情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

OpenBSDのインストール方法詳細メモ(5) その他の設定編 このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事は、「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(1)」から始まるシリーズ記事です。

rootパスワードの設定

次は、パスワードの設定が促されます。

Password for root account? (will not echo) _

rootのパスワード(管理者のパスワードみたいなもの)を設定します。will not echoというのは、パスワードを入力しても、なにも表示されないよということです。パスワードを慎重に入力してEnterを押します。もう一度聞かれるので、もういちど確認の入力もします。

Password for root account? (will not echo) (パスワード)<Enter>
Password for root account? (again) (同じパスワードをもう一回)<Enter>

パスワードの設定はこれで終了。

SSHデーモン(sshd)の起動設定

次は、

Start sshd(8) by default? [yes] _

と表示されます。リモートで接続したい場合はSSHが普通で、SSHはsshdが起動していないと利用できません。ここで起動しない必要もなさそうなのでyesにしました→「Enter

時刻合わせデーモン(ntpd)の起動設定

次は、

Start ntpd(8) by default? [no] _

と尋ねられます。ntpdは定期的にネットワーク上の時刻合わせサーバと接続を行い、時刻を合わせてくれるシステムを担当するプログラムです。

デフォルトはnoですが、「yes<Enter>」としてみます。

すると、どのサーバを使って時刻合わせをするか尋ねられるので、よく利用されるNICTの時刻合わせサーバ(ntp.nict.jp)を指定します。

NTP server? (hostname or 'default') [default] ntp.nict.jp<Enter>

ちなみに、defaultというのは「pool.ntp.org」らしいです。

GUIを使うかどうかの設定

続いて全く別の質問が表示されます。

Do you expect to run the X Window System? [yes] _

GUI(X Window System)を利用することにしたので、それがらみの設定です。

Do you want the X Window System to be started by xdm(1)? [no] _

おそらく、ここでyesと答えると、マシンが起動してOSが立ち上がると同時にX Window Systemも起動して、GUIログインになるんだと思います。ただ、いったんCUIログインして、必要なときだけX Window Systemを起動すればいいので、ここではデフォルトの答えの通りnoにしておきます。→「Enter

デフォルトコンソールの設定

次は、

Change the default console to com0? [no] _

と表示されます。これは特に何も考えずnoにしておくといいと思います。→「Enter

ユーザ名(ログインネーム)の設定

次は、ユーザ名を尋ねられるので、ここでは「did2」と答えておきました。

Setup a user? (enter a lower-case loginname, or 'no') [no] did2<Enter>

ユーザ名(フルネーム)の設定

続いて、フルネームの設定も要求されますが、正直どうでもいいのでそのままEnter。

Full user name for did2? [did2] <Enter>

ユーザパスワードの設定

続いて、先ほど設定したrootパスワードとは別に、ユーザのパスワードが尋ねられます。rootパスワードを設定したときと同じ要領で設定します。

Password for root account? (will not echo) (ユーザパスワード)<Enter>
Password for root account? (again) (同じユーザパスワードをもう一回)<Enter>

root権限でのSSHログイン設定

次は、

Since you set up a user, disable sshd(8) logins to root? [yes] _

と表示されます。セキュリティ上、root権限でSSH接続することは好ましくなく、今回ユーザを作成したので、SSH接続はユーザでログインしてくださいね?という質問です。ここでは素直に「yes<Enter>」。

タイムゾーンの設定

次は、タイムゾーンを聞かれますが、デフォルトが正しく設定されていたのでこのままEnter。

What timezone are you in? ('?' for list) [Asia/Tokyo] Enter

つづく

いよいよ、実際にHDDへのインストールが始まります→「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(6)

BSD Hacks ―プロが使うテクニック & ツール 100選
実践ネットワークセキュリティ監査―リスク評価と危機管理
ネットワークセキュリティHacks 第2版 ―プロが使うテクニック & ツール 100+

OpenBSD | コメント:1 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2017-01-02 Mon 14:53 | 

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。