情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Subversion+AnkhSvn導入記(1) このエントリーを含むはてなブックマーク

↓お知らせ↓

導入編が長文過ぎるので、ちょっとまとめた記事を書きました、そちらも参考にしてください。→「VisualStudio2008+Subversion+AnkhSvn2.0導入方法まとめ

↑お知らせ↑

前回の記事で、SubversionおよびAnkhSvnのインストールを行いました。

その記事に導入編とかって書きましたが、まだまだ導入編は続きそうなので、(1)としてみました。

確認しておきますが、私はSubversionに詳しいわけでもなんでもありません。行き当たりばったりに試行錯誤しているので、遠回りはもちろん、間違った方法を取ることも多いと思いますが、経験をここに記すことにより、誰かの役にたったり、自分が後で振り返るのに役立ったりするのではないかと記録しているだけです。ご注意ください。

ちなみに、VisualStudio2008、Subversion1.5.1、AnkhSvn2.0.5250.2.2を利用しています。

さて、では実際にやってみますか。

1.すでに存在するソリューションをSubversionで管理するように登録しよう

ということで、とりあえず「ファイル>Subversion>Add Solution To Subversion...」が、それっぽいのでクリック

すると、それっぽいものが出てくるんですが、まずレポジトリを作成しておいた方が良さそうな雰囲気が・・・

2.レポジトリを作成しよう→失敗

まず、「表示>Repository Explorer」から、Repository Explorerという、いかにもそれっぽいものを表示できるので、表示してみる。すると、左上に、●に+マークの付いたボタンがあり、「Add a new URL to the Repository Explorer」というのがあったので、作成したいフォルダ(ローカルです)としてURLに「file:///D:/~/(ソリューション名)/trunk」という感じに指定しました。(trunkって何?って思う人はココがわかりやすいです。)

が、しかし、レポジトリは作成されていないみたい。というか、「Add a new URL to the Repository Explorer」なので、すでに作成済みのレポジトリを登録するためのボタンらしい

ようするに、別途レポジトリ作成をしないといけないみたいなのでした。

3.レポジトリを作成しよう パート2

で、調べてみると、AnkhSvnからはレポジトリが作成できないらしい。えーーー。 なので、このサイトを参考にして、作成してみた。実際に行ったことは、コマンドプロンプトから、作成したいディレクトリまで移動して、

D:\~\rep\>svnadmin create --fs-type fsfs (ソリューション名)

ここで、ソリューション名が適切な名前かというとかなり間違っているっぽかったが、お試しなので考えるよりさっさと作ろうということでそうなった。ま、詳しくは参照先のサイト様を覗いてみてください。

4.Repository Explorerへ登録しよう

やっと登録準備が出来たので、先ほどの手順通り(手順2を参照)もう一度やってみた。 URLは、先ほどのコマンドでレポジトリを作成したとしたら、

file:///D:/~/rep/(ソリューション名)

すると、明らかに今回はちゃんとレポジトリが登録されたようで、それっぽいものがRepository Explorerに表示されました。いぇい!

5.ソリューションを登録してみよう

レポジトリが作成できたので、改めて、「ファイル>Subversion>Add Solution To Subversion...」をクリック。しかし、それでもRepository URLの欄の中に先ほど作ったレポジトリが表示されない!しかし、諦めずURLを先ほどの通り手打ちしてみると、打ち終わったとたん表示されました。うーん・・・遅いよ。

さて、そのほかの入力ですが、登録したいソリューションを開いた状態だったのでそのソリューションが対象として選ばれていたらしく、「Project Name:」「Local Folder:」は、そのまま。そして、「Add trunk Folder for Project」にチェックを入れました。そして「OK」をクリック。

すると、クリックしたのに赤いビックリマークが表示されて失敗。そこで、ちゃんと一覧の中のレポジトリをクリックして選択してみると、今まで空だった「Project will be created in:」の欄に「(レポジトリのフォルダURL)/trunk/」と表示され、「OK」をクリックしたら通りました。

Log Message:」が、引き続き要求されたんですが、何も入力しないとどこに反映される文字列なのか分からなかったので、日本語対応しているかをびくびくしながらも「New 初めて」と、ちょっと幼稚なコメントを入れてみました。

6.ソリューションがレポジトリに登録されたみたい

すると、ソリューションエクスプローラの各ファイルの左に、青い+マークが!

どうやら、登録されたみたいです。

とりあえず、この記事はここまででいったん切ります。続きはきっと(2)です。

追記:続き書きました→続き

Subversion | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。