情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ハンドルされるかにかかわらず、例外発生時に停止する方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

今回はVisual Studio でも、デバッグについて。

問題:例外で一時停止してくれない

Visual Studioでデバッグ実行すると、 例外がハンドルされないとき、

ArgumentNullException が発生しました。

のような表示がされ、一時停止されます。

しかし、try-catchで、例外を正しくハンドルしていると、 例外が発生しても、

'System.ArgumentNullException' の初回例外が mscorlib.dll で発生しました。

のような一行が出力ウィンドウに表示されるのみです。

ライブラリの内部などで例外が発生していると、発生していることのみが表示され、どの行から発生したかが分からず、困ってしまいます。

対策:一時停止するように設定する

対策方法は、「デバッグ(D)>例外...(X)」から例外ウィンドウを表示し、 表示された表の「スローされるとき(T)」にチェックを入れるだけです。

すると、例外が発生したら必ず一時停止してくれます。

ゲーム作りで学ぶVisual C# 2008入門
はじめてのVisual Studio 2008
はじめてのVisual Studio 2008―Microsoft Windows用統合開発環境(IDE)の基礎知識から応用まで

Visual Studio | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。