情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

過去10年間の技術TOP11 このエントリーを含むはてなブックマーク

米国電気電子学会の会誌(IEEE Spectrum)に載った過去10年間の技術TOP11的な記事を発見したので一つ一つチェックしてみた。すると意外なことに何のことだか分からない技術が。そこで、その技術の日本語訳と何を指しているかをメモ。それぞれの記事はリンク先。ちなみに、どういう基準で選ばれたかは知りません。

TOP 11 TECHNOLOGIES OF THE DECADE

【1】スマートフォン (Smartphones: The Pocketable PC)

高性能な計算機の想像を超えた小型化。記事

【2】ソーシャルネットワーキング (Social Networking: Friended)

技術的にはSNSを実現するためのネットワーク帯域やデジタルカメラなどの技術のこと。記事

【3】インターネット電話/VoIP (Voice Over IP: Setting Phone Service Free)

ずいぶんと身近になった技術。記事

【4】白色発光ダイオード (LED Lighting: Blue + Yellow = White)

電源のOn/Offを表現する程度だったLEDをバックライトとして利用できるようになった。記事

【5】マルチコアCPU (Multicore CPUs: Processor Proliferation)

気がつけばスタンダードに。記事

【6】クラウドコンピューティング (Cloud Computing: It's Always Sunny in the Cloud)

ここ数年で出現した言葉。記事

【7】無人航空機 (Drone Aircraft: How the Drones Got Their Stingers)

"Drone Aircraft"が何のことだかさっぱり分からなかった。驚異的な技術。記事

【8】惑星探査ロボット (Planetary Rovers: Are We Alone?)

火星探索は今まで失敗だらけだったらしい。記事

【9】FACTS (Flexible AC Transmission: The FACTS Machine)

Flexible AC Transmission Systemを略してFACTSと呼ばれる技術で、一番何のことだかさっぱり分からなかった技術。高度な制御性を実現し、送電線の送電容量を限界まで高め、既存設備の利用効率を向上させるという概念のことで、スマートグリッドでの利用が期待されている、らしい。記事

【10】デジタル写真 (Digital Photography: The Power of Pixcels)

いつの間にかフイルムを時代遅れのものとした技術。コミュニケーションに多大なる影響を与えた。この、コミュニケーションに影響を与えたということになかなか気がつけない。記事

【11】デジタルアンプ (Class-D Audio: The Power and the Glory)

原題を訳すとD級オーディオのこと。D級オーディオと言われても何のことだか分からなかったが、驚くほど効率よく電力を音に変換できる技術で、デジタルアンプの小型省電力化を実現した技術。今では至る所にこの技術が使われている。記事

【12~】Next-to-the-Best Technologies of 2000-2010

TOP11からもれてしまった技術として「電子ペーパー」「タブレット」「MP3」「DVD」「HDオーディオ」「平面テレビ」「デジタル3D映像技術」が挙げられている。記事

感想

この10年間の技術ということなので、10年前には無かった技術がいつの間にやら普段の生活になじんでいることに驚く。ただ、リンク先を読めば、既存の技術が組み合わさって新しい技術が出来上がっていることが分かり、既存の技術を学ぶことと、自分の研究がどんな技術や目的の一部として貢献できるのかを考えることの重要さが感じられる。

参考

ニュース | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。