTeXが生成するファイルである「.bbl」の中身を見て、ちょくせつ名字を書き加える方法があります。.bblを開いてみれば簡単にできます。

自分がやった対策

ただしこれのばあい、BibTeXを実行するたびに自分で修正しなくてはなりません。そこで、自分の場合はダミーのファミリーネームを作成しました。つまり、どうせ下の名前しか表示されないのなら、下の名前にフルネームを押し込んでしまうのです。

author = {ダミー, 田中太郎 and ダミー, 田中花子}

ちなみに、ダミーが必要なのは、ファミリーネームをそのまま空欄にしてしまうと実行時に「名字がないよ?」のようなエラーが出てしまうからです。

TeX | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。