情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

AnkhSVN導入記 2009年09月版 (4) 使い方編 このエントリーを含むはてなブックマーク

今回は、もっとも基本的なコミットの方法の確認をします。とりあえずコミットさえできれば、バージョン管理ができたことになるので(Subversionのコマンドについて)。

この記事は、以下の記事の続きです。

  1. AnkhSVN導入記 2009年09月版 (1) インストール編
  2. AnkhSVN導入記 2009年09月版 (2) レポジトリ作成編
  3. AnkhSVN導入記 2009年09月版 (3) ソリューション登録編

AnkhSVNのウィンドウたちとコミット

AnkhSVNをインストールすると、「表示」メニューの中に、

  • Pending Changes
  • Repository Explorer
  • Working Copy Explorer

それぞれ、少しずつ紹介してみます。

Pending Changes(コミットはここから行います)

3つの中で、もっともよく使うウィンドウ。また、今回紹介するコミットもここから行います。では、初回のコミットをしてみます。

左上のCommit ボタン。ここをクリックすると、コミットされます。コミットすることで、レポジトリに対して変更した点を、実際にレポジトリに保存することになります。え?Ctrl+Sの保存はって?Ctrl+Sで保存されるのは、ワーキングコピー(レポジトリからコピーしてきたもの)であって、レポジトリには反映されません。

コミットするときに、そのコミットに対するコメントが記録されます。「このコミットと前回のコミットの間で、いったい何を作業したんだろう?」ということが、すぐ分かって便利ですので、ちゃんとコメントを書いておきましょう。コメントは、Commitボタンを押す前にMessage:のところに入力しておきます。

実際にコミットされるファイル・変更は、下部のリストに一覧表示されます。コミットに成功すると、一覧がクリアされます。

コミットの隣にあるUpdate ボタンですが、これは、レポジトリから、最新のファイルを取得するためのボタンです。ここで注意して欲しいのは、Updateは、ローカルのワーキングコピーを上書きしてしまいます。うっかり押して、せっかくの変更を消してしまわないように気をつけてください。

Repository Explorer

レポジトリを表示して、管理するためのウィンドウ。たくさんレポジトリがあるときは、便利ですが、普段そんなに使うウィンドウではありません。

Working Copy Explorer

こちらは、Repository Explorerとは対照的に、ワーキングコピーを表示するためのウィンドウです。このウィンドウも、Pending Changesに比べたら、重要ではありません。

おわり

とりあえず、コミットできるようになったので、これでよしとしておきます。その他の機能は、Subversionについて調べたり、右クリックで出てくるメニューを調べたりしてみてください。

追記:続き書きました→「AnkhSVN導入記 2009年09月版 (5) 別のPCから接続編

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。