情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

exeファイル中の個人情報 このエントリーを含むはてなブックマーク

プログラムを作成したら、そのうち友達に配布してみたくもなります。
そして、もっといろいろな人にも配布してみたくなります。

でも、不特定多数の人に配るにしろ、友達に配るにしろ、配布するファイルの中に個人情報があったらいやですよね

で、実は油断すると個人情報が.exeファイルの中に紛れてしまっている!という話です。 とりあえず、VisualStudio2008.NETアプリケーションを作成しているものとします。ちなみに、僕はC#を利用しています。

とりあえず、適当に作成済みのファイルをBuildして、生成されたexeファイルをバイナリエディタで見てみます。そんでもって、たとえば、"Projects"という文字列で検索してみると、"C:\Users\(ユーザ名)\Documents\Visual Studio 2008\Projects\(ソリューション名)\(プロジェクト名)\obj\Debug\(プロジェクト名).pdb"という文字列が見つかります。つまり、この場合は、ユーザ名がバレバレと言うことになります。。。もし、ユーザ名を本名で登録していると、ハンドルネームでソフトを配布したとしても、自分の本名を名乗っているのと同じです。本名で配布していても、ディレクトリ名がのぞかれるのはちょっと・・・

今のパスを見てもらえば分かりますが、そのexeファイルはDebugビルドによって生成された.exeファイルです。

では、Releaseなら大丈夫なのかと試してみると、




同様のパスが見つかります・・・つまり、Releaseバージョンのexeファイルにも個人情報が含まれてしまっていると言うことになります。

さて、どうすればいいのかと考えてみると、今ばれてしまっているパスは、.pdbファイルへのパスです。
.pdbファイルとは、デバッグ情報が含まれるファイルです。じゃぁ、そんなファイル作らなければ.pdbへのパスだって.exeファイルに含まれないのではないかと。

ソリューションエクスプローラで、該当プロジェクト(パスの中に出てきたやつ)を右クリック→プロパティでプロパティページを開いて、ビルドタブの一番下にある詳細設定をクリックして、デバッグ情報noneを選んでみます。

すると、先ほどの.pdbファイルが出力されなくなり、exeファイルの内容を検索しても先ほどのパスは出てこなくなりました。


でも、このやり方ってなんだか適当というか、怪しいというか、全然安心できませんよね。ほかにもいったいどこに個人情報が紛れ込んでしまっているか分かりませんから。


このことについてはまた明日にでも調べてみます。

.NET | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

自分も同様の対策をしましたが、不安ですよね。
2012-01-08 Sun 17:10 |  teru
> teru さん
コメントありがとうございます

もっと明確な、個人情報に関する設定項目が欲しいですね。
2012-01-09 Mon 12:23 |  did2

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。