情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

P5K-E 音声にプツプツというノイズが入る このエントリーを含むはてなブックマーク

たまにP5K-Eから出る音にプツプツというノイズが入ることがあります。たまにしか起こらないので今まで余り気にしていなかったのですが、イヤホンの調子が悪いのかと思うとそういうわけではなさそうで、P5K-Eから出力されている(SPIF・光出力)音自体にノイズが乗ってしまっているようです。「プツ」という音の途切れるようなノイズ自体は割とはっきりと聞こえるくらいです。

ソフトウェア的なことのようで、Windows自体を再起動すれば直るようです。最近P5K-Eのドライバ更新などを一切行っていないので、そろそろOSの再インストールでもしてすっきりしたいと思っています。

スポンサーサイト
自作PC | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

今日気がついたWindows 7のショートカットキー2つ このエントリーを含むはてなブックマーク

Windows 7を使い始めてからかなりの時間が経っていますが、今日新しく気がついたショートカットキーが2つあったのでメモ。ちなみに、Vistaで検証していないので、実はVistaにもあるかも。

ショートカットキー1

どんなショートカットキーかというと、タスクバーに表示されているプログラムをShiftキーを押しながら左クリックするだけです。地味ですが使えそうなことが起こります。

効果

何が起こるかというと、多重起動可能なアプリケーションだった場合、新しく同じアプリケーションが起動します。たとえば、タスクバーにあるChromeをShift+左クリックすれば、Chromeの新しいウィンドウが起動しますし、PowerPointやExcel、OneNoteなどのOffice 2010をShift+左クリックすれば新しいウィンドウが開きます。もちろんエクスプローラの新規画面を開くのもこれでできます。

しかもそのときちょっとおしゃれにタスクバーが光ったりします。

多重起動できないアプリの場合は特に何も起こりませんが、タスクバーが光るのは同じみたいです。同じアプリケーションをたくさん起動しているときはそれらがすべて光ります。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

OneNoteで文字数を数える方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

onenote-word-count.png

OneNoteで文字数を数える方法についてメモ。結局、とあるアドオンをインストールして、その機能を実行するだけで文字数や単語数などを数えることが出来ました。対象は現時点で最新版のOneNote 2010です。

OneNote | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Windowsモビリティセンターにワイヤレスネットワークが表示されないときの対策メモ このエントリーを含むはてなブックマーク

ThinkPadを起動してすぐワイヤレスネットワークに接続しようとして Windowsモビリティセンターを起動すると、肝心の「ワイヤレスネットワーク」の部分が丸ごと表示されないことがあります。 このままでは、無線LANが使えなくなってしまいます。 そんなときの対策についてメモしておきます。 自分の場合はこの対策で直ると言うだけで、他のところが原因で表示されなくなってしまっていることもありえるので注意してください。(OS:Windows Vista)

まず、デバイスマネージャを起動します。そして、ネットワークアダプタの中から、 「黄色の三角形の中にビックリマークが入っているマーク」の付いているネットワークアダプタを探します。 私の場合は「WiFi STA」です。

そのマークの付いているネットワークアダプタを右クリックしたら、 「無効」をクリックして、一旦無効にします。 すると、表示が更新されるので、もう一度そのネットワークアダプタを右クリックして「有効」をクリックして再び有効にします。このあと表示が更新されると、おそらくビックリマークが外れているはずです。

このようにビックリマークが外れてしまえば、Windowsモビリティーセンターがそのネットワークアダプタを認識できるようになるので、 再びWindowsモビリティーセンターを起動すると「ワイヤレスネットワーク」の項目が復活しているはずです。

所感

どうしてこんなことが発生してしまうのでしょうね。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

AutoHotkeyでウェブブラウザごとに動作を変更する方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

AutoHotkeyでウェブブラウザを指定した命令を書く方法をメモ。

基本的なやり方は「AutoHotkeyでWindow TitleとWindow Classの同時指定を行う方法」に書いてあるので、ここでは「Window Title」と「Window Class」の一覧を書きます。また、下のコードはWindow Titleの部分一致を使っているので、リンク先を参考にして「SetTitleMatchMode,2 」を記述してください。

Internet Explorer

#IfWinActive - Windows Internet Explorer ahk_class IEFrame
;(Internet Explorer用のスクリプト記述)

Chrome

#IfWinActive - Google Chrome ahk_class Chrome_WidgetWin_0
;(Chrome用のスクリプト記述)

Firefox

#IfWinActive - Mozilla Firefox ahk_class MozillaUIWindowClass
;(Firefox用のスクリプト記述)

Opera

#IfWinActive - Opera ahk_class OperaWindowClass
;(Opera用のスクリプト記述)

ブラウザのバージョンが変わることで変わっちゃうことがあるかもしてません。そんなときはWindowSpyで調べましょう

AutoHotkey | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。