情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

AutoHotkeyを始めるなら最初にこれを書いておこう このエントリーを含むはてなブックマーク

AutoHotkeyを使っていると、いろいろなところでやたらとつまづくのですが、その回数を抑えるために役立つであろうコードを貼っておきます。

#NoEnv  ; Recommended for performance and compatibility with future AutoHotkey releases.
SendMode Input  ; Recommended for new scripts due to its superior speed and reliability.
SetWorkingDir %A_ScriptDir%  ; Ensures a consistent starting directory.
SetTitleMatchMode,2
#InstallKeybdHook
#UseHook

「#InstallKeybdHook」と「#UseHook」この二つを書いておくことが重要。とりあえず書いておいた方がまし。無い方がよいと分かって初めて取り除けばいい。細かい理由は忘れたけど、なんだかんだで書いておいた方が良いという結論になったので

追記(2011/05/13)

理由について思い出したので追記

#InstallKeybdHook

#InstallKeybdHookを書いておくと、まず、キーの入力履歴が見れるようになって、デバッグ上便利。それと、たしかCtrlキーなどの修飾キーが押しっぱなしになることを防いでくれる(その代わり、ホットキーをすり抜けてしまうことがある)

#UseHook

#UseHookが無いとき何が起こるか。ホットキーラベルからSend ^cなどを送るとき、その送りたいキーの組み合わせがホットキーラベルとして定義されているとそちらが優先されてしまい、単純な場合はAHKで無限ループ、複雑な場合だとAHK越しにホットキーをアプリケーションに送るときに制限が発生してしまう。

AutoHotkey | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。