情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

AutoHotkeyでWindow TitleとWindow Classの同時指定を行う方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

AutoHotkeyでウィンドウを指定する

AutoHotkeyに付属するWindow Spyを利用すると、WindowのTitleとClassが取得でき、これを利用することで特定アプリケーションでのみHotkeyを有効にすることが出来ます。このとき、ClassとTitleを両方指定することが出来ます。その書き方をメモ。

OneNoteの場合

OneNote2010の場合、Window Spyの結果、

AutoHotkey - Microsoft OneNote
ahk_class Framework::CFrame

のように表示されます。「AutoHotkey」の部分は編集中のページのタイトルなので指定に利用することは出来ず、完全一致を利用できないため、

SetTitleMatchMode,2

をスクリプトに追加して、部分一致にします。そして、次のようにしてTitleとclassの両方で指定します。

#IfWinActive - Microsoft OneNote ahk_class Framework`::CFrame

(このとき「`::」はエスケープ)

スポンサーサイト
AutoHotkey | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。