情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

意外と知られていない(?)、シャットダウンを強制中断する方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

休止状態にしようと思ったのに間違えてシャットダウンボタンを押してしまった、とか、Winキー押したらカーソルがいつの間にかシャットダウンボタンの上にあってクリックしてしまったとか、良くあります。そして、押してしまったら最後、終了していくアプリケーションを眺めて、データが消えてしまっていないか心配するのみ、でした。

また間違えてシャットダウンしてしまった

よくあることなので、先日もシャットダウンを実行してしまいました。ただ今回は特別で、終了してしまってはまずかったのです。焦りました。

本能的にEscキーを連打

そして、何となくEscキーを連打しました。するとあら不思議、シャットダウンが進まなくなったではありませんか。いくつかのアプリケーションはすでに終了してしまいましたが、なんとかシャットダウン自体を食い止めることに成功したのです

Escキーでシャットダウンを中止できる?

ただ、そんな方法、ちょっとぐぐっても出てこないんです。ぐぐってみると、「shutdownコマンドに-aオプションを付ければいい」という話ばかり。事前の準備、もしくは熟練のコマンドさばきが必要なようで敷居が高い。どう考えてもEscキーを連打するだけのほうが優れているはず。。。でもこのコマンドを紹介しているページが絶賛されている。。。

ここから導き出される結論は、自分の勘違いなのではないか、ということです。もしくは、単にググり足りなかっただけ。

Escキーでシャットダウンを強制中断できるか実験してみた

ぐぐり足りないんじゃないかとか考えるのは面倒なので、実験してみればよいわけです。そこでとりあえず、アプリケーションを一通り終了し、シャットダウンまでの余裕がない状態を作りました。使用PCのOSは、Windows 7 Ultimate SP1で、メモリ8GB、CPUはE8400@3.00GHzです。

シャットダウンを押して実験開始。そしてすぐ、Escキーを連打します意外と、シャットダウンボタンを押してすぐ「あっ」と気がつくので、ボタンを間違えて押してしまってからEscキー連打まで時間を空ける必要はないと判断しました。Escキーは本能で押せるし。

しかし、もののみごとにバックグラウンドのアプリケーションが落ちて行くではありませんか。あーやっぱり気のせいかな、と思ったわけです。でも、まだシャットダウンされてないんだから諦めず連打

すると、バックグラウンドがアプリAutoHotkeyとかgdi++とかがだいぶ死にましたが、終了せず、今現在そのままこの記事を書いています。

結論「間違ってシャットダウンしてしまったときは、Escキー連打で阻止できる」

以上から、このように結論づけられました。とにかくシャットダウンを避けたければ、Escキーを連打すればなんとかなるみたいです

ただし、今回のようにバックグラウンドプロセスがどれだけ死んだのかよく分からない状況になることもあるので、用が済んだら再起動した方が良さそうです。

追記(2011/09/12)

注意:実験回数を増やしてみたところ、回避できる場合と回避できない場合がありました。あまり期待せずに、最後の最後のもう何も思いつかない場合の方法としてお使いくださいm(_ _)m

思いつくのは、「アプリケーションがまだ実行しているけど、本当に終了する?」という表示が出ようとしたけど、Escキーの入力が早すぎて表示される前にキャンセルキーを押した判定がされた、という場合です。うーん、もしそれだとするとこの方法の万能性が全くないということになり微妙なんですが、あの「終了しますか?」という表示も油断するとすぐ終わってしまうので、その表示を待つにしてもEscキーを連打しておくというのは悪い方法ではないかもしれません←前向きに捉えてみた

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。