情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

AutoHotkeyでウェブブラウザごとに動作を変更する方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

AutoHotkeyでウェブブラウザを指定した命令を書く方法をメモ。

基本的なやり方は「AutoHotkeyでWindow TitleとWindow Classの同時指定を行う方法」に書いてあるので、ここでは「Window Title」と「Window Class」の一覧を書きます。また、下のコードはWindow Titleの部分一致を使っているので、リンク先を参考にして「SetTitleMatchMode,2 」を記述してください。

Internet Explorer

#IfWinActive - Windows Internet Explorer ahk_class IEFrame
;(Internet Explorer用のスクリプト記述)

Chrome

#IfWinActive - Google Chrome ahk_class Chrome_WidgetWin_0
;(Chrome用のスクリプト記述)

Firefox

#IfWinActive - Mozilla Firefox ahk_class MozillaUIWindowClass
;(Firefox用のスクリプト記述)

Opera

#IfWinActive - Opera ahk_class OperaWindowClass
;(Opera用のスクリプト記述)

ブラウザのバージョンが変わることで変わっちゃうことがあるかもしてません。そんなときはWindowSpyで調べましょう

スポンサーサイト
AutoHotkey | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集

AutoHotkeyでマウスカーソルを操作してツイートボタンを押す方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

tweetbutton.png

今回は、マウスカーソルを操作して、TweetDeckのボタンをクリックする方法をメモしておきます。

「現在のマウスカーソルをツイートボタンへ移動→クリック→元あった位置にマウスカーソルを戻す」を高速で行うことで実現します。GUIの操作をショートカットキーに割り当てる原始的な方法というか力業ですね。

AutoHotkey | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

クリップボードと選択範囲を見て文字列を一括入力するAutoHotkeyスクリプトの書き方 このエントリーを含むはてなブックマーク

AutoHotkeyを利用して、ショートカットキー一つでクリップボードと選択範囲を見て構成した文字列を一気に入力する方法を紹介します。

今回は具体例として、HTMLのaタグを一括入力するスクリプトを扱います。ホットキーを押したとたんに、

<a href="(コピー中のURL)" title="選択文字列">選択文字列</a>

が一気に挿入されます。FC2ブログの編集機能にある「URL」の挿入みたいな感じです。

AutoHotkeyスクリプト

現在私が使っているスクリプトがこちら。

F21 & a::
	cb_bk = %ClipboardAll%
	url = %Clipboard%
	Clipboard =
	Send, ^c
	ClipWait, 2
	if ErrorLevel <> 0
	{
		; Error
		content =
	}
	else
	{
		content = %Clipboard%
	}
	Clipboard = %content%
	Send, ^v
	Sleep, 200
	Clipboard = %cb_bk%
	Return

とりあえずまず、これを実行したときに何が起こるのかを説明します。

AutoHotkey | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

簡単にUAC無効化要らずのSendPlayを実現する方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

Windows Vista以降、一部のアプリケーションでSnedPlayを利用するためにはUACの無効化を行う必要がありました。これを回避するには、AutoHotkey.exeに自分で署名して、その証明書発行機関を登録して、などの手間が必要でしたが、その手間を省くスクリプトがつい最近公開されたようで、実際に使ってみました。

AutoHotkey | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ひらがなカタカナキーをF21キーに変更 このエントリーを含むはてなブックマーク

AutoHotkeyのスクリプトを書いていると、ひらがなカタカナキーがDownされたっきりUpされないという事態に。そこで、「ChangeKeyを使用してWindowsキーをF13キーに変更する方法」を利用して、ひらがなカタカナキーをF21キーにして問題解決。

ちなみに、キーの履歴を見ると、ひらがなカタカナキーとして「vkF0sc070」と「vkF2sc070」が表示されており、UpとDownで異なる表示がされていました。ここらへんが何か関係あるのかも。

このキーと同じように、CapsLock、半角/全角も扱いにくいキーですが、ChangeKeyで他のキーと置き換えてからカスタマイズする分にはそれほど問題にならない、はず。

AutoHotkey | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。