情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Windows Virtual PC で仮想マシンが起動できないエラー対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

仮想マシンが起動できない

Windows VistaからWindows 7に乗り換えたことに伴い、Virtual PC 2007の代わりにWindows Virtual PCをインストールしました。

そして、Virtual PC 2007で作成した仮想マシンの「.vmc」ファイルからOSを起動しようとしたところ、次のようなエラーが発生しました。

仮想マシンを登録できません。

仮想マシンの構成を追加できませんでした。休止状態にはインストールされているバージョンの Windows Virtual PC との互換性がありません

つまり、Virtual PC 2007で作成したマシンを休止状態のままWindows Virtual PCに引き継ぐことは出来ないようなのです。要注意です。

とはいえ、もう仕方がないので、とりあえず適当に「.vsv」ファイルの名前を変更して認識しないようにして起動してみたところ、状態は悪化し、次のようなメッセージしか出ないようになってしまいました。

仮想マシンを起動できませんでした。不明なエラーが発生しました。

こうなったら、休止状態などあきらめて、HDD(.vhd)から起動し直せばいいと言うことになります。以下、Windows Virtual PCでの仮想マシンの作り方を紹介します。(ほんの少しはまったので

Windows Virtual PCを起動する

Windows Virtual PCをインストールしたら、スタートメニューから「すべてのプログラム>Windows Virtual PC>Windows Virtual PC」でWindows Virtual PCを起動できます。

さて、クリックしてみたら、explorerで「C:\Users\ユーザ名\Virtual Machines」というフォルダが開かれただけで、何も表示されません。実は、「このexplorerからWindows Virtual PCの機能を呼び出すことが出来ます」。つまり、Windows Virtual PCの起動はこれで成功したようなものです。

仮想マシンの作成

続いて、既存の仮想ハードディスクファイル(.vhd)から新規仮想マシンを作成します。まず、explorerの丈夫にある「仮想マシンの作成」というボタンをクリックし、「仮想マシンを作成します。」というタイトルのウィザードを開始します。

仮想マシンの名前と、仮想マシン自体を表すファイル(.vmcx)の保存場所を選択して次へ。メモリサイズを指定して、ネットワークへの接続を行うかどうかを選択してさらに次へ。

「仮想ハードディスクの追加」という画面になったら、「既存の仮想ハードディスクを使用する」を選択して、起動できなくなってしまった仮想ハードディスクファイル(.vhd)を指定し、「作成」ボタンをクリックします。これで、新しい仮想マシンの完成です。

仮想マシンの起動

仮想マシンの起動も、例のexplorer画面から行います。起動は簡単で、.vmcxファイルをダブルクリックするだけで起動できます。

おまけメモ:.vmcxについて

.vmcxは、仮想マシンの設定ファイル(.vmc)と仮想マシンのおおまかな情報(HDD、メモリサイズなど)が書き込まれているXML形式のテキストファイルです。中身を見てみると、

<?xml version="1.0" encoding="UTF-16"?>
<!-- Microsoft Virtual Machine Description and Registration Settings -->
<vm_description>
  <ram_size type="string">1,024 MB</ram_size>
  <vmstate type="string">電源切断</vmstate>
  <primary_disk1 type="string">D:...Hard Disk.vhd</primary_disk1>
  <secondary_disk1 type="string">E</secondary_disk1>
  <notes type="string" />
  <vmc_path type="string">C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン\仮想マシン名.vmc</vmc_path>
</vm_description>

このようになっています。何が言いたかったかというと、.vmcファイルが.vmcxファイルに置き換わったのではなく、.vmcファイルは別の場所に保存されているということです。その.vmcファイルの中に仮想マシンのより詳細な設定が書き込まれています。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。