情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

AutoHotkeyでOneNoteに使いやすいショートカットキーを設定するための資料 このエントリーを含むはてなブックマーク

AutoHotkeyでOneNoteのショートカットキーを変更する

今回の目的は、OneNoteをより使いやすくすること。その具体的な方法は ショートカットキーの変更です。ただし、Officeは基本的にショートカットキー の変更が出来ないようですWordは 出来るみたい。たとえば、カーソルの移動をショートカットキーで行ったり、 OneNoteの複雑なショートカットキーを統一したりすることがOneNoteそのもの では出来ません。そこで、今回利用したのが「AutoHotkey」です。 インストール方法は「AutoHotkeyのインストールト.ahkファイルの使い方」の通り 何も難しくありません。

とりあえずOneNote2010にあるショートカットキーを網羅することが重要

AutoHotkeyのキーボードの入力を変換するという性質上、 キーボードで出来る範囲のことしか再現できないと言えます。 しかし、OneNoteにはたくさんの「キーボードで出来ること」が あります。ただし、何があるかよく分からないので、とりあえず網羅してみました、 というのがこのエントリの最後に貼ってあるOneNote2010.ahkです。

OneNote2010.ahkでは、 OneNote2010のヘルプファイルに含まれるショートカットキーほぼすべてと、 リボンを経由して利用できるショートカットという、OneNoteならではの ショートカットキーを網羅的に書きました。

OneNote2010.ahkの簡単な見方

AutoHotkeyに詳しい人は「見てください」で終わるのですが、 AutoHotkeyを知らない人向けに少し解説をすると、 セミコロンで始まる行それぞれが一つのショートカットキーを表しています。 そして、それぞれ3つの部分から構成されており、 最初がスクリプト本体、真ん中がデフォルトのキー、最後が説明文(日本語)です。 たとえば、

; ^m::Send ^m ; Ctrl+M ; 新しいOneNoteウィンドウを開きます

は、「^m::Send ^m」がスクリプト本体、「Ctrl+M」がデフォルトのキー、 「新しいOneNoteウィンドウを開きます」が説明文です。 では、「新しいOneNoteウィンドウを開く」を、「Ctrl+N」にしたいときどうすればよいかを説明します。

設定方法

ここで説明するのはAutoHotkeyの本当に基本的な機能を利用した方法です AutoHotkeyはつい数日前に使ってみたばかりなので、 このスクリプト自体書き方変かもしれないです。 上の例の「新しいOneNoteウィンドウを開く」を、「Ctrl+N」にする方法を書きます。

まず、「::」より前をすべて消してください。そして、「::」の前に新しく「^n」と入力して 保存します。これだけです。OneNote2010.ahkをダブルクリックしてAutoHotkeyを 起動すると、ショートカットキーが設定されているはずです。

今回は「^n」で「Ctrl+N」を設定しましたが、「!n」なら「Alt+N」、「#n」なら 「Win+N」、「!+n」とすれば「Ctrl+Shift+N」が設定できます。 AutoHotkey自体に関して詳しくは付属するHelpもしくは 「流行らせるページ跡地」からダウンロードできるhtmlファイルが詳しいです。

注意

AutoHotkeyは、ショートカットに設定したいキーを、 OneNoteに元から存在するショートカットキーに変換することにより、 ショートカットキーの設定が実現されています。 たとえば、先ほどの例では「Ctrl+N」という入力が「Ctrl+M」に変換されて OneNoteに渡されているため、「Ctrl+N」の入力に対して「Ctrl+M」 と同じ動作が実行されるわけです。したがって、「Ctrl+M」という入力でも 引き続き「新しいOneNoteウィンドウを開く」が実行されます。

同様に、ウィンドウによって同じショートカットキーでも異なる動作をする場合があります。 しかし、AutoHotkeyはそんなこと関係なく動作するため、その点に関しては 注意する必要があります。

OneNote2010.ahk

ただのテキストなので、ここにべたっと貼り付けておきます。 コピーして「OneNote2010.ahk」という名前で保存してください。 ちなみに、長すぎる説明は短くしてあります。

#NoEnv  ; Recommended for performance and compatibility with future AutoHotkey releases.
SendMode Input  ; Recommended for new scripts due to its superior speed and reliability.
SetWorkingDir %A_ScriptDir%  ; Ensures a consistent starting directory.

SetTitleMatchMode,2

#IfWinActive - Microsoft OneNote ahk_class Framework`::CFrame

; ==============================
; ノートを作成して書式設定する
; ==============================

	; ------------------------------
	; ノートを入力して編集する
	; ------------------------------
;	^m::Send ^m	; Ctrl+M	; 新しいOneNoteウィンドウを開きます
;	^+m::Send ^+m	; Ctrl+Shift+M	; 小さいOneNoteウィンドウを開いて、ミニノートを作成します。
;	^!d::Send ^!d	; Ctrl+Alt+D	; OneNoteのウィンドウをドッキングします。
;	^z::Send ^z	; Ctrl+Z	; 直前の操作を元に戻します。
;	^y::Send ^y	; Ctrl+Y	; 直前の操作を繰り返します。
;	^a::Send ^a	; Ctrl+A	; 現在のページのすべてのアイテムを選択します。
;	^x::Send ^x	; Ctrl+X	; 選択したテキストまたはアイテムを切り取ります。
;	^c::Send ^c	; Ctrl+C	; 選択したテキストまたはアイテムをクリップボードにコピーします。
;	^v::Send ^v	; Ctrl+V	; クリップボードの内容を貼り付けます。
;	Home::Send {Home}	; Home	; 行の先頭に移動します。
;	End::Send {End}	; End	; 行の末尾に移動します。
;	Left::Send {Left}	; ←	; 左に1文字分移動します。
;	Right::Send {Right}	; →	; 右に1文字分移動します。
;	^Left::Send ^{Left}	; Ctrl+←	; 左に1単語分移動します。
;	^Right::Send ^{Right}	; Ctrl+→	; 右に1単語分移動します。
;	BS::Send {BS}	; BackSpace	; 左にある文字を1文字削除します。
;	Del::Send {Del}	; Del	; 右にある文字を1文字削除します。
;	^BS::Send ^{BS}	; Ctrl+BackSpace ; 左にある1単語を削除します。
;	^Del::Send ^{Del}	; Ctrl+Del	; 右にある1単語を削除します。
;	+Enter::Send +{Enter}	; Shift+Enter	; 新しい段落を開始せずに改行を挿入します。
;	F7::Send {F7}	; F7	; スペルチェックを行います。
;	+F7::Send +{F7}	; Shift+F7	; 現在選択されている単語の類義語辞典を開きます。
;	+F10::Send +{F10}	; Shift+F10	; コンテキストメニューを表示します。
;	^+w::Send ^+w	; Ctrl+Shift+W	; ページの上部の情報バーに表示されたアクションを実行します。
	
	; ------------------------------
	; ノートの書式を設定する
	; ------------------------------
;	^+h::Send ^+h	; Ctrl+Shift+H	; 選択したテキストを黄色で強調表示します。
;	^!h::Send ^!h	; Ctrl+Alt+H	; (同上)
;	^k::Send ^k	; Ctrl+K	; ハイパーリンクを挿入します。
;	^+c::Send ^+c	; Ctrl+Shift+C	; 選択したテキストの書式をコピーします(書式のコピー/貼り付け)。
;	^+v::Send ^+v	; Ctrl+Shift+V	; 選択したテキストに書式を貼り付けます(書式のコピー/貼り付け)。
;	Enter::Send {Enter}	; Enter	; ハイパーリンクを開きます。
;	^b::Send ^b	; Ctrl+B	; 選択したテキストに太字を適用します。
;	^i::Send ^i	; Ctrl+I	; 選択したテキストに斜体を適用します。
;	^u::Send ^u	; Ctrl+U	; 選択したテキストに下線を適用します。
;	^-::Send ^-	; Ctrl+-	; 選択したテキストに取り消し線を適用します。
;	^+`;::Send ^+`;	; Ctrl+Shift+;	; 選択したテキストに上付き文字を適用します。 ※1
;	^`;::Send ^`;	; Ctrl+;	; 選択したテキストに下付き文字を適用します。 ※1
;	^.::Send ^.	; Ctrl+.	; 選択した段落に箇条書きを適用します。
;	^/::Send ^/	; Ctrl+/	; 選択した段落に段落番号を適用します。
;	^!1::Send ^!1	; Ctrl+Alt+1	; 現在のノートに見出し1スタイルを適用します。
;	^!2::Send ^!2	; Ctrl+Alt+2	; 現在のノートに見出し2スタイルを適用します。
;	^!3::Send ^!3	; Ctrl+Alt+3	; 現在のノートに見出し3スタイルを適用します。
;	^!4::Send ^!4	; Ctrl+Alt+4	; 現在のノートに見出し4スタイルを適用します。
;	^!5::Send ^!5	; Ctrl+Alt+5	; 現在のノートに見出し5スタイルを適用します。
;	^!6::Send ^!6	; Ctrl+Alt+6	; 現在のノートに見出し6スタイルを適用します。
;	^+n::Send ^+n	; Ctrl+Shift+N	; 現在のノートに標準スタイルを適用します。 ※2
;	!+Right::Send !+{Right}	; Ctrl+Alt+→	; 段落を左からインデントします。
;	!+Left::Send !+{Left}	; Ctrl+Alt+←	; 段落のインデントを左から削除します。
;	^r::Send ^r	; Ctrl+R	; 選択した段落を右揃えで配置します。
;	^l::Send ^l	; Ctrl+L	; 選択した段落を左揃えで配置します。
;	^+>::Send ^+>	; Ctrl+Shift+>	; 選択したテキストのフォントサイズを大きくします。
;	^+<::Send ^+<	; Ctrl+Shift+<	; 選択したテキストのフォントサイズを小さくします。
;	^+n::Send ^+n	; Ctrl+Shift+N	; 選択したテキストに適用されているすべての書式をクリアします。 ※2
;	^+r::Send ^+r	; Ctrl+Shift+R	; 現在のページの罫線の表示/非表示を切り替えます。

	; ------------------------------
	; ページにアイテムを追加する
	; ------------------------------
;	::Send !nf	; Alt+N,F	; 現在のページにドキュメントまたはファイルを挿入します。
;	::Send !no	; Alt+N,O	; 現在のページにドキュメントまたはファイルの印刷イメージを挿入します。
;	!+p::Send !+p	; Alt+Shift+P	; 現在のページ上のドキュメントの印刷イメージを表示または非表示にします。
;	::Send !np	; Alt+N,P	; ファイルから図を挿入します。
;	::Send !ns	; Alt+N,S	; スキャナーまたはカメラから図を挿入します。
;	#s::Send #s	; Win+S	; 画面の領域を挿入します。
;	!+d::Send !+d	; Alt+Shift+D	; 現在の日付を挿入します。
;	!+f::Send !+f	; Alt+Shift+F	; 現在の日付と時刻を挿入します。
;	+Enter::Send +{Enter}	; Shift+Enter	; 改行を挿入します。
;	!`;::Send !`;	; Alt+;	; 方程式を開始します。または、選択したテキストを方程式に変換します。
;	Tab::Send {Tab}	; Tab	; すでに入力されたテキストに2番目の列を追加してテーブルを作成します。
;	Tab::Send {Tab}	; Tab	; 1行のテーブルに1列作成します。
;	Enter::Send {Enter}	; Enter	; テーブルの末尾のセルに位置しているときに1列作成します。
;	^Enter::Send ^{Enter}	; Ctrl+Enter	; テーブルの現在の行の下に1行作成します。
;	!Enter::Send !{Enter}	; Alt+Enter	; テーブルの同じセル内に別の段落を作成します。
;	^!r::Send ^!r	; Ctrl+Alt+R	; テーブルの現在の列の右側に1列作成します。
;	^!e::Send ^!e	; Ctrl+Alt+E	; テーブルの現在の列の左側に1列作成します。
;	Enter::Send {Enter}	; Enter	; テーブルの現在の行の上に1行作成します。
;	::Send {Del}{Del}	; Del,Del	; テーブルの現在の空の行を削除します。

	; ------------------------------
	; ノートとオブジェクトを選択する
	; ------------------------------
;	^a::Send ^a	; Ctrl+A	; 現在のページのすべてのアイテムを選択します
;	+End::Send +{End}	; Shift+End	; 行の末尾まで選択します
;	+Down::Send +{Down}	; Shift+↓	; 行全体を選択します
;	^+t::Send ^+t	; Ctrl+Shift+T	; ページのタイトルにジャンプし、タイトルを選択します。
;	Esc::Send {Esc}	; Esc	; 現在のアウトラインまたはページの選択を取り消します。
;	!+Up::Send !+{Up}	; Alt+Shift+↑	; 現在の段落または選択されている複数の段落を上に移動します。
;	!+Down::Send !+{Down}	; Alt+Shift+↓	; 現在の段落または選択されている複数の段落を下に移動します。
;	!+Left::Send !+{Left}	; Alt+Shift+←	; 現在の段落または選択されている複数の段落を左に移動します。
;	!+Right::Send !+{Right}	; Alt+Shift+→	; 現在の段落または選択されている複数の段落を右に移動します。
;	^+-::Send ^+-	; Ctrl+Shift+-	; 現在の段落とその下位レベルの段落を選択します。
;	Del::Send {Del}	; Del	; 選択したノートまたはオブジェクトを削除します。
;	Home::Send {Home}	; Home	; 行の先頭に移動します。
;	End::Send {End}	; End	; 行の末尾に移動します。
;	Left::Send {Left}	; ←	; 左に1文字分移動します。
;	Right::Send {Right}	; →	; 右に1文字分移動します。
;	!Left::Send !{Left}	; Alt+←	; 直前に開いたページに戻ります。
;	!Right::Send !{Right}	; Alt+→	; 次に開いたページに進みます。
;	^!p::Send ^!p	; Ctrl+Alt+P	; 選択したオーディオまたはビデオ録画の再生を開始します。
;	^!s::Send ^!s	; Ctrl+Alt+S	; 選択したオーディオまたはビデオ録画の再生を停止します。 ※3
;	^!y::Send ^!y	; Ctrl+Alt+Y	; 現在のオーディオまたはビデオ記録を数秒巻き戻します。
;	^!u::Send ^!u	; Ctrl+Alt+U	; 現在のオーディオまたはビデオ記録を数秒早送りします。

	; ------------------------------
	; ノートにシールを付ける
	; ------------------------------
;	^1::Send ^1	; Ctrl+1	; ノート シール (タスク) を適用、マーク、またはクリアします。
;	^2::Send ^2	; Ctrl+2	; ノート シール (重要) を適用またはクリアします。
;	^3::Send ^3	; Ctrl+3	; ノート シール (質問) を適用またはクリアします。
;	^4::Send ^4	; Ctrl+4	; ノート シール (要確認) を適用またはクリアします。
;	^5::Send ^5	; Ctrl+5	; ノート シール (定義) を適用またはクリアします。
;	^6::Send ^6	; Ctrl+6	; ユーザー設定のノート シールを適用またはクリアします。
;	^7::Send ^7	; Ctrl+7	; ユーザー設定のノート シールを適用またはクリアします。
;	^8::Send ^8	; Ctrl+8	; ユーザー設定のノート シールを適用またはクリアします。
;	^9::Send ^9	; Ctrl+9	; ユーザー設定のノート シールを適用またはクリアします。
;	^0::Send ^0	; Ctrl+0	; 選択したノートからすべてのノート シールを削除します。

	; ------------------------------
	; アウトラインを使用する
	; ------------------------------
;	!+1::Send !+1	; Alt+Shift+1	; レベル1まで表示します。
;	!+2::Send !+2	; Alt+Shift+2	; レベル2まで表示します。
;	!+3::Send !+3	; Alt+Shift+3	; レベル3まで表示します。
;	!+4::Send !+4	; Alt+Shift+4	; レベル4まで表示します。
;	!+5::Send !+5	; Alt+Shift+5	; レベル5まで表示します。
;	!+6::Send !+6	; Alt+Shift+6	; レベル6まで表示します。
;	!+7::Send !+7	; Alt+Shift+7	; レベル7まで表示します。
;	!+8::Send !+8	; Alt+Shift+8	; レベル8まで表示します。
;	!+9::Send !+9	; Alt+Shift+9	; レベル9まで表示します。
;	!+9::Send !+0	; Alt+Shift+0	; すべてのレベルを表示します。
;	Tab::Send {Tab}	; Tab	; インデントを1レベル上げます。
;	+Tab::Send +{Tab}	; Shift+Tab	; インデントを1レベル下げます。
;	!+;::Send !+;	; Alt+Shift++	; 折りたたまれているアウトラインを展開します。
;	!+-::Send !+-	; Alt+Shift+-	; 展開されているアウトラインを折りたたみます。

	; ------------------------------
	; 言語を設定する
	; ------------------------------
;	^LShift::Send ^{LShift}	; Ctrl+左Shift	; 記述方向を左から右に設定します。
;	^RShift::Send ^{RShift}	; Ctrl+右Shift	; 記述方向を右から左に設定します。
;	Tab::Send {Tab}	; Tab	; 右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ上げます。
;	+Tab::Send +{Tab}	; Shift+Tab	; 右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ下げます。

; ==============================
; ノートブックを整理して管理する
; ==============================

	; ------------------------------
	; ページとミニノートを操作する
	; ------------------------------
;	F11::Send {F11}	; F11	; 全体表示を有向または無効にします。
;	^m::Send ^m	; Ctrl+M	; 新しいOneNoteウィンドウを開きます。
;	^+m::Send ^+m	; Ctrl+Shift+M	; 小さいOneNoteウィンドウを開いて、ミニノートを作成します。
;	^+vkBAsc028::Send :	; Ctrl+*	; ページグループのタブを展開するかまたは折りたたみます。
;	^p::Send ^p	; Ctrl+P	; 現在のページを印刷します
;	^n::Send ^n	; Ctrl+N	; 選択したセクションの最後に新しいページを追加します。
;	^+[::Send ^+[	; Ctrl+Shift+[	; ページタブバーの幅を拡げます。
;	^+]::Send ^+]	; Ctrl+Shift+]	; ページタブバーの幅を縮めます。
;	^!n::Send ^!n	; Ctrl+Alt+N	; 現在のページタブの下に同じレベルの新しいページを作成します。
;	^![::Send ^![	; Ctrl+Alt+[	; 現在のページタブラベルのインデントレベルを下げます。
;	^!]::Send ^!]	; Ctrl+Alt+]	; 現在のページタブラベルのインデントレベルを上げます。
;	^+!n::Send ^+!n	; Ctrl+Shift+Alt+N ; 現在のページの下に新しいサブページを作成します。
;	^a::Send ^a	; Ctrl+A	; すべてのアイテムを選択します。
;	^+a::Send ^+a	; Ctrl+Shift+A	; 現在のページを選択します。
;	!+Up::Send !+{Up}	; Alt+Shift+↑	; 選択したページタブを上に移動します。
;	!+Down::Send !+{Down}	; Alt+Shift+↑	; 選択したページタブを上に移動します。
;	^+t::Send ^+t	; Ctrl+Shift+T	; カーソルをページタイトルに移動します。
;	!PgUp::Send !{PgUp}	; Alt+PageUp	; 表示されているページタブセットの最初のページに移動します。
;	!PgDn::Send !{PgDn}	; Alt+PageDown	; 現在表示されているページタブのセットの最後のページに移動します。
;	PgUp::Send {PgUp}	; PageUp	; 現在のページの上方向へスクロールします。
;	PgDn::Send {PgDn}	; PageDown	; 現在のページの下方向へスクロールします。
;	^Home::Send ^{Home}	; Ctrl+Home	; 現在のページの最初までスクロールします。
;	^End::Send ^{End}	; Ctrl+End	; 現在のページの最初までスクロールします。
;	^Down::Send ^{Down}	; Ctrl+↓	; 次の段落に移動します。
;	^Up::Send ^{Up}	; Ctrl+↑	; 1つ前の段落に移動します。
;	^!Up::Send ^!{Up}	; Ctrl+Alt+↑	; カーソルを現在のページの上方向に移動するか、ページを上方向に拡張します。
;	^!Down::Send ^!{Down}	; Ctrl+Alt+↓	; カーソルを現在のページの下方向に移動するか、ページを下方向に拡張します。
;	^!Left::Send ^!{Left}	; Ctrl+Alt+←	; カーソルを現在のページの左方向に移動するか、ページを左方向に拡張します。
;	^!Right::Send ^!{Right}	; Ctrl+Alt+→	; カーソルを現在のページの右方向に移動するか、ページを右方向に拡張します。
;	!Down::Send !{Down}	; Alt+↓	; 次のノートコンテナーに移動します。
;	Home::Send {Home}	; Home	; 行の先頭に移動します。
;	End::Send {End}	; End	; 行の最後に移動します。
;	Left::Send {Left}	; ←	; 左に1文字分移動します。
;	Right::Send {Right}	; →	; 右に1文字分移動します。
;	!Left::Send !{Left}	; Alt+←	; 直前に開いたページに戻ります。
;	!Right::Send !{Right}	; Alt+→	; 次に開いたページに進みます。
;	^!NumpadAdd::Send ^!{NumpadAdd}	; Alt+Ctrl+テンキーの+	; 拡大表示します。
;	^!NumpadSub::Send ^!{NumpadSub}	; Alt+Ctrl+テンキーの-	; 縮小表示します。
;	^s::Send ^s	; Ctrl+S	; 変更を保存します。

	; ------------------------------
	; ノートブックとセクションを操作する
	; ------------------------------
;	^t::Send ^t	; Ctrl+T	; 新しいセクションを作成します。
;	^o::Send ^o	; Ctrl+O	; ノートブックを開きます。
;	^!+o::Send ^!+o	; Ctrl+Alt+Shift	; セクションを開きます。
;	^Tab::Send ^{Tab}	; Ctrl+Tab	; 次のセクションに移動します。
;	^+Tab::Send ^+{Tab}	; Ctrl+Shift+Tab	; 1つ前のセクションに移動します。
;	^PgDn::Send ^{PgDn}	; Ctrl+PageDown	; セクション内の次のページに移動します。
;	^PgUp::Send ^{PgUp}	; Ctrl+PageUp	; セクション内の前のページに移動します。
;	!Home::Send !{Home}	; Alt+Home	; セクション内の最初のページに移動します。
;	!End::Send !{End}	; Alt+End	; セクション内の最後のページに移動します。
;	!PgUp::Send !{PgUp}	; Alt+PageUp	; 表示されているページタブセットの最初のページに移動します。
;	!PgDown::Send !{PgDown}	; Alt+Down	; 表示されているページタブセットの最後のページに移動します。
;	^!m::Send ^!m	; Ctrl+Alt+M	; 現在のページを移動またはコピーします。
;	^!g::Send ^!g	; Ctrl+Alt+G	; 現在のページタブにフォーカスを置きます。
;	^+a::Send ^+a	; Ctrl+Shift+A	; 現在のページタブを選択します。
;	^+g::Send ^+g	; Ctrl+Shift+G	; 現在のセクションタブにフォーカスを置きます。
;	::Send ^+g+{F10}m	; Ctrl+Shift+G,Shift+F10,M	; 現在のセクションを移動します。

	; ------------------------------
	; ノートを検索する
	; ------------------------------
;	^e::Send ^e	; Ctrl+E	; すべてのノートブックを検索するためにカーソルを[検索]ボックスに移動します。
;	Down::Send {Down}	; ↓	; すべてのノートブックを対象とする検索で、次の結果をプレビューします。
;	Enter::Send {Enter}	; Enter	; すべてのノートブックを対象とする検索で、選択した結果に移動し、検索を終了します。
;	::Send ^e{Tab}{Space}	; Ctrl+E,Tab,Space	; 検索範囲を変更します。
;	!o::Send !o	; (検索後に)Alt+O	; 検索結果ウィンドウを開きます。
;	^f::Send ^f	; Ctrl+F	; 現在のページのみを検索します。
;	Enter::Send {Enter}	; Enter	; 現在のページを対象とする検索で、次の結果に移動します。
;	F3::Send {F3}	; F3	; 現在のページを対象とする検索で、次の結果に移動します。
;	+F3::Send +{F3}	; Shift+F3	; 現在のページを対象とする検索で、前の結果に移動します。
;	Esc::Send {Esc}	; Esc	; 検索を終了してページに戻ります。

; ==============================
; ノートを共有する
; ==============================

	; ------------------------------
	; 他のユーザーとノートを共有する
	; ------------------------------
;	^+e::Send ^+e	; Ctrl+Shift+E	; 選択したページを電子メールメッセージで送信します。

	; ------------------------------
	; 他のプログラムとノートを共有する
	; ------------------------------
;	^+e::Send ^+e	; Ctrl+Shift+E	; 選択したページを電子メールメッセージで送信します。
;	^+1::Send ^+1	; Ctrl+Shift+1	; 現在選択しているノートから[今日]のOutlookのタスクを作成します。
;	^+2::Send ^+2	; Ctrl+Shift+2	; 現在選択しているノートから[明日]のOutlookのタスクを作成します。
;	^+3::Send ^+3	; Ctrl+Shift+3	; 現在選択しているノートから[今週]のOutlookのタスクを作成します。
;	^+4::Send ^+4	; Ctrl+Shift+4	; 現在選択しているノートから[来週]のOutlookのタスクを作成します。
;	^+5::Send ^+5	; Ctrl+Shift+5	; 現在選択しているノートから[日付なし]のOutlookのタスクを作成します。
;	^+k::Send ^+k	; Ctrl+Shift+K	; 選択したOutlookのタスクを開きます。
;	^+9::Send ^+9	; Ctrl+Shift+9	; 選択したOutlookのタスクを完了としてマークします。
;	^+0::Send ^+0	; Ctrl+Shift+0	; 選択したOutlookのタスクを削除します。
;	+F9::Send +{F9}	; Shift+F9	; 現在の共有ノートブックの変更を同期します。
;	F9::Send {F9}	; F9	; すべての共有ノートブックの変更を同期します。
;	^q::Send ^q	; Ctrl+Q	; 現在のページを未読としてマークします。

; ==============================
; ノートを保護する
; ==============================

	; ------------------------------
	; セクションをパスワードで保護する
	; ------------------------------
	^!l::Send ^!l	; Ctrl+Alt+L	; パスワードで保護されたセクションをすべてロックします。

; ==============================
; リボン
; ==============================

	; ------------------------------
	; ファイル(ノート編集画面から実行)
	; ------------------------------
;	::Send !fi	; Alt+F,I	; ファイル>情報
;	::Send !fo	; Alt+F,O	; ファイル>開く
;	::Send !fn	; Alt+F,N	; ファイル>新規作成
;	::Send !fe	; Alt+F,E	; ファイル>共有
;	::Send !fd	; Alt+F,D	; ファイル>送信
;	::Send !fp	: Alt+F,P	; ファイル>印刷
;	::Send !fpp	; Alt+F,P,P	; ファイル>印刷>印刷
;	::Send !fpr	; Alt+F,P,R	; ファイル>印刷>印刷プレビュー
;	::Send !fh	; Alt+F,H	; ファイル>ヘルプ
;	::Send !ft	; Alt+F,T	; ファイル>オプション
;	::Send !fx	; Alt+F,X	; ファイル>終了

	; ------------------------------
	; ホーム
	; ------------------------------
;	::Send !hff	; Alt+H,F,F	; ホーム>フォント
;	::Send !hfs	; Alt+H,F,S	; ホーム>フォントサイズ
;	::Send !hu	; Alt+H,U	; ホーム>行頭文字ライブラリ
;	::Send !hn	; Alt+H,N	; ホーム>番号ライブラリ
;	::Send !he	; Alt+H,E	; ホーム>書式のクリア
;	::Send !h1	; Alt+H,1	; ホーム>太字
;	::Send !h2	; Alt+H,2	; ホーム>斜体
;	::Send !h3	; Alt+H,3	; ホーム>下線
;	::Send !h4	; Alt+H,4	; ホーム>打ち消し線
;	::Send !h5	; Alt+H,5	; ホーム>下付き・上付き
;	::Send !h5{Enter}	; Alt+H,5,Enter	; ホーム>下付き・上付き>下付き文字
;	::Send !h5s{Enter}	; Alt+H,5,S,Enter	; ホーム>下付き・上付き>下付き文字
;	::Send !hi	; Alt+H,I	; ホーム>蛍光ペンの色
;	::Send !hfc	; Alt+H,F,C	; ホーム>フォントの色
;	::Send !hfca	; Alt+H,F,C,A	; ホーム>フォントの色>自動
;	::Send !hfcm	; Alt+H,F,C,M	; ホーム>フォントの色>その他の色...
;	::Send !hao	; Alt+H,A,O	; ホーム>インデント解除
;	::Send !hai	; Alt+H,A,I	; ホーム>インデント
;	::Send !hp	; Alt+H,P	; ホーム>段落の配置
;	::Send !hpl	; Alt+H,P,L	; ホーム>段落の配置>左揃え
;	::Send !hpc	; Alt+H,P,C	; ホーム>段落の配置>中央揃え
;	::Send !hpr	; Alt+H,P,R	; ホーム>段落の配置>右揃え
;	::Send !hpp	; Alt+H,P,P	; ホーム>段落の配置>段落間隔のオプション
;	::Send !hl	; Alt+H,L	; ホーム>スタイル
;	::Send !ht	; Alt+H,T	; ホーム>ノートシール
;	::Send !hg	; Alt+H,G	; ホーム>ノートシールを検索
;	::Send !hm	; Alt+H,M	; ホーム>ページを電子メールで送信

	; ------------------------------
	; 挿入
	; ------------------------------
;	::Send !ni1	; Alt+N,I,1	; 挿入>スペースの挿入
;	::Send !nt	; Alt+N,T	; 挿入>表の挿入
;	::Send !np	; Alt+N,P	; 挿入>図の挿入
;	::Send !nr	; Alt+N,R	; 挿入>画面の領域
;	::Send !nh	; Alt+N,H	; 挿入>リンク
;	::Send !nf	; Alt+N,F	; 挿入>ファイルの添付
;	::Send !no	; Alt+N,O	; 挿入>ファイルの印刷イメージ
;	::Send !ns	; Alt+N,S	; 挿入>スキャナーの印刷イメージ
;	::Send !na	; Alt+N,A	; 挿入>オーディオの録音
;	::Send !nv	; Alt+N,V	; 挿入>ビデオの録画
;	::Send !nc	; Alt+N,C	; 挿入>日付の挿入
;	::Send !ni2	; Alt+N,I,2	; 挿入>時刻の挿入
;	::Send !nd	; Alt+N,D	; 挿入>日付と時刻の挿入
;	::Send !ne	; Alt+N,E	; 挿入>数式の挿入
;	::Send !nu	; Alt+N,U	; 挿入>記号の挿入
;	::Send !num	; Alt+N,U,M	; 挿入>記号の挿入>その他の記号...

	; ------------------------------
	; 共有
	; ------------------------------
;	::Send !sm	; Alt+S,M	; 共有>ページを電子メールで送信
;	::Send !sn	; Alt+S,N	; 共有>次の未読
;	::Send !sr	; Alt+S,R	; 共有>既読にする
;	::Send !sru	; Alt+S,R,U	; 共有>既読にする>未読にする
;	::Send !srk	; Alt+S,R,K	; 共有>既読にする>ノートブックを既読にする
;	::Send !srs	; Alt+S,R,S	; 共有>既読にする>このノートブック内の未確認の変更内容を表示する
;	::Send !ss	; Alt+S,S	; 共有>新しい共有ノートブック
;	::Send !st	; Alt+S,T	; 共有>このノートブックの共有
;	::Send !se	; Alt+S,E	; 共有>最近の変更
;	::Send !set	; Alt+S,E,T	; 共有>最近の変更>今日...
;	::Send !sey	; Alt+S,E,Y	; 共有>最近の変更>昨日以降...
;	::Send !se7	; Alt+S,E,7	; 共有>最近の変更>過去7日間...
;	::Send !se4	; Alt+S,E,4	; 共有>最近の変更>過去14日間...
;	::Send !se0	; Alt+S,E,0	; 共有>最近の変更>過去30日間...
;	::Send !se3	; Alt+S,E,3	; 共有>最近の変更>過去3ヶ月...
;	::Send !se6	; Alt+S,E,6	; 共有>最近の変更>過去6ヶ月...
;	::Send !sea	; Alt+S,E,A	; 共有>最近の変更>すべてのページ(日付別)...
;	::Send !sf	; Alt+S,F	; 共有>作成者で検索
;	::Send !sa	; Alt+S,A	; 共有>作成者の非表示
;	::Send !sv	; Alt+S,V	; 共有>ページのバージョン
;	::Send !svv	; Alt+S,V,V	; 共有>ページのバージョン>ページのバージョン
;	::Send !svs	; Alt+S,V,S	; 共有>ページのバージョン>セクション無いのすべてのバージョンを削除
;	::Send !svg	; Alt+S,V,G	; 共有>ページのバージョン>セクショングループ内のすべてのバージョンを削除
;	::Send !svn	; Alt+S,V,N	; 共有>ページのバージョン>ノートブック内のすべてのバージョンを削除
;	::Send !svd	; Alt+S,V,D	; 共有>ページのバージョン>このノートブックの履歴を無効にする
;	::Send !sb	; Alt+S,B	; 共有>ノートブックのゴミ箱
;	::Send !sbb	; Alt+S,B,B	; 共有>ノートブックのゴミ箱>ノートブックのゴミ箱
;	::Send !sbe	; Alt+S,B,E	; 共有>ノートブックのゴミ箱>ゴミ箱を空にする
;	::Send !sbd	; Alt+S,B,D	; 共有>ノートブックのゴミ箱>このノートブックの履歴を無効にする

	; ------------------------------
	; 描画
	; ------------------------------
;	::Send !dt	; Alt+D,T	; 描画>選択と入力
;	::Send !de	; Alt+D,E	; 描画>消しゴム
;	::Send !des	; Alt+D,E,S	; 描画>消しゴム>消しゴム(小)
;	::Send !dem	; Alt+D,E,M	; 描画>消しゴム>消しゴム(中)
;	::Send !del	; Alt+D,E,L	; 描画>消しゴム>消しゴム(大)
;	::Send !dek	; Alt+D,E,K	; 描画>消しゴム>消しゴム(ストローク)
;	::Send !dl	; Alt+D,L	; 描画>なげなわ選択
;	::Send !dh	; Alt+D,H	; 描画>手のひらツール
;	::Send !dp	; Alt+D,P	; 描画>ペン
;	::Send !dpc	; Alt+D,P,C	; 描画>ペン>色と太さのその他のオプション
;	::Send !dpp	; Alt+D,P,P	; 描画>ペン>ペンモード
;	::Send !ds	; Alt+D,S	; 描画>図形の挿入
;	::Send !dsl	; Alt+D,S,L	; 描画>図形の挿入>描画モードのロック
;	::Send !dsa	; Alt+D,S,A	; 描画>図形の挿入>グリッドに合わせる
;	::Send !dc	; Alt+D,C	; 描画>色と太さ
;	::Send !ds	; Alt+D,S	; 描画>スペースの挿入
;	::Send !dd	; Alt+D,D	; 描画>削除
;	::Send !d+a	; Alt+D,A	; 描画>配置 ※4
;	::Send !d+af	; Alt+D,A,F	; 描画>配置>前面へ移動
;	::Send !d+ar	; Alt+D,A,R	; 描画>配置>最前面へ移動
;	::Send !d+ab	; Alt+D,A,B	; 描画>配置>背面へ移動
;	::Send !d+ak	; Alt+D,A,K	; 描画>配置>最背面へ移動
;	::Send !dr	; Alt+D,R	; 描画>回転
;	::Send !dr	; Alt+D,R,R	; 描画>回転>右へ90度回転
;	::Send !dr	; Alt+D,R,L	; 描画>回転>左へ90度回転
;	::Send !dr	; Alt+D,R,H	; 描画>回転>左右反転
;	::Send !dr	; Alt+D,R,V	; 描画>回転>上下反転
;	::Send !dx	; Alt+D,X	; 描画>インクからテキスト
;	::Send !dm	; Alt+D,M	; 描画>インクから数式


	; ------------------------------
	; 校閲
	; ------------------------------
;	::Send !rs	; Alt+R,S	; 校閲>スペルチェック
;	::Send !rr	; Alt+R,R	; 校閲>リサーチ
;	::Send !rl	; Alt+R,L	; 校閲>翻訳
;	::Send !rls	; Alt+R,L,S	; 校閲>翻訳>選択した文字列の翻訳
;	::Send !rlm	; Alt+R,L,M	; 校閲>翻訳>ミニ翻訳ツール
;	::Send !rll	; Alt+R,L,L	; 校閲>翻訳>翻訳言語の選択...
;	::Send !ru	; Alt+R,U	; 校閲>言語
;	::Send !rul	; Alt+R,U,L	; 校閲>言語>校正言語の設定...
;	::Send !rup	; Alt+R,U,P	; 校閲>言語>言語の設定...
;	::Send !rn	; Alt+R,N	; 校閲>リンクノート

	; ------------------------------
	; 表示
	; ------------------------------
;	::Send !wv	; Alt+W,V	; 表示>標準表示
;	::Send !wf	; Alt+W,F	; 表示>全体表示
;	::Send !wd	; Alt+W,D	; 表示>デスクトップの端に表示
;	::Send !wa	; Alt+W,A	; 表示>作成者の非表示
;	::Send !wpc	; Alt+W,P,C	; 表示>ページの色
;	::Send !wpcn	; Alt+W,P,C,N	; 表示>ページの色>色なし
;	::Send !wr	; Alt+W,R	; 表示>罫線
;	::Send !wre	; Alt+W,R,E	; 表示>罫線>なし
;	::Send !wrn	; Alt+W,R,N	; 表示>罫線>細横罫
;	::Send !wrc	; Alt+W,R,C	; 表示>罫線>中横罫
;	::Send !wrs	; Alt+W,R,S	; 表示>罫線>普通横罫
;	::Send !wrw	; Alt+W,R,W	; 表示>罫線>太横罫
;	::Send !wrg	; Alt+W,R,G	; 表示>罫線>小方眼
;	::Send !wrm	; Alt+W,R,M	; 表示>罫線>中方眼
;	::Send !wrl	; Alt+W,R,L	; 表示>罫線>大方眼
;	::Send !wrv	; Alt+W,R,V	; 表示>罫線>特大方眼
;	::Send !wrr{Enter}	; Alt+W,R,R,Enter	; 表示>罫線>罫線の色
;	::Send !wrrr{Enter}	; Alt+W,R,R,R,Enter	; 表示>罫線>罫線付きの新しいページを作成する
;	::Send !wt	; Alt+W,T	; 表示>ページタイトルの非表示
;	::Send !wps	; Alt+W,P,S	; 表示>用紙サイズ
;	::Send !ww	; Alt+W,W	; 表示>画面表示縮小
;	::Send !we	; Alt+W,E	; 表示>画面表示拡大
;	::Send !wq	; Alt+W,Q	; 表示>ズーム
;	::Send !w1	; Alt+W,1	; 表示>100%
;	::Send !w7	; Alt+W,7	; 表示>75%
;	::Send !wn	; Alt+W,N	; 表示>新しいウィンドウを開く
;	::Send !wc	; Alt+W,C	; 表示>新しいドッキングウィンドウ
;	::Send !ws	; Alt+W,S	; 表示>新しいミニノート
;	::Send !wo	; Alt+W,O	; 表示>常に手前に表示

#IfWinActive

おわりに

間違いや、アドバイスがあればコメントお願いします。 なにぶん、AutoHotkeyは使い始めたばかりなので。。。

OneNote | コメント:8 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

ショートカットキーはいつも製作者の意向に沿わなければならず,アプリケーションごとに覚えるのが面倒でした.この方法でかなり一般的に上書きできてしまうことが分かり非常に助かっています.
2011-07-21 Thu 16:10 |  NM
> NMさん
コメントありがとうございます。

> この方法でかなり一般的に上書きできてしまうことが分かり非常に助かっています.
かなり強引にも見えますが、自由度を考えたらこういうことになりました。
お好み通りにカスタマイズしてみてください。
2011-07-21 Thu 19:47 |  did2
カーソルキーの↑をショートカットキーで割り当ててもOneNote上だとカーソル上に移動しなくないですか?左右は大丈夫なんですけど。
単純にSend,{Up}してるだけなのに、不思議。
2011-09-20 Tue 11:38 |  どらちん [ 編集]
> どらちんさん
コメントありがとうございます。

> カーソルキーの↑をショートカットキーで割り当ててもOneNote上だとカーソル上に移動しなくないですか?左右は大丈夫なんですけど。
> 単純にSend,{Up}してるだけなのに、不思議。

実は、その答えは
「MS Office用のAutoHotkeyスクリプトを書くときの注意」
http://did2.blog64.fc2.com/blog-entry-369.html
に書いてあります。参考にどうぞ。


2011-09-20 Tue 11:43 |  did2
did2さん

おおお!
SendPlayというものがあるのですね!
ずっと妥協していたので、助かりました!
ありがとうございます!
2011-09-20 Tue 13:08 |  どらちん [ 編集]
> どらちんさん

ただ、リンク先に書いたように、
UACを無効化しないと動いてくれないので、そこだけは注意してください^^;
2011-09-20 Tue 13:30 |  did2
UAC を無効化せずとも SendPlay が使えるようにするためのスクリプトが公式フォーラムで公開されていました。

http://www.autohotkey.com/forum/topic75595.html

autohotkey.exe に署名を付けてくれるみたいです。
UAC オンのまま Onenote 内を上下移動できて幸せです。
2011-09-28 Wed 21:40 |  yamdan
> yamdanさん
コメントありがとうございます!

> UAC を無効化せずとも SendPlay が使えるようにするためのスクリプトが公式フォーラムで公開されていました。
>
> http://www.autohotkey.com/forum/topic75595.html
>
> autohotkey.exe に署名を付けてくれるみたいです。

とうとう簡単に実現する方法が現れたのですね!コメントありがとうございます!助かりました!

以前、地道に署名をつけたりいろいろ試したのですがうまく出来ずに断念してしまったので、やっと簡単にできる方法が出現したと聞いて感慨深かったです。

> UAC オンのまま Onenote 内を上下移動できて幸せです。

久しぶりにUACの確認ダイアログを拝めました^^

(実際に使ってみてブログ記事にしました→http://did2.blog64.fc2.com/blog-entry-411.html)
2011-09-29 Thu 02:05 |  did2

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。