情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カレントディレクトリを右クリックで指定して、コマンドプロンプトを簡単便利に起動する このエントリーを含むはてなブックマーク

今から書くことはいまいちなんですが、せっかく途中まで書いていたのでメモ。いまいちだと思った理由はレジストリを使うカッコいい方法を発見してしまったから→「How to open an elevated Command Prompt from the folder context menu in Windows Vista

右クリックで指定したディレクトリをカレントディレクトリにして起動

今から説明するのは、右クリックで指定したフォルダをカレントディレクトリにしてコマンドプロンプトを起動する方法です。自分の感覚では、便利だと思います

cd(チェンジディレクトリ)するのもめんどくさい

普通にWindowsを使っていると、実行したいファイルや、何か変更を加えたいファイルを探すときにはエクスプローラを使うと思います。

なので、そうやってエクスプローラを使っている最中に、今開いているフォルダや、今見えているファイルのあるフォルダをカレントディレクトリにしてコマンドプロンプトを起動したいと思うわけです。

そこまで頻繁にコマンドラインからプログラムを起動するわけでもないので、普段はエクスプローラでフォルダを行き来して、必要なときにコマンドプロンプトを起動したいのですが、いままでは、Win+R, cmd, Enter, Pathコピペ, cd /D,というめんどくさい手順をしていました。

バッチファイル作成

まず、SendToフォルダを開きます。Windows VistaやWindows 7では「C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo」にあります。

そして、SendToフォルダの中に、次のような内容のファイルを、「CMD_CD.bat」というファイル名で作成します」。

cmd /K "cd /D %~p1"

これで準備は完了です。

使い方

使い方は、大きく分けて、「フォルダを右クリックする方法」と「ファイルを右クリックする方法」があります。

フォルダを右クリックする方法

フォルダを右クリックして、「送る」から「cmd.bat」を選択します。すると、そのフォルダをカレントディレクトリとしてコマンドプロンプトが起動します

ファイルを右クリックする方法

コマンドプロンプトで実行したいファイルがあるときはこちらのほうが便利です。ファイルを右クリックして、「送る」から「cmd.bat」を選択します。すると、そのファイルが存在するフォルダをカレントディレクトリとしてコマンドプロンプトが起動します

参考資料

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。