情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

C#で、実際にExifの情報を取り出してみる このエントリーを含むはてなブックマーク

以前の記事で紹介した、割と原始的な方法で、実際にどれだけのExifタグが取り出せるかをやってみました。

取り出し対象JPEGファイル

今回取り出し対象のファイルは、CanonEOS 50Dで作成された画像ファイルです。

取り出し方法

C#(.NET)でJPEGファイルのExifを読み取る方法」で紹介した方法を利用します。プロパティ配列の先頭から、どんどん取り出してみました。

Exifデータ読み取り結果

結果は以下の通り。

  • 271,Make
  • 272,Model
  • 274,Orientation
  • 282,XResolution
  • 283,YResolution
  • 296,ResolutionUnit
  • 306,DateTime
  • 315,Artist
  • 531,YCbCrSubPositioning
  • 33432,Copyright
  • 33434,ExposureTime
  • 33437,FNumber
  • 34850,ExposureProgram
  • 34855,ISOSpeedRatijngs
  • 36864,ExifVersion
  • 36867,DateTimeOriginal
  • 36868,DateTimeDigitized
  • 37121,ComponentsConfiguration
  • 37377,ShutterSpeedValue
  • 37378,ApertureValue
  • 37380,ExposureBiasValue
  • 37383,MeteringMode
  • 37385,Flash
  • 37386,FocalLength
  • 37500,MakerNote
  • 37510,UserComment
  • 37520,SubSecTime
  • 37521,SubSecTimeOriginal
  • 37522,SubSecTimeDigitized
  • 40960,FlashPixVersion
  • 40961,ColorSpace
  • 40962,PixelXDimension
  • 40963,PixelYDimension
  • 20545,不明
  • 20546,不明
  • 41496,FocalPlaneXResolution
  • 41497,FocalPlaneYResolution
  • 41488,FocalPlaneResolutionUnit
  • 41985,不明
  • 41986,不明
  • 41987,不明
  • 41990,不明
  • 0,不明
  • 20515,不明
  • 20525,不明

以上は、配列内部に格納されていた順番で、タグの名称は、Exif.orgのExifの仕様書から検索したものです。よく使いそうな項目は強調しておきました。

不明とはいったい

Exifの仕様書からは分からない項目が多数ありました。今後調べます。

ExposureTime と ShutterSpeed

かたや露光時間、かたやシャッタースピードということで、両者は同じ意味のようです。

しかし、露光時間ExposureTimeは、カメラでおなじみの、「シャッタースピードの逆数」が記録されているのに対し、シャッタースピードShutterSpeedには、「シャッタースピードがAPEX単位」で記録されています。APEXに付いては、Exif2-1.pdfなどを参考にしてください。

画像の縦横の幅は?

Exifの仕様書を見ていると、画像の横幅、縦幅がそれぞれImageWidthImageLengthに格納されているのかと思っていましたが、今回調べたファイルでは、それら二つの項目がありませんでした。

では、ないのかというと、実はそれらの数値はPixelXDimensionと、PixelYDimensionに記録されていました。やってみて初めて分かりました。

MakerNoteとは

数あるタグの中で、ダントツの長さをもつMakerNoteタグ。これは、カメラメーカー独自のタグを記録するためのものですが、これは現在のタグの読み取り方法では、ひとかたまりのバイト列になってしまい、解析が必要です。もともと仕様が公開されているわけでもないので、仕方ないのかもしれません。

しかし、メーカーごとに詳細な情報が保存されている貴重な領域なので、読めたら便利なのですが。

全体について

思っていたよりも、読み出せたタグの数は少なかったです。しかし、それでも基本的な情報は十分ありますし、そもそもこれくらいの保存量が普通なのかもしれません。

よく分からない点がまだあるので、もう少し調べてみようかと思います。

Exif | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。