情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

EclipseでCVSからインポートする際の改行コード設定について このエントリーを含むはてなブックマーク

コードを比較したら全行変更有りと表示されたときで改行コードが問題になったそもそもの原因は、比較する一方のソースコードをEclipseを使ってCVSレポジトリから取得したためでした。

Eclipseの標準設定では、「CVSでファイルを取得する際、OSの改行コードに自動変換」します。これが意図しないタイミングで改行コードをLFからCR+LFに変換していたことが直接の原因でした。

この設定の変更は、「Window>Preference>Team>CVS」の「Files and Folders」タブにある「Convert text files to use platform line ending」で行うことが出来ます。このチェックがデフォルトではONなので、OFFにすることで改行コードの自動変換を行わない設定に出来ます。気がつきにくいので注意。

Eclipseで学ぶはじめてのJava
Eclipse PDTではじめるPHPプログラミング入門
Eclipse 3.4 プラグイン開発 徹底攻略

スポンサーサイト
Eclipse | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

コードを比較したら全行変更有りと表示されたとき このエントリーを含むはてなブックマーク

eclipseのCompare With(比較, svn diff)でソースコードの比較を行おうとしたところ、変更箇所が指摘されるはずが、ソースコード全体(全行)に変更があると表示されてしまいました。

ソースコードを二つ表示して目で見て比較してみると、変更が本当に加えられている場所はほんの一部で、全部変更なんてあり得ません。ましてや、プログラムのソースファイルの場合、全く違うファイルを比較したとしても、中括弧だけの行などが同じ行として認識されて、全行変更なんて状態にはまずなりません。

原因・対策

こうなってしまったときは、おそらく原理上、改行コードの不一致しか考えられません。eclipseで言えば、改行コード(Line Delimiters)の設定がWindowsならCR+LF、UnixならLFを改行と認識します。つまり、改行コードがWindowsのファイルとUnixのファイルでeclipseのcompare withを行ってしまうと、一方には必ずCRがあり、一方には全くCRが無いので、全行不一致という結果になってしまうわけです。

対策は簡単で、片方の改行コードを変更してしまえばOKです。たとえば、プロジェクト丸ごと改行コードを特定の物にしてしまいたい場合は、「File>Convert File Delimiters To」で、改行コードをどれにしたいかを指定し、一括変更が出来ます。

また、新規ファイル作成時に改行コードを適切に変更するためには、プロジェクトを右クリックして「Property」を選択し、「Resource」の「New text file line delimiter」で指定することが出来ます。新規ファイル作成時に個別の指定はおそらく出来ないので、ここで指定を確認しておきます。

改行コードを常に特定のものにしたい場合は、eclipseで利用するファイルの標準改行コードを指定しておくことが出来ます。「Window>Preference」の「General>Workspace>New text file line delimiter」から指定します。 ちなみに、 これらの設定にある「Default」とは、OS標準の改行コードのことを指します。

さて、最後に、今利用しているファイルの改行コードを確認・表示したい場合ですが、eclipse上でファイルを右クリックして「Property」の「Resource」を見ると文字コード(Text file encoding)は有るのですが、改行コードが見当たりません。そこで、「Window>Preference>Show whitespace characters」をONにして、空白やTab、そして改行コードもテキストエディタ上で表示するようにしてしまうといいと思います。すると、Compare Withを行ったとき、「あ、改行コードが一致してないな」と、すぐ分かります。改行コードの表示は、二種類の記号が使われ、それぞれCRとLFを表します。つまり、改行部分に2つ記号が表示されていたらCR+LFでWindowsの改行コード、1つしか記号が表示されていなければLFでUnixの改行コードと言うことになります。

まとめ

改行コードは、ファイルを交換したりする際にも見落としがちなので注意しなくてはいけないですね。

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
実用 Subversion 第2版
入門Subversion―Windows/Linux対応

Subversion | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

OpenBSDのインストール方法詳細メモ(7) インストール完了編 このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事は、「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(1)」から始まるシリーズ記事です。

インストール完了

次に、このように表示されてインストール完了です。。

Saving configuration files...done.
Generating initial host.random file...done.
Making all device nodes...done.
 
CONGRATULATIONS! Your OpenBSD install has been successfully completed!
To boot the new system, enter 'reboot' at the command prompt.
When you login to your new system the first time, please read your mail
using the 'mail' command.
 
# _

再起動の前に

インストール資料にしたがうと、まずエラッタを見ろとのこと。

そして、

# /mnt/usr/sbin/chroot /mnt

を実行しろとのこと。

再起動

あとは再起動するのみです。インストールディスクを取り出してから、

# reboot

を実行して、再起動されればインストール作業全体が完了です。

終わり

これでインストール作業の全行程が終わりました。めでたしめでたし。

BSD Hacks ―プロが使うテクニック & ツール 100選
実践ネットワークセキュリティ監査―リスク評価と危機管理
ネットワークセキュリティHacks 第2版 ―プロが使うテクニック & ツール 100+

OpenBSD | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

OpenBSDのインストール方法詳細メモ(6) HDDへのインストール編 このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事は、「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(1)」から始まるシリーズ記事です。

ディスクの設定

いよいよ、インストール自体に関する設定です。

Available disks are: wd0
Which one is the root disk? (or 'done') [wd0] _

と表示されます。選択肢もないので、wd0という名前のディスク(HDD)にインストールということで「Enter」。 すると、

MBR has invalid signature; not showing it.
Use (W)hole disk or (E)dit the MBR? [whole] _

と表示されました。HDDをまっさらにされて構わないのでwholeを選択します。→「Enter

すると今度はこんな表示が。

Setting OpenBSD MBR partition to whole wd0...done.
The auto-allocated layout for wd0 is:
#     size   offset fstype [fsize  bsize  cpg]
 a:   1.0G       63 4.2BSD   2048  16384  1 # /
 b:   1.2G  2097215   swap
 c: 149.1G                      0 unused
 d:   4.0G  4717047 4.2BSD   2048  16384  1 # /tmp
 e:   6.0G 13105655 4.2BSD   2048  16384  1 # /var
 f:   2.0G 25685351 4.2BSD   2048  16384  1 # /usr
 g:   1.0G 29879655 4.2BSD   2048  16384  1 # /usr/X11R6
 h:   6.0G 31976807 4.2BSD   2048  16384  1 # /usr/local
 i:   2.0G 44559719 4.2BSD   2048  16384  1 # /usr/src
 j:   2.0G 48754023 4.2BSD   2048  16384  1 # /usr/obj
 k: 123.8G 52948327 4.2BSD   2048  16384  1 # /home
Use (A)uto layout, (E)dit auto layout, or create (C)ustom layout? [a] _

自動の場合のパーティション構成が提示され、どうするか聞かれます。このままでいいので、「Enter」で次へ進みます。

フォーマットが開始されます。

Use (A)uto layout, (E)dit auto layout, or create (C)ustom layout? [a] 
/dev/rwd0a: 1024.0MB in 2097152 sectors of 512 bytes
6 cylinder groups of 202.47MB, 12958 blocks, 25984 inodes each
...
/dev/wd0a on /mnt type ffs (rw, asynchronous, local)
...

インストール

次のように表示され、どこからインストールファイルを入手するかを尋ねられます。

Let's install the sets!
Location of sets? (cd disk ftp http or 'done') [cd] _

今回は、CDからインストールするのでデフォルト通りcdを選択します。→「Enter

すると、ドライブとインストール元のパスを尋ねられるのですが、選択肢もないのでデフォルトのままEnter。

Available CD-ROMs are: cd0.
Which one contains the install media? (or 'done') [cd0] <Enter>
Pathname to the sets? (or 'done') [4.7/i386] <Enter>

インストールファイルの選択

ちょっと間が空いてから次のように表示されます。

Select sets by entering a set name, a file name pattern or 'all'. De-select
sets by prepending a '-' to the set name, file name pattern or 'all'. Selected
sets are labelled '[X]'.
 [X] bsd        [X] etc47.tgz  [X] game47.tgz   [X] xfont47.tgz
 [X] bsd.rd     [X] misc47.tgz [X] xbase47.tgz  [X] xserv47.tgz
 [ ] bsd.mp     [X] comp47.tgz [X] xetc47.tgz
 [X] base47.tgz [X] man47.tgz  [X] xshare47.tgz
Set name(s)? (or 'abort' or 'done') [done] _

ここは無難にデフォルトで「Enter」。すると、インストールが始まります。

bsd  50% | **********          |  ...KB ...00:00
...

最後に、追加のインストールがないか尋ねられますが、特にないのでdoneを選択して終了します。

Location of sets? (cd disk ftp http or 'done') [done] <Enter>

つづく

とうとうインストール完了です→「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(7)

BSD Hacks ―プロが使うテクニック & ツール 100選
実践ネットワークセキュリティ監査―リスク評価と危機管理
ネットワークセキュリティHacks 第2版 ―プロが使うテクニック & ツール 100+

OpenBSD | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

OpenBSDのインストール方法詳細メモ(5) その他の設定編 このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事は、「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(1)」から始まるシリーズ記事です。

rootパスワードの設定

次は、パスワードの設定が促されます。

Password for root account? (will not echo) _

rootのパスワード(管理者のパスワードみたいなもの)を設定します。will not echoというのは、パスワードを入力しても、なにも表示されないよということです。パスワードを慎重に入力してEnterを押します。もう一度聞かれるので、もういちど確認の入力もします。

Password for root account? (will not echo) (パスワード)<Enter>
Password for root account? (again) (同じパスワードをもう一回)<Enter>

パスワードの設定はこれで終了。

SSHデーモン(sshd)の起動設定

次は、

Start sshd(8) by default? [yes] _

と表示されます。リモートで接続したい場合はSSHが普通で、SSHはsshdが起動していないと利用できません。ここで起動しない必要もなさそうなのでyesにしました→「Enter

時刻合わせデーモン(ntpd)の起動設定

次は、

Start ntpd(8) by default? [no] _

と尋ねられます。ntpdは定期的にネットワーク上の時刻合わせサーバと接続を行い、時刻を合わせてくれるシステムを担当するプログラムです。

デフォルトはnoですが、「yes<Enter>」としてみます。

すると、どのサーバを使って時刻合わせをするか尋ねられるので、よく利用されるNICTの時刻合わせサーバ(ntp.nict.jp)を指定します。

NTP server? (hostname or 'default') [default] ntp.nict.jp<Enter>

ちなみに、defaultというのは「pool.ntp.org」らしいです。

GUIを使うかどうかの設定

続いて全く別の質問が表示されます。

Do you expect to run the X Window System? [yes] _

GUI(X Window System)を利用することにしたので、それがらみの設定です。

Do you want the X Window System to be started by xdm(1)? [no] _

おそらく、ここでyesと答えると、マシンが起動してOSが立ち上がると同時にX Window Systemも起動して、GUIログインになるんだと思います。ただ、いったんCUIログインして、必要なときだけX Window Systemを起動すればいいので、ここではデフォルトの答えの通りnoにしておきます。→「Enter

デフォルトコンソールの設定

次は、

Change the default console to com0? [no] _

と表示されます。これは特に何も考えずnoにしておくといいと思います。→「Enter

ユーザ名(ログインネーム)の設定

次は、ユーザ名を尋ねられるので、ここでは「did2」と答えておきました。

Setup a user? (enter a lower-case loginname, or 'no') [no] did2<Enter>

ユーザ名(フルネーム)の設定

続いて、フルネームの設定も要求されますが、正直どうでもいいのでそのままEnter。

Full user name for did2? [did2] <Enter>

ユーザパスワードの設定

続いて、先ほど設定したrootパスワードとは別に、ユーザのパスワードが尋ねられます。rootパスワードを設定したときと同じ要領で設定します。

Password for root account? (will not echo) (ユーザパスワード)<Enter>
Password for root account? (again) (同じユーザパスワードをもう一回)<Enter>

root権限でのSSHログイン設定

次は、

Since you set up a user, disable sshd(8) logins to root? [yes] _

と表示されます。セキュリティ上、root権限でSSH接続することは好ましくなく、今回ユーザを作成したので、SSH接続はユーザでログインしてくださいね?という質問です。ここでは素直に「yes<Enter>」。

タイムゾーンの設定

次は、タイムゾーンを聞かれますが、デフォルトが正しく設定されていたのでこのままEnter。

What timezone are you in? ('?' for list) [Asia/Tokyo] Enter

つづく

いよいよ、実際にHDDへのインストールが始まります→「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(6)

BSD Hacks ―プロが使うテクニック & ツール 100選
実践ネットワークセキュリティ監査―リスク評価と危機管理
ネットワークセキュリティHacks 第2版 ―プロが使うテクニック & ツール 100+

OpenBSD | コメント:1 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。