情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

Windowsモビリティセンターにワイヤレスネットワークが表示されないときの対策メモ このエントリーを含むはてなブックマーク

ThinkPadを起動してすぐワイヤレスネットワークに接続しようとして Windowsモビリティセンターを起動すると、肝心の「ワイヤレスネットワーク」の部分が丸ごと表示されないことがあります。 このままでは、無線LANが使えなくなってしまいます。 そんなときの対策についてメモしておきます。 自分の場合はこの対策で直ると言うだけで、他のところが原因で表示されなくなってしまっていることもありえるので注意してください。(OS:Windows Vista)

まず、デバイスマネージャを起動します。そして、ネットワークアダプタの中から、 「黄色の三角形の中にビックリマークが入っているマーク」の付いているネットワークアダプタを探します。 私の場合は「WiFi STA」です。

そのマークの付いているネットワークアダプタを右クリックしたら、 「無効」をクリックして、一旦無効にします。 すると、表示が更新されるので、もう一度そのネットワークアダプタを右クリックして「有効」をクリックして再び有効にします。このあと表示が更新されると、おそらくビックリマークが外れているはずです。

このようにビックリマークが外れてしまえば、Windowsモビリティーセンターがそのネットワークアダプタを認識できるようになるので、 再びWindowsモビリティーセンターを起動すると「ワイヤレスネットワーク」の項目が復活しているはずです。

所感

どうしてこんなことが発生してしまうのでしょうね。

スポンサーサイト
Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ThinkPad の音量ボタン・消音ボタンが反応しないことがある理由 このエントリーを含むはてなブックマーク

Lenovo ThinkPad(X301)本体の音量ボタンや消音ボタンが使えないときがあってどうしてかな、と思っていました。

そこで少し調べてみると、音量ボタンや消音ボタンは特別なボタンなのだと思っていたのですが、結局それらはVolume_MuteやVolume_Down・Volume_Upとして認識されており、普通のボタンだったのです(AutoHotkeyで確認してみた)。

なので、Youtubeを見ているときに音量ボタンや消音ボタンを押すと、どうもフラッシュの動画プレイヤー側にそのキー入力が拾われてしまい、システムの音量やミュートがはたらかないようなのです。

というわけで、他のところ(たとえばデスクトップ)をクリックしてから音量ボタンを押すとうまく反応してくれます。

感想

音量ボタンや消音ボタンは、専用のランプも付いているボタンなので、普通のキー入力とは違う特別な動作をするボタンなのだとばかり思っていました。。。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ThinkPadの電池マークがオレンジ色に点滅したら このエントリーを含むはてなブックマーク

lenovoのThinkPad X301の本体にある電池マークがオレンジ色に点滅していました。バッテリーが使用不能になってしまったようです。

タスクトレイの充電マークから省電力マネージャを起動して、「バッテリー」タブを開くと、バッテリー残量は正常に表示されるのですが、バッテリーの状態が「動作なし」と表示され、

バッテリーにエラーが検出され充電することが出来ません。
新しいバッテリーと交換してください。

と表示されていました。別のバッテリーを接続すると、オレンジ色の点滅は解消されました。充電できないのに、しっかり残量が表示され、残量は表示されるのに、電力は供給されない(ACアダプタを抜いたら電源が切れた)というのは意外です。

ThinkPad

ハードウェア | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ThinkPad X301 Windows Vista で無線LANに接続できないときの対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

現象

今回は、無線LANアダプタ自体は有効なはずなのに、「ネットワーク接続」の「ワイヤレス」に無線LAN(WiFi)ルータが表示されずに、

ネットワークを検出できません。
ネットワーク上のコンピュータとデバイスを表示します。

と表示されてしまう問題の対策です。

対策

いろいろな原因といろいろな対策があると思いますが、そのうちの一つについて書いておきます。この方法に気がつくのに時間がかかってしまったので。再起動をよく行っていたのですが、再起動よりは簡単にできると思います。

やること自体は簡単で、Windowsモビリティ センター(スタートボタン>コントロールパネル>モバイルコンピュータ>共通で使うモビリティ設定の調整)を起動して、「ワイヤレスネットワーク」の「ワイヤレスをオンにする」で有効に出来ます。これが一番気がつきにくくて簡単な方法だと思います。

ワイヤレスをオンにするが表示されない場合

良くあるのですが、その「ワイヤレスをオン」ボタン自体が表示されず、「ワイヤレスネットワーク」自体が表示されていない場合や、「未接続」「ネットワークセンタ」が表示されてしまう場合、「ワイヤレスアダプタが見つかりません」と表示されてしまう場合があります。これには少しややこしい対策が必要です。

「ワイヤレスをオンにする」を表示するためには、コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワーク接続を表示させて、「Intel(R) WiFi Link 5300 With PAN」を有効」、「WiFi STA」を「有効」、そして「My WiFi PAN」を「無効」にします。最後だけ無効にするのがポイントです。このようにすると、少なくとも私の場合、Windows モビリティ センターを再起動すれば「ワイヤレスをオンにする」ボタンが表示されます。

My WiFi テクノロジーを利用したい場合は

「My WiFi PAN」を無効にしてしまうと、「My WiFi テクノロジー」が使えなくなってしまいます。実は「ワイヤレスをオン」にしたあとは、有効にしても問題がないので、無線LANに接続できてから有効にすると良いと思います。

もっとうまい方法無いかなぁ

今は少し面倒なのですが、この対策方法に落ち着いています。もっと簡単にできる方法があればよいのですが。

Windows 7 上級マニュアル
ひと目でわかるWindows 7 操作&設定テクニック厳選200! (マイクロソフト公式解説書)
Windows 7 完全制覇パーフェクト

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ThinkPadのスタートアップを停止した成果→高速化 このエントリーを含むはてなブックマーク

この前の記事で行ったスタートアッププログラムの停止を受けて、変わったことを報告。ちなみに、Think Pad X301。

この前の記事というのは、「 Lenovo ThinkPad のスタートアッププログラム・常駐プログラムについての詳細 」 のことです。

その記事の通りスタートアップを停止した結果、以下のようなことが起こりました。

  • 起動の高速化。
  • 終了(シャットダウン)の失敗がなくなった。
  • 終了(シャットダウン)の高速化。
  • 他のスタートアップの起動が早くなった。
  • Windows Live Messengerへのログインが早くなった。今まで、起動直後にサインインしようとすると、応答がなくなり、失敗していましたが、そのようなことがなくなりました。
  • Windows Update での、「更新プログラムを構成しています」と表示されている状態で、停止してしまうことがなくなった。

以上、全部「今のところ」ですが、もともと使わないスタートアッププログラムだったのですから、停止して正解でした。

Windows Vista 完全制覇パーフェクト SP1対応
できるWindows Vista
できるWindows Vista SP1対応 完全活用編

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。