情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

P5K-E OS再インストール Windows 7 64bit 編(2010年07月版) このエントリーを含むはてなブックマーク

P5K-E に Windows 7 64bit をインストールする

今回は、Windows 7 64bitをP5K-Eにインストールしました。 そのときにインストールしたデバイスドライバや、そのインストール順番をメモしておきます。このページだけ見ればもう一度OSを再インストールできるように。 Windows Vistaはこちら→「P5K-E OS再インストールメモ(2010年02月版)

マシン構成

マシン構成を確認します。いざというときチップ品番重要。

  • マザーボード:P5K-E
    • LGA775ソケット
    • Intel P35/ICHRチップセット
    • PCI-E x16x2, x1x2, PCI2.2x3
    • JMicron JMB363 PATA SATAコントローラ(OFFにしておく)
    • Marvell Yukon 88E8056 PCI-E Gigabit LAN コントローラ
    • ADI AD1988B(オーディオ)
    • Agere FW322 1394a コントローラ
  • CPU:Intel Core 2 Duo E8400 3.00GHz
  • メモリ(8GB):DDR2-800 U-MAX 2Gx4
  • OS:Windows 7 Ultimate 64bit
  • SSD:X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2R5(80GB)

インストール順序

P5K-EのOS再インストール手順」より、OS再インストール時の導入順序です。

  1. OS
  2. サービスパック・パッチ
  3. INF Utility
  4. DirectX
  5. オンボードネットワークアダプタードライバ(LANドライバ)
  6. オンボードオーディオドライバ
  7. Intel Rapid Storage Technology(旧Intel Matrix Storage Manager)
  8. 上記以外のドライバ(グラフィックボードドライバを含む)

インストール開始

ここからは、手順に沿って、インストールする物ごとに説明。

OS

普段通りインストールします。

サービスパック・パッチ

まだWindows 7にサービスパックは提供されていません。なので、Windows Updateを実行しておけば十分。

INF Utility

チップセットを正しく判別して、今後のインストールが正しく行われるようにしてくれるもの(適当) がINF Utilityです。

今回インストールしたのは「INF アップデート・ユーティリティー - 主としてインテル 5, 4, 3, 900 シリーズ・チップセット用」と書かれている「infinst911autol.exe」。

  • ファイル名:infinst911autol.exe
  • バージョン:9.1.1.1025
  • 日付:2009/12/22

対応OSにWindows 7の文字はないけれど、問題なくインストールできました。最新版を使うためには「INF アップデート・ユーティリティー - 主としてインテル 5, 4, 3, 900 シリーズ・チップセット用」で検索。

DirectX

今回インストールしたのは、事前にダウンロードしておく都合上再配布可能パッケージで、「DirectX End-User Runtimes (June 2010)」です。ファイル名は「directx_Jun2010_redist.exe」。英語で大丈夫です。最新版を探すときは「DirectX End-User Runtimes」検索。

ダブルクリックから起動でまずファイルが展開されます。展開されたファイルの中にあるDXSETUP.exeを実行することでインストールできます。

オンボードネットワークアダプタードライバ(LANドライバ)

LANドライバは、チップセットがMarvell製なので、Marvellのwebページからダウンロードします。サポートから、使っているチップ(88E8056)の情報を入力すれば大丈夫です。ちょっとめんどくさいけど。

  • ファイル名:yk62x64_v11.25.3.3.zip
  • Driver Name:Windows 7 & Server 2008 R2 x64 (64-bit)
  • Platform(s):Windows Server 2008 R2 x64 (64-bit), Windows 7 x64(64-bit)
  • Date:4/26/10
  • Version:11.25.3.3

インストール方法は、ダブルクリックでOKという訳ではなく、まずzipファイルを展開します。そうしたら、「コンピュータを右クリック>管理>デバイスマネージャ>ネットワークアダプター>Marvell Yukon 88E8056 PCI-E Gigabit Ethernet Controller>右クリック>プロパティ>ドライバー>ドライバーの更新>コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します」のように進み、「次の場所でドライバーソフトウェアを検索します」に、展開したフォルダを指定するだけ。あとは勝手に認識してくれます。ちなみに、READMEには署名されてないので...みたいなことが書いてありますが、ちゃんと署名されているようです。

オンボードオーディオドライバ

いろいろさまよった結果、P5K-Eの公式ページにある「ADI 1988A/B Audio Driver v6.10.X.6585 for XP / Vista / Win7 32bit and 64bit 」が最新版でした。ファイル名は「AD1988AB_Audio_V6585_XpVistaWin7.zip」です。ちなみに、「ftp://ftp.asus.com.tw/pub/ASUS/misc/audio」からダウンロードするという手もあるみたいです。

解凍してAsusSetup.exeを実行すると自動的にOS情報が読み込まれて、Driver\Win7\setup.exeが実行され、ちゃんとOSに合ったドライバがインストールされるようです。

Intel Rapid Storage Technology(旧Intel Matrix Storage Manager)

前回の記事ではMatrix Storage Managerとして紹介していました。これは、Windows Vistaだから、32bitだからMatrix Storage Managerだったわけではなく、Matrix Storage Managerのバージョンが上がり、名前が変わっただけです。なので、これからはIntel Rapid Storage TechnologyをインストールすればOKです。最新版を見つけるのがこれまた面倒なのですが、とりあえず私は今回「iata96cd.exe」をインストールしました。ダブルクリックするだけで簡単にインストールできます。iata96enu.exeもありますが、こちらは英語専用ですので、マルチランゲージ用のiata96cd.exeを利用しました。

上記以外のドライバ(グラフィックボードドライバを含む)

あとはお好きなようにドライバをどんどんインストールしてください。やはりおすすめはグラフィックドライバーです。作業効率に大きく影響しますので。

おわりに

この新しいドライバをインストールし治すというOS再インストール作業はとても面倒なのですが、なかなか解決しなかった問題がこれにより解決されることは多いです。手間を惜しまず、丁寧にドライバをインストールするといいと思います。

自作PC | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。