情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ExcelのグラフをTeXに載せる方法(仮想EPSプリンタ版/Windows) このエントリーを含むはてなブックマーク

Excelのグラフを載せる→注意すべき点が多い!!

手順と注意点とコツをメモしておきます。Windows 7とWindows Vistaで行った手順です。注意点が多いのですが、うまくやればスムーズに出来るはずです。TeXに不慣れな卒論生向け。TeXのインストールは「簡単TeXインストール@Windows」でやっておくこと前提。

仮想EPSプリンタを作る

1.スタートボタンから「デバイスとプリンター」

2.プリンターの追加

3.プリンターポートの選択→「FILE:(ファイルへ出力)」

プリンタといえど、紙に印刷するのではなく、.epsファイルを作成したいので、出力先をファイルにします。

4.次へ

5.プリンタを選択→「製造元:Xerox」「プリンター:Xerox Phaser 6180N PS」

「PS」は「PostScript」の略で、「EPS」の「PS」と同じです。どれでも言い訳ではなく、PostScriptを受け付けるプリンタである必要があります。ただ、ある意味対応していればどれでも良いとも居ます(若干の違い有り)。ちなみに、Vistaにこのプリンタが表示されなかったので、Vistaでは「Xerox Phaser 6250N PS」を選択しました。

6.次へ

7.プリンタ名→「EPSプリンタ」に

8.次へ

9.少し待つ

10.「このプリンターを共有しない」を選択して次へ

共有しても良いと思いますが、必要ないので(よくわかりません)

11.通常使うプリンターに設定するを外す

さすがに仮想EPSプリンタを常用することはないでしょう

12.完了

これで仮想EPSプリンタは完成です。

Excelから.epsファイルを作る

Office 2010をベースに話しますが、注意点はただ一つ、そしてそれは「必ず用紙は縦にすること」です。

1.グラフを作る

2.グラフを選択する

3.ファイルタブから「印刷」を選択

4.プリンター→「EPSプリンタ」

先ほど作ったEPSプリンタを選択します。

5.「縦方向」を選択

最重要です。必ず縦方向を選択してください。グラフが例え横長であっても横方向を選択してはいけません。たとえば、グラフが文字列に突っ込んだりグラフの方向がおかしくなったり二段組みの際に二段組みなのにページの中央にグラフが行ってしまったりろくなことになりません。回転は出来ても文字の上に画像が表示されてしまったりするので縦方向にしましょう。

6.プレビューをよく見る

とにかくチェックすること!グラフを書いているときはうまく文字が表示されていても、印刷するとずれることが良くありますそして、少しずれるだけでなく、文字がはみ出て読めなくなったり表示されなくなったりします。要注意です。必ず確認してください。とくにグラフの凡例が途中で切れてしまうことがあるので注意。

7.「印刷」を押す

8.出力先ファイル名→「D:\GRAPH.eps」などに設定

出力先のフルパスを必ず設定しましょう。一度、そのままファイル名を書いてせっかく出力したファイルを行方不明にしてしまったことがあります。保存したいフォルダのパスをコピーして、ファイル名だけ書き足すと良いでしょう。

9.OKを押して少し待って終了

EPSの表示範囲を調節する

このままだと、縦長A4丸ごと出力されてしまうので、出力する範囲を「BoundingBox」で指定します。

1.GSViewを起動する

私の環境(Windows 7 64bit)では「"C:\Program Files (x86)\Ghostgum\gsview\gsview32.exe"」にありました。

2.OKを押す

小さいメッセージが表示されたらOK。

3.GRAPH.epsをドラッグアンドドロップでGSViewへ

グラフが表示されると思います。

4.表示したい範囲を表す長方形を頭の中でイメージする

表示したい範囲を定めてください。頭の中で。

5.思い浮かべた長方形の「左下」の座標をメモ

思い浮かべた長方形の左下にマウスカーソルを持って行くと、GSViewの左下に座標が「59, 317pt」のような形式で表示されるので、表示された順番でメモしてください。ここでは「59 235」です。

6.思い浮かべた長方形の「右上」の座標をメモ

今度は右上で同じように「523, 485pt」という表示を「523 485」とメモします。

7.EPSファイルをメモ帳で開く

メモ帳を起動して、GRAPH.epsファイルをドラッグアンドドロップしてください。すると、GRAPH.epsの中身(文字列!)が表示されます。

8.「%%BoundingBox: (atend)」を「%%BoundingBox: 59 235 523 485」と書き換える

ファイルの先頭から数行目にある「BoundingBox」というところが、はじめは「(atend)」となっていると思います。ここに、先ほどメモした番号を、メモした順に4つ、スペースを一つずつ挟んで書いてください。

9.ファイルの末尾の「%%Trailer」より下に「%%BoundingBox:」で始まる行があれば削除

これを削除しないと、うまく設定が反映されません。ちなみに、EPSプリンタによっては(?)もともとこの行が現れないので、存在しなければ何もする必要はありません。ただし、もしあれば必ずその行ごと削除してください

10.上書き保存

しっかり保存しましょう。

TeXに書き込む

ここまでくれば、あとはTeXの本文中に書き込むだけです。

1.GRAPH.epsファイルを.texと同じフォルダへ設置

コピーでも移動でも、同じフォルダに置いてください。

2.texの\documentclass(または\documentstyle)の直後あたりに「\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}」と書く

[dvipdfmx]の部分は、TeXを最終的に出力するソフトウェアに合わせて選択します。他には「[dvips]」や「[dviout]」が考えられます。「[dvipdfmx]」ごと省略すると、「[dvips]」を選択したことになるようです。適切なものを選択することで、正しい出力結果が得られます。

3.texに次のコードを書く

\begin{figure}[tb]
\begin{center}
\includegraphics[clip, width=\columnwidth]{GRAPH}
\caption{グラフのタイトルをここに書く}
\end{center}
\end{figure}

「GRAPH」は、ファイル名「GRAPH.eps」の拡張子「.eps」以外の部分のことです。ファイルを指定するとき、拡張子は不要みたいです。

4.普段通りコンパイルする

5.完成

きっとうまく行ってるはず。

まとめ

以上、ExcelのグラフをTeXに貼り付ける方法でした。少しめんどくさいですが、注意点に気を付ければ、わりとスムーズに出来るはずです。注意点には本当に注意です。エラーが出たときは、用紙が横になっていないかなどチェックしてみてください。

追記

  • 2011/01/29 graphicxのオプションについてを追加

参考

この記事は、下記のサイトの通りやって出会ったエラーを追記した感じになっています。画像で見られます下記サイトへ。

TeX | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集

TeXlipseがマクロを正しくParseしてくれない問題について このエントリーを含むはてなブックマーク

直前の記事「Eclipse+TeXlipseインストール・設定・使い方メモ」で、インストールしたTeXlipseですが、とあるバグが原因で結局利用を諦めました、という記事。回避方法があれば知りたいです。

マクロを正しくパースできない

ためしに使ってみたテンプレートには、

\def\|{\verb|}

というマクロが含まれており、本文中で大量に利用されていました。「\verb||」は、二つの「|」で挟まれた中身をそのまま出力することを表します。そしてこのマクロは、「\verb||」と入力しないといけないのを「\||」で済むようにするためのものです。つまりこれは、「\|」を「\verb|」で置き換えるマクロです

しかし、TeXlipseは、「\def\|{\verb|」までの時点で、次の文字が\verbの途中であると判断し、右側の「|」を待ってしまい、次に来る「}」を\defの終わりであると認識してくれません。これにより、以降の文章がすべて\verbの中身と判定されてしまい、大量のErrorが表示され、コンパイルできません。

TeXlipse-Bug 左の括弧と右の括弧の表示が異なり、対応を認識できていないことが分かる

まとめ

このマクロが数回呼び出されている程度ならいいのですが、かなり大量に利用されているため、TeXlipseの利用を諦める原因となりました。これが解消されれば、Subversionによるバージョン管理などがエディタと一体で簡単にできると思っていたので残念です。対処法や、問題に対する認識の間違いがあればコメントよろしくお願いします。

TeX | コメント:4 | トラックバック:0 | 編集

Eclipse+TeXlipseインストール・設定・使い方メモ このエントリーを含むはてなブックマーク

EclipseでTeX文書を作成するためのプラグインTeXlipseのインストールを行ったときのメモを残しておきます。

前提条件

利用したPCはWindows 7 64bitで、TeXインストーラ3でTeX一式を一括インストール済みであるとします。また、TeXファイルで利用する文字コードを「MS932(Windows標準)」とします。

ここでの作業はTeX WikiのTeXlipseのページを参考に作業を行った時のメモです。

TeXlipseインストール

「help>Install New Software...」を開き、「Add...」をクリックします。そして、Nameに「TeXlipse」、Locationに「http://texlipse.sourceforge.net」と入力してOKを押します。

少し待ってNameの列にTeXlipseが表示されたら、チェックを入れて「Next」を押し、次のページでも「Next」を押します。次の画面で「I accept the terms of the license agreement」にチェックを入れて「Finish」を押します。

Security Warningが表示されたらOKを押し、「You will need to restart Eclipse...」が表示されたら「Restart Now」を押して再起動が行われ、TeXlipseのインストールが完了です。

TeXlipseの設定

Preference...>General>Content Types>Content types:>LaTeX File」を選択します。Defaultencoding:に「MS932」と入力して「Update」を押します。

引き続き「PreferenceのTexlipse>Builder Settings」の設定を行います。 それぞれの項目を選択して、「Edit」ボタンから編集します。

  • Latex program
    • Program file:C:\w32tex\bin\platex.exe
    • Arguments:-kanji=sjis -interaction=nonstopmode --src-specials %input
  • Bibtex program
    • Program file:C:\w32tex\bin\pbibtex.exe
    • Arguments:-kanji=sjis %input
  • Makeindex program
    • Program file:C:\w32tex\bin\mendex.exe
    • Arguments:-S -s %style %input
  • Dvips program
    • Program file:C:\w32tex\bin\dvips.exe
    • Arguments:-Ppdf -o %output %input
  • Dvipdf program
    • Program file:C:\w32tex\bin\dvipdfmx.exe
    • Arguments:%input
  • Ps2pdf program
    • Program file:C:\gs\gs9.00\lib\ps2pdf.bat
    • Arguments:%input
  • Makeindex program (nomencl)
    • Program file:C:\w32tex\bin\mendex.exe
    • Arguments:-S %input -s nomencl.ist -o %output

「Output external program messages to console while building」にチェックが入っていることを確認してApplyを押して変更を適用します。

Texlipse>Viewer Settings」で、「acroread()」を選択してから「Edit...」を押して、

  • Viewer command: C:\Program Files (x86)\Adobe\Reader 9.0\Reader\AcroRd32.exe
  • DDE message to send on view
    • Server:acroviewR10
  • DDE message to send before rebuild
    • Server:acroviewR10

と設定を変更し、Upを複数回押して優先度を一番上にします。

gv()」を選択してから「Edit...」を押して、

  • Viewer command: C:\Program Files (x86)\Ghostgum\gsview\gsview32.exe

と設定を変更し、Upを複数回押して優先度を上から二番目に。

「New...」を押して、

  • Viewer name: dviout
  • Viewer command:C:\w32tex\dviout\dviout.exe
  • Viewer arguments:-1 %file
  • Viewer input file format:dvi

と設定を行ってから「OK」を押します。Upを複数回押して優先度を上から三番目にします。

忘れずに「Apply」を押して設定を適用します。

Texlipse>Builder Settings>Latex Temp Files」で「New...」を押して、「.bmc」と入力してOKを押します。ここでも忘れずに「Apply」を押します。

これで設定終了なので、「OK」を押して設定画面を閉じます。

使い方(プロジェクト作成)

File>New>Project...」を選択します。「Texlipse>LaTeX Project」を戦tかうして「Next」を押します。

Create a LaTeX Projectウィザードが表示されたら、次のように入力します。

  • Projct name:(プロジェクト名を入力。印字されるわけではないので、文書自体を識別するための名前を付けてください(例:IPSJ))
  • Create project in workspaceを選択
  • Output Format:pdf
  • Build commands:latex.exe+dvipdfm.exe

そして「Next」を押します。

プロジェクト構造では、次のようにします。

  • Output directory:(空欄)
  • Project Output File:(最終的に出力されるファイル名を入力してください(例:IPSJ.pdf))
  • Source directory:
  • Main .tex File:(.texファイルの名前を設定します(例:IPSJ.tex))
  • Temporary files directory:tmp

そして「Finish」を押すと、プロジェクトが作成されます。

Open Associated Perspective?と表示されたら「Yes」としておくと良いでしょう。

続いて、目的に応じて学会などで配布されているLaTeXテンプレート(Shift_JIS、Windows、DOS)や、卒論用のテンプレートなどを設置します。テンプレートファイルの中から、.texや.styや.clsがあるファイルたちをプロジェクトエクスプローラの.texと同じフォルダに配置します(コピーアンドペーストで可能)。

プロジェクトを右クリックして「Properties」から「Latex Project Properties」を開きます。「Main TeX File」をコンパイルしたい対象の.texファイルのファイル名にしたり、「Output File」を出力したいファイル名にします。

使い方(コンパイル)

基本的に、.texファイルを保存するたびにコンパイルされます。なので、特別な操作は必要ありません。

手動でコンパイルしたい場合は、「Project>Build Automatically」をオフにして、「Project>Build All」を利用します。

LaTeX2ε美文書作成入門
独習 LaTeX2ε
LATEXはじめの一歩―Windows Vista/XP対応

TeX | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ThinkPad X301 Windows Vista で無線LANに接続できないときの対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

現象

今回は、無線LANアダプタ自体は有効なはずなのに、「ネットワーク接続」の「ワイヤレス」に無線LAN(WiFi)ルータが表示されずに、

ネットワークを検出できません。
ネットワーク上のコンピュータとデバイスを表示します。

と表示されてしまう問題の対策です。

対策

いろいろな原因といろいろな対策があると思いますが、そのうちの一つについて書いておきます。この方法に気がつくのに時間がかかってしまったので。再起動をよく行っていたのですが、再起動よりは簡単にできると思います。

やること自体は簡単で、Windowsモビリティ センター(スタートボタン>コントロールパネル>モバイルコンピュータ>共通で使うモビリティ設定の調整)を起動して、「ワイヤレスネットワーク」の「ワイヤレスをオンにする」で有効に出来ます。これが一番気がつきにくくて簡単な方法だと思います。

ワイヤレスをオンにするが表示されない場合

良くあるのですが、その「ワイヤレスをオン」ボタン自体が表示されず、「ワイヤレスネットワーク」自体が表示されていない場合や、「未接続」「ネットワークセンタ」が表示されてしまう場合、「ワイヤレスアダプタが見つかりません」と表示されてしまう場合があります。これには少しややこしい対策が必要です。

「ワイヤレスをオンにする」を表示するためには、コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワーク接続を表示させて、「Intel(R) WiFi Link 5300 With PAN」を有効」、「WiFi STA」を「有効」、そして「My WiFi PAN」を「無効」にします。最後だけ無効にするのがポイントです。このようにすると、少なくとも私の場合、Windows モビリティ センターを再起動すれば「ワイヤレスをオンにする」ボタンが表示されます。

My WiFi テクノロジーを利用したい場合は

「My WiFi PAN」を無効にしてしまうと、「My WiFi テクノロジー」が使えなくなってしまいます。実は「ワイヤレスをオン」にしたあとは、有効にしても問題がないので、無線LANに接続できてから有効にすると良いと思います。

もっとうまい方法無いかなぁ

今は少し面倒なのですが、この対策方法に落ち着いています。もっと簡単にできる方法があればよいのですが。

Windows 7 上級マニュアル
ひと目でわかるWindows 7 操作&設定テクニック厳選200! (マイクロソフト公式解説書)
Windows 7 完全制覇パーフェクト

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Windows 7 64bitでIllustrator CS3の「配置」に失敗する場合の対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

現象

Adobe CS3が正式対応していないWindows 7 64bitにおいて、Illustratorの「配置」を利用して.psdファイルを配置しようとしても、何も起こらない。また、既存のファイルのリンクを修正しようとしても、

「*.psd」というリンクファイルの読み込み中にエラーが発生しました。「置換」を選択して別のファイルを選択するか、リンクをそのまま変更しない場合は「無視」を選択してください。

と表示されてしまう。

Adobe | コメント:13 | トラックバック:0 | 編集
<< NEW  | HOME |  OLD >>