情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

LaTeX Error: Something's wrong--perhaps a missing \item. 対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

問題・エラー内容

今回は

エラー: ! LaTeX Error: Something's wrong--perhaps a missing \item

というエラー対策のメモを書いておきます。

通常はitemize環境に\itemを挿入し忘れたときに表示されます。しかし、今回の原因はそうではありませんでした内部的に同じである可能性はあるのですが

この現象が起こったのは、学会(ipsj)専用のフォーマットを利用しているときで、たとえばjsarticleを使っている場合はこのエラーになりません。

原因

原因は、次のように、定義や定理の冒頭にディスプレイ数式環境(eqnarray、\[~\])を書いたことが原因でした。

\newtheorem{Definition}{定義}[section]

\begin{document}

・・・

\begin{Definition}
\begin{eqnarray}
a=b
\end{eqnarray}
\end{Definition}

・・・

\end{document}

対策

先ほどの例では、begin{document}とbegin{eqnarray}の間に何もないのが原因だったので、その間に何か文章を入れれば解決されます。しかし、わざわざそのために文章を追加したくはないので、次のように、空の文字として「\mbox{}」を挿入します。これでエラーが回避されました。

・・・
\begin{Definition}
\mbox{}
\begin{eqnarray}
a=b
\end{eqnarray}
\end{Definition}
・・・

LaTeX2e 美文書入門 最新版

スポンサーサイト
TeX | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。