情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

レポジトリのURL変更に伴うSubversiveの設定変更方法メモ このエントリーを含むはてなブックマーク

Subversionサーバの変更に伴うアドレス変更

さくらのVPSにUbuntu 10.04 64bitをインストールしてSSHで接続するまでのメモ」においてさくらのVPSにSubversionサーバを移行しました。つまり、URLが変わってしまったわけで、Eclipse側(Subversive)の設定変更が必要になりました。

Subclipseの設定変更

今回はSubclipseじゃなくてSubversiveの話です。

ただURLが変わっただけで、レポジトリもコピーしただけなので、単純にURLを変えたいのですが、こういう場合に、どこを変更すればいいのかというと、プロジェクトエクスプローラではなくて「SVNリポジトリー」ウィンドウです。

変更したいレポジトリを右クリックして「ロケーションプロパティ」をクリックします。すると、URLの設定などが改めて行えます。

まとめ

プロジェクトエクスプローラからそのプロジェクトだけ変更みたいなことは出来ないようです。

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
実用 Subversion 第2版
入門Subversion―Windows/Linux対応

スポンサーサイト
Subversion | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

svn: Malformed network data このエントリーを含むはてなブックマーク

Subversive利用時にエラー

Subversiveを利用してコミットを行おうとしたときに、次のようなエラーが発生しました

*** Commit
svn commit "D:\........\aaa\bbb" -m "add -I option."
svn: Commit failed (details follow):
svn: Malformed network data
svn: Commit failed (details follow):
svn: Malformed network data
*** Error (took 00:00.547)

原因の解決

エラーの内容で調べたところ、バージョンの不一致などが原因のようでしたが、いままでコミットでこんなエラーが出たことがなかったので、なんでだろう?と、思いました。

普段と違うところはどう考えてもコミットのコメントである「add -I option.」しか無かったので、まさかと思い、ハイフンを取り除いて「add I option.」としてコミットしてみることに。すると、なんと成功してしまったのです。

内部でどのようなコードが動いているのか分かりませんが、まさか「-I」をオプションとして認識しているってことなんでしょうか。

Subversion | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Subversiveを利用してsvn+sshをしたとき気づいたこと このエントリーを含むはてなブックマーク

SubclipseよりSubversiveのほうが良さそう

結論を言うと、SubversiveのほうがSubclipseより良いと思います。とくに、ポート周りがとてもいい(後述)。

Subversiveとは

Eclipse上でSubversionを利用するプラグインです。同じようなプラグインにSubclipseがあります。今回利用したSubversiveは、

http://download.eclipse.org/technology/subversive/0.7/update-site/

からインストールしたものです。インストールすると、Connectorsのインストールが引き続き行われますが、そのときどれをインストールするか選択を迫られますが、とりあえず全部入れてしまえばOKです。

詳しいインストール法は、ここ→ http://www.eclipse.org/subversive/documentation/gettingStarted/aboutSubversive/install.php

Subversiveメモ

以下、SubversiveでSSH接続をしたときに気がついたこと。および、Subclipseとの違いをメモします。

URLの指定が利用される

URLに

svn+ss://(ユーザ名)@(ホスト名):(ポート名)/(サーバ内フルパス)

のように入力すると、ユーザ名とポート名は、このURLで指定されているものになります。

Subclipseだと、レポジトリごとのポート指定がろくに出来ないので、すばらしいことです。この点だけ比較してもSubversiveに移行する価値があると思います

ポートが指定可能

上記の通り、sshでの接続先ポートを簡単に指定できます。すばらしい。

環境変数SVN_SSHの設定が不要

SSHクライアントを用意して、そのパスをSVN_SSHに指定する必要がありません。Windowsでの利用が中心なので、subclipse利用時にはPuTTYに付属するplink.exeを指定していましたが、その必要はありません。便利。

割と早い

通信にかかる時間がsubclipse+plink(PuTTY)よりもちょっと速い気がする。

プロキシ設定が設定画面で出来る

接続に利用するプロキシの設定がPreferenceのGeneral>Network Connectionsから出来ます。Subclipseの場合は、「server」というテキスト形式の設定ファイルを直接変更する必要がありました(あったはず)。それに比べると、Subversiveは便利かと思います。

全く同じ設定のレポジトリをSVNレポジトリーViewに登録できる

見出しの通りです。Subclipseだと、重複を指摘され、登録できません。登録できる反面、指摘してくれないのはデメリット。

まとめ

もともと最低限の超基本的な機能しか使っていないので、しっかり使っている人の参考にはならないのですが、使ってみた感じでは、全体的に、Subclipseと同じ、もしくは、それ以上の点が多かったような気がします。ただ、ポートをちゃんとレポジトリごとに簡単に設定できる点だけをとっても、私にとってはSubversiveのほうを利用したいと思いますsubclipse+puttyでconfigファイルのtunnelセクションをいろいろ試しても出来なかっただけなので、うまくやれば出来るのかもしれません

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
実用 Subversion 第2版
入門Subversion―Windows/Linux対応

Subversion | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集

Subversiveを使ってみた このエントリーを含むはてなブックマーク

Subversive

Eclipse用SubversionプラグインといえばSubclipseだと思うのですが、それも次第にSubversiveに変わっていくんだと思います。きっと。ということで、Subversiveをインストールしてみました。

というか、Subclipseでレポジトリごとに異なるポートを使いたいのに、いくら設定してもまるで-pオプションを反映してくれないので嫌気がさし、Subversiveをインストールしただけです。

感想

使ってみての感想は、なんだか設定項目が多いってことと、SVNレポジトリViewでディレクトリを開くときにあまり時間がかからないってこと。ただ、なんだか何が必要な設定項目だか今現在よく分かってないので、ちゃんと実験してみてメモろうかと思います。ちなみに、現在はsvn+sshでの接続です。

Subversion | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Eclipseでsvn+sshを行う方法メモ2 エラー対策編 このエントリーを含むはてなブックマーク

前掲の記事「Eclipseでsvn+sshを行う方法(Putty+Subclipse@Windows)メモ」の実行中に発生するかもしれないエラーについて、その現象と対策をメモしておきます。

対象環境

前回より詳しく私の利用している環境を記しておきます。

サーバ
OS:Cent OS 5.3 (Final) 64bit
カーネル:Linux 2.6.18-128.el5
CPU:x86_64

クライアントPC
OS:Windows Vista Ultimate SP2 32bit
Eclipse: Eclipse Java EE IDE for Web Developers. Build id: 20090920-1017 (英語)
Subclipse: Subclipse 1.6.5
PuTTY: PuTTY Release 0.60-JP_Y-2007-08-06

エラーとその対策法

以下、Eclipseでロケーションを作成しようとして発生したエラーと、その原因について紹介します。

Permission denied エラー

Error while creating module: org.tigris.subversion.javahl.ClientException: Permission denied.
svn: ディレクトリ '/repos/myrepos/db/transactions/0-1.txn' を作成できません: 許可がありません
というエラーが発生した場合、レポジトリのパーミッションの設定がおかしなことになっている可能性があります。普通にSSHサーバにログインして、レポジトリのあるフォルダに書き込みができるかどうか確認してください。

Network connection closed unexpectedly エラー

plink.exeのコマンドプロンプト画面(黒い画面)が一定時間表示された後、

検証不能
ロケーションの検証中にエラー: "org.tigris.subversion.javahl.ClientException: Network connection closed unexpectedly
と表示される場合、ホスト名が間違っている可能性が高いです。確認してください。

Couldn't find a repository エラー

plink.exeのコマンドプロンプト画面(黒い画面)が短く表示された後、

検証不能
ロケーションの検証中にエラー: "org.tigris.subversion.javahl.ClientException: Couldn't find a repository
と表示される場合、レポジトリのURL(hostname以降)がレポジトリの位置を正しく指定できていない可能性があります。hostname以降は、サーバ内部での絶対パスで指定します。homeディレクトリからなどではありません。確認してみてください。前回の記事であげた例(/repos/myrepos)も参考にしてください。

黒い画面のまま固まるエラー

plink.exeのコマンドプロンプト画面(黒い画面)が表示されっぱなしになり、一切画面が変化しなくなってしまう状態になった場合、接続先サーバ側の鍵がレジストリにキャッシュされていない可能性があります。一度putty.exeで接続先サーバにSSH接続を行い、サーバ側の鍵を保存するかどうかと言う質問に対して「はい」と答えてください。そうすることで、サーバ側の鍵のキャッシュが保存されます。

最後に

ありがちなエラーをまとめてみましたが、基本は、それぞれの機能(SSH, Subversion, ...)を一つ一つまずは確認することです。どこが原因になっているかをうまく絞ってみてください。

Subversion実践入門
実用SSH
Eclipse 実践開発入門

Subversion | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。