情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

Vistaでのキーバインド変更 このエントリーを含むはてなブックマーク

パソコンをよく使う人、特にプログラムを書くような人は、Caps Lock キーCtrlキーを入れ替えたり、Caps Lock キーCtrl キーにして、Caps Lockをなくしてしまったりします。

理由は、Ctrlキーをよく押すのに、押しにくい位置にある。Caps Lockキーは滅多に使わないのに、とても押しやすい位置にある。この両方があるからでしょう。

Vista で Change Key が動かなかった

Windows XPを利用していた頃は、ずっとChange Keyを利用させてもらっていました。しかし、Windows Visataにして、Change Keyを起動すると、

レジストリ オープンエラー!
レジストリ情報の取得でエラーが発生しました。
処理を終了します。
というエラーが表示されて終了してしまい、使えませんでした。

Capsoff.reg

そこで、どうにかならないかと思い検索した結果、現在手元には、「capsoff.reg」というレジストリ設定ファイルが。

どこかからダウンロードしたもののはずですが、どこからダウンロードしたものかよく分かりません。

参考までに、capsoff.regの中身(テキスト)を書き出してみるとこんな感じです。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,03,00,00,00,1d,00,3a,00,\
00,00,00,00
この内容でテキストファイルを作成し、拡張子を.regにすれば設定完了です。capsoff.regの場合は、Caps LockキーCtrl キーになります。

Change Key再び

今回、半角/全角キーをEscキーに変更しようと思ったのですが、当然ながら、Change Keyではどうにもなりません。remapkeyというソフトもあるようなのですが、もう少し調べてみると、Change KeyがVistaでも使えるということが分かりました。

からくりは簡単。Change Key(ChgKey.exe)を、右クリックから管理者として実行で起動するだけ。

レジストリにアクセスできなかったのは、権限がなかったからだったんですね。ちょっと考えれば分かったものを・・・

Windows Vista 上級マニュアル
できる大事典 Windows Vista Home Premium/Home Basic/Business
Windows Vista 完全制覇パーフェクト SP1対応

スポンサーサイト
Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ntdll.dllのエラー問題解決か このエントリーを含むはてなブックマーク

ついさっき書いた記事「ページファイルを無効にすると」を行った結果、もともとの問題点であった、メモリ関係のエラーが頻繁に起きていたのが、今のところ一切発生していません。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。