情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

今日気がついたWindows 7のショートカットキー2つ このエントリーを含むはてなブックマーク

Windows 7を使い始めてからかなりの時間が経っていますが、今日新しく気がついたショートカットキーが2つあったのでメモ。ちなみに、Vistaで検証していないので、実はVistaにもあるかも。

ショートカットキー1

どんなショートカットキーかというと、タスクバーに表示されているプログラムをShiftキーを押しながら左クリックするだけです。地味ですが使えそうなことが起こります。

効果

何が起こるかというと、多重起動可能なアプリケーションだった場合、新しく同じアプリケーションが起動します。たとえば、タスクバーにあるChromeをShift+左クリックすれば、Chromeの新しいウィンドウが起動しますし、PowerPointやExcel、OneNoteなどのOffice 2010をShift+左クリックすれば新しいウィンドウが開きます。もちろんエクスプローラの新規画面を開くのもこれでできます。

しかもそのときちょっとおしゃれにタスクバーが光ったりします。

多重起動できないアプリの場合は特に何も起こりませんが、タスクバーが光るのは同じみたいです。同じアプリケーションをたくさん起動しているときはそれらがすべて光ります。

スポンサーサイト
Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Windows 7 で USB 3.0 を使うにはドライバを入れないといけない このエントリーを含むはてなブックマーク

つい最近USB3.0を使う機会があったのですが、普段のUSB2.0の便利さからか、Windows 7であってもドライバをインストールしないといけないということを忘れていました。しかも、USB3.0の機器を指したからと言って、接続したデバイスを全く認識しないわけでもないので、余計にやっかいです。Windows 7・Vistaでは手動インストールが必要です

これから使う機会が増えて、なかなかこのことに気がつけずに困ることが発生すると思います。しっかり覚えておきましょう。

Windows 8からOSにドライバが付属するというニュースがあったのに思い出せなかった。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

意外と知られていない(?)、シャットダウンを強制中断する方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

休止状態にしようと思ったのに間違えてシャットダウンボタンを押してしまった、とか、Winキー押したらカーソルがいつの間にかシャットダウンボタンの上にあってクリックしてしまったとか、良くあります。そして、押してしまったら最後、終了していくアプリケーションを眺めて、データが消えてしまっていないか心配するのみ、でした。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

やたらHDDの音が気になったので設定を確認する このエントリーを含むはてなブックマーク

特に何もしていないときにHDDのシークに伴うカサッカサッという音がずっと続き、少し気になったので設定を確認してみた。

SearchIndexer.exe

Windows 7で何もしていないのにやたらディスクアクセスをしている場合、自分が真っ先に疑うのは検索用のインデックスを自動構築するSearchIndexer.exe。このプロセスがインデックスを作ってくれるおかげで登録されているフォルダ内部のファイルの検索速度がものすごく速くなります。というか一瞬で検索が完了しますWindowsキー+Fを雄と、検索が起動できます

さて、実際にタスクマネージャを見てみると、SearchIndexer.exeの活動が活発だったので、その登録フォルダを確認してみることに。

インデックスのオプションを起動

Windows 7では、Windowsキーを押したときに表示される検索に、ずばり設定アプリケーション名を入れずとも、その文字列が設定項目名などに含まれていると検索にHitしてくれるので、ここでは「検索」とでも入力します。すると、「インデックスのオプション」が「コントロールパネル」の中から発見されるはずです。これを起動します。

インデックスのオプション

起動すると、現在インデックスされているファイルの数や、インデックス作成の進行状況が表示されます。そして、「インデックスを作成する対象」というリストに、インデックス対象となるフォルダの一覧が表示されているはずです。実際、やたらうるさかったHDDが検索対象になっていたのですが、全く検索することのないフォルダだったので、「詳細設定」ボタンから削除しました。初期設定ではたしか「ユーザー」と「スタートメニュー」など、かなり限られたフォルダしか検索対象ではなかったはずなので、自分で無駄なフォルダを登録してしまっていたようです。

設定変更後

アクセスが発生しなくなり、気になっていた音が静かになりました。

Windows | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集

休止状態から復帰できなかった このエントリーを含むはてなブックマーク

休止状態から復帰しようとしたら、

LogonUI.exe - エントリポイントが見つかりません

プロシージャ エントリ ポイント SedScrollPos がダイナミック リンク ライブラリ USER32.dllから見つかりませんでした。

と表示されてしまい、何度繰り返しても解決せず。休止状態に入る前にメモリの中身が壊れていたとか、HDD(SSD)に退避するときに壊れたとかなのだろうか。

休止状態からの復帰を諦めて、通常起動したら普通に動作したのでいちよ解決。教訓は、休止状態に入るときであっても、ちゃんとデータは保存しておきましょうということ。

Windowsダンプの極意 エラーが発生したら、まずダンプ解析!
Advanced Windows 第5版 上 (マイクロソフト公式解説書)
インサイド Microsoft Windows 第4版〈上〉 (マイクロソフト公式解説書)
APIで学ぶWindows徹底理解

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。