情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Lenovo ThinkPad のスタートアッププログラム・常駐プログラムについての詳細 このエントリーを含むはてなブックマーク

ThinkPadの不調、不安定の原因を探るため、msconfigのスタートアップに表示されるスタートアッププログラムのうち、Lenovo製(ThinkPad用)のものをまとめて書き出してみる。ちなみに、削除などの操作はすべて自己責任でお願いします。

ThinkPad関連スタートアップ一覧

ThinkPad X301での、スタートアップのうち、ThinkPad関連だと思われるものは以下の通り。Windows Vista SP2。

最近の不調の原因の一端がきっとこのなかのどれかにあるはず。そうでなくても、なんだか気になる。

明らかに使わなそうなのスタートアップ

明らかに使わなそうなのは、

  • CameraApplicationLaunchPadLauncher
  • Bluetooth Software

の2つ。というのも、未だにカメラもBlue Toothも利用したことがないから。

ということで、この2つはスタートアップから削除して良さそう。

要注意Drag-to-Disc

Drag-to-Discに関する問題はすでに記事「DrgToDsc.exeがExplorer.exeを停止させている」として紹介済み。

なので、Drag-to-Discもスタートアップから削除します。記事作成時点ですでに削除済み。

以降は個別対応

おおざっぱなのはここまでにして、以降は一つずつ調べてみようと思います。わかりやすく、タイトルのすぐ横に結論を書いておきます。

Message Center ← 削除

メッセージセンターの実行ファイルの正体は、レノボの公式サイトによると、

例えば本社に必要な設定には「本社」、営業所に必要な設定には「営業所」と名前をつけて保存しておくだけで、後は「移動先で必要な設定をワンクリックするだけ」でネットワークにつながることができるようになるのです。

ワイヤレスLANや、DHCPを利用したイーサネットであれば保存されたプロファイルから最適なものを自動で探し出し、接続させるため、ワンクリックする手間さえなく、ネットワークを利用できるのです。(lenovoサイトより)

また、機能の説明はダウンロードページのリリースレター(mcpsetup.txt, 英語)にも記述されているようです。

英語なのですが、要点は以下の通り。

WHAT THIS PACKAGE DOES This package installs Message Center Plus, which alerts you when conditions arise on your computer that require your attention. Message Center Plus enables Lenovo to communicate important messages to you across the internet. Executing "invisibly" as a background task each time you start your computer, Message Center Plus will periodically scan a Lenovo server for new messages that are appropriate for your system. When a message is available, Message Center Plus will automatically download and display it in a popup window at the bottom right corner of your desktop. Message Center Plus does not display any other application windows, and currently does not have any configurable settings. Hence, Message Center Plus does not create any desktop or Start menu links, system notification area (tray) icon, Control Panel applet, or any other Windows interface elements (except for an uninstall item in Add/Remove Programs).

結局のところ、お知らせをするだけなので、どうせ読まないお知らせなら、機能を停止してもよいでしょう。

ちなみに、アンインストール方法は、「コントロールパネルのプログラムの追加・削除から行うように」と記述されています。

私の場合は、ずばり削除

ThinkVantage Access Connections ← 残す

lenovoによる解説によると、ネットワークに接続するのに便利であるとのことですが、本当に必ずしも必要だかは分かりません。

しかし、ネットワークに接続する手段はWindows自体に基本は備わっている訳なので、ドライバさえあれば接続できると思われます。

考えるより、やってみたほうが早そうだったので、実際にThinkVantage Access Connectionsをスタートアップから取り除いてみました。

結果を言うと、有線は利用に支障はありません。しかし、無線利用時に、設定の変更なしに認識しなかったので、今回はこのスタートアップは残すことにしました。

Presentation Director ← 削除

Presentation Director のダウンロードページリリースノートや、今までの使用感的に、便利ですが、必要ではありません。便利ツールです。使ったことがなければ、不要ですし、必要なときだけ起動するので十分でしょう。

よって、スタートアップから削除することに。アンインストールする場合はリリースノートの通りです。

On screen display ← 必要

音量表示などの、緑色に表示される文字を表示しているのがこのプログラムです。ないと少し困ります。ということでここは残しますこれに関しては、あまり詳細情報が見つかりませんでした。

scheduler_proxy Application ← 必要

これに関しては、次のサイトを参考にしました。「file.net」「thinkpads.com」「Safer Networking Forums」。

ここの内容を信用すると、Safer Networking Forumsから引用すれば、「"scheduler_proxy.exe" is also part of Rescue and Recovery (backup and system recovery), Message Center Plus and maybe others - so if you use any of these then you may still need it.(Rescure and RecoveryやMessage Center Plusを使うなら必要かもしれない)」と言えます。私は、Rescure and Recoveryはさすがに必須だと思うので、このアプリケーションも残しますだんだんこの記事作るの疲れてきてしまった。。。

ThinkVantage Productivity Center ← 削除

ThinkVantage そのもの です。つまり、ThinkVantageボタンに結びつけられているプログラムです。いざというとき、あった方が便利ですが、よく使うわけでもないので、スタートアップを停止させてもよいと思われます。しかし、アンインストールすると困ることになりそうなので、あくまでスタートアップをやめるだけにします。また、上記のコマンドを実行すれば、起動できるはずです。実際にスタートアップを停止してみましたが、問題ありませんでした。また、コマンドを実行することで機能を復活させることも確認しました。ちなみに、ThinkVantageボタンは光ったままで、押したとき、カーソルにそれらしき反応(昔の言い方をすると砂時計状態)になりますが、アプリケーションは何も起動しません。

ThinkPad Power Manager ← 削除

間違いなくバッテリーの残量を表示しているユーティリティだと思われますが、どこまで担っているかを調べてみました。

ダウンロードサイトリリースノートがやはりまずは参考になります。しかし、常駐プログラムについてはよくわかりません。

つまり、「PwrMgrBkGndMonitor」や「PWMTR32V.DLL」について知る必要があると言うことです。Rundll32の1つめの引数がDLL、二つ目の引数がエントリポイントなので、このスタートアップは、PWMTR32V.DLLのPwrMgrBkGndMonitorという関数を呼んでいるというわけです。

しらべてみると、「thinkpads.com」「pcprocesses.org」「Tech Support Guy Forums」「pcreview.co.uk」などが参考になりました。

Description: Power Manager - background monitor module for IBM ThinkPad laptops. Leave it alone to ensure proper power management functions
Rating: Normally leave to run at startup.
(pcreview.co.uk)

最後のリンク先を見る限りは、とりあえず停止しても大きな問題はなさそうなので、実際にスタートアップから削除して再起動してみました。

すると、確かに残りバッテリーの表示はなくなりましたが、「C:\PROGRA~1\ThinkPad\UTILIT~1\PWMUI>EXE」を実行することで、「省電力マネージャ」は起動できましたし、たとえばACアダプタを抜いても、ちゃんとバッテリー駆動してくれたり、PWMDBSVC.exe(モニタの明るさを自動調節して節電するプログラム)なども動作していました。よって、このプログラムをスタートアップから削除してしまってよい気がします。

Client Security Solution ← 残す

今回は、Client Security Solution の公式紹介ページがとても参考になります。また、実行されるプログラム自体については、「pcreview.co.uk」によれば、消すかどうかはユーザ次第だそうです。この機能を全く使わないなら消してもいいと言うことでしょうね。わたしは、指紋認証くらいしか使っていませんが、消したときにログイン(パスワードも含めて)できなくなってしまうと怖いので、今のところは、削除しないことにします。

ThinkPad FnF6 Resident Module ← 削除

これまた、謎の多いスタートアッププログラムです。情報がとても少ない。

そこで参考にしたのが「systemlookup.com」「lenovo community」です。

It's only avaliable for T400s

the TPFnF6r.exe got installed with the recent Hotkey Software update. I bet the update was spe cifically to add support for T00s,and they went a bit overboard.
(lenovo community)

リンク先を読む限り、FnF6に何か役割を与えるのは、限られた品番(T???s)のThinkPadのみなのではないかということが分かりますインストールする必要がないのにインストールされてしまっているという疑惑があるということ。私はX301ですし、Fn+F6や、F6をクリックしても、特別なことが起こらないので、スタートアップから削除してしまうことにしました。

実際にスタートアップから削除しても問題がなかったので、このままに。

ThinkPad EasyEject Utility ← 削除

おそらく、結論から言うと、「Fn+F9」をやってみて、感動したり、興味を持ったら残す。そうでなければ消す。という方針でいいと思います。これに関してはそれなりに情報があるので、やってみて気になったら調べてみてください。私は、消す方向に話を進めている都合上、今回は消してみます一様説明を付けると、Fn+F9によって、起動し、取り外し可能なハードウェアの一覧を表示してくれます。ハードウェアの取り外し、取り付けを頻繁に行う場合は有効だと思います。また、ThinkPad用のドックなどを使っている人は、専用の設定などもあるので、有用ではないかと。

ThinkVantage Active Protection System ← 削除

まずは、Active Protectionの公式ページを見ると、概要が分かるでしょう。ようするに、振動からHDDを守るためのプログラムということみたいです。

しかし、ここで気になるのが、SSDの扱いです。

説明を読む限りは、HDD用のソフトウェアなので、最近SSDが標準的になってきつつあるThinkPadにとって、有効かどうかは非常に気になるところです。

それについて気になっている人は多く、「thinkpads.com(1)」「thinkpads.com(2)」「ThinkPad X200 7454 A28にWindows2000をインストール」「vr-zone.com」などがあります。だいたいの人が、「動く部品がないのだから、大丈夫なはず・・・だよね?」と、すこし自信なさげです。しかし、リリースノートを見ても、HDD専用で開発されている気がするので、SSDにおいて解除しても損はなさそうです。ということで、スタートアップから削除します。

BLOG ← 残す

もちろん、ブログではないです。Bはwebではなく、batteryのBです。

ここでも、「systemlookup.com」に情報があります。

Related to IBM Lenovo ThinkPad. Monitors battery usage. If laptop is always connected to mains power, this could be disabled.(systemlookup.comより)

つまり、バッテリーを利用しない人は削除してもよいということでしょう。バッテリーを使うのに必須かどうかは分かりませんが、バッテリーの寿命と関わっていても困るので、ここは削除を見送ることにしました。

UserShortcutCreator ← 削除

今まで以上に情報が少ないスタートアップでした。

UserShortcutCreater.exeがあるC:\Program Files\Lenovo\Mobile BroadbandConnectフォルダには、もう一つ、Wananc.exeという、アイコンがUserShortcutCreaterと同じアプリケーションがありました。また、wananchlp.chmというヘルプファイルもありました。アプリケーションを起動してみたり、ヘルプを読んでみたところ、WANに直接接続するためのプログラムであることが分かりました。ヘルプには、SIMカードをThinkPadに挿入する方法が書かれています。

以上から、WAN接続を利用しない、つまり、有線LANや無線LANしか利用しない場合は、必要のないプログラムであると予想できます。

私は、WAN接続を利用していないので、このスタートアップを削除することにしました。

FingerPrintSoftware ← 残す

いよいよ、最後のスタートアップです。(この記事を書き始めてすでに丸一日以上たちました 汗)

このアプリケーションは、明らかに指紋認証を利用している私が削除してはいけないプログラムです。

では、指紋認証を利用していない人はどうなのか調べてみると、「Glarysoft」に、

Normally leave to run at start-up

となっており、削除に問題がないと思われます。

総括

以上のように、いろいろなスタートアップを削除してみると、今まで再起動や終了(シャットダウン)に失敗していたのが成功するようになっていました

また、終了にかかる時間が短くなり、高速化されています。また、起動してから、アプリケーションが使えるようになるまでにかかる時間も高速化されました。

この記事を参考にしてみてもらえるとうれしいです。スタートアップの削除を決定したものは実際にスタートアップから削除しており、今のところ問題がないことを確認しています。しかし、スタートアップの削除や、アンインストールは、あくまで自己責任でお願いします。

今回は、調べたり試したりするのに、ThinkPad自体が絶不調であったこともあり、かなり時間がかかりました。この記事が役に立ったら、ぜひ下のランキングをクリックしてください。励みになります・・・逆に、なんか違うよ という場合は、コメントに残していただけるとありがたいです。

Windows | コメント:7 | トラックバック:0 | 編集
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事のコメント

お疲れ様でした。
参考になりました!!
2010-02-11 Thu 14:03 | 
> お疲れ様でした。
> 参考になりました!!
コメントありがとうございます。
参考になったようでなによりです。
2010-02-11 Thu 15:00 |  でぃどでぃど
プリインストールの状態から要らないものを消すよりも、Windowsをクリーンインストールしてから要るものだけを入れるほうが簡単だし余計なリソース消費もより抑えられるんじゃないでしょうか。
2010-10-31 Sun 07:03 | 
> プリインストールの状態から要らないものを消すよりも、Windowsをクリーンインストールしてから要るものだけを入れるほうが簡単だし余計なリソース消費もより抑えられるんじゃないでしょうか。

要るものが正しく把握できて簡単にインストールできるのならばそちらのほうが良い可能性があると思います。この記事は不要なものかどうか検証しただけに過ぎないので、そもそも実現方法は限定していません。
2010-11-01 Mon 20:19 |  did2
私もThinkPadの不調に悩まされているのでとても参考になりました!
ここまで調べるのは本当に大変だったと思います、ありがとうございます!
2011-05-13 Fri 14:25 |  元IBM社員(といってもIT系ではない)
> 元IBM社員さん
コメントありがとうございます

> ここまで調べるのは本当に大変だったと思います、ありがとうございます!

このエントリは、書くのにかなり時間を使った記憶があります。。。
そう言っていただけると、またこういう時間のかかる記事を書くのもいいなーと思えます。
参考になったようでよかったです!
2011-05-13 Fri 17:41 |  did2
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-04-03 Thu 19:58 | 

コメントの投稿 エントリの新旧に関わらず、極力18時間中に返信します。














この記事のトラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。