情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

コピー&ペーストが出来ない病の原因 このエントリーを含むはてなブックマーク

最近、コピー&ペーストができなくなるという現象が数回発生。コピーしても、ペーストができなくなります。

原因はSleipnir

症状を分析したところ、とりあえず原因がSleipnirにあることが判明。

とりあえず、分かったことを列挙します。参考までに

  • Sleipnirを閉じれば問題解決
  • とあるサイトを開いていたタブを閉じるだけでも解決
  • 閉じた後、再び開いても大丈夫。問題なし。
  • しかし、再び開いた後、ほかのアプリにフォーカスを移してから戻ってくると再発。
  • 「オプション>クライアント>クリップボード>タブを閉じたときにクリップボードを空にする※脆弱性対策」をオフにしても解決せず。意外。
  • ATOKのクリップボードビューアを見ると、該当タブが開かれているときに、Sleipnirからフォーカスを移すと、「現在のクリップボードの内容」が「(表示できません)」になる。
  • クリップボードビューアを見ながらいろいろ試してみると、ほかのアプリにフォーカスを移さずとも、タブを切り替えるなど、IMEが利用できない状態になった瞬間クリップボードの内容が利用できなくなっている模様。
  • さらにクリップボードビューアを観察すると、Ctrl+Cを押した瞬間はクリップボードにコピー内容が格納されているが、一瞬でまた「(表示できません)」に戻っている。
  • ちなみに、右クリックからのコピーであろうが関係ない。
  • 該当ページをセキュアモードで開く分には問題が発生しない→JavaScriptのせい?
  • キーボードのショートカットの設定をデフォルトに戻しても関係なし
以上。いろいろ試してみた結果です。

結論

ずばり、「原因はSleipnir」これだけ分かれば十分かと。そして、「特定のページが問題を起こしている」ということも重要かもしれない。

つまり、Sleipnirを再起動して問題が引き続き発生するなら、「最近開いたタブから順に閉じて、症状が発生するかどうかを確かめてみる」というのが私なりの処方箋。

コピペができない病になってしまったら、ぜひお試しあれ原因はほかにもいっぱいあるでしょうけど

スポンサーサイト
Windows | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集

Firefox 3.0.9 リリース このエントリーを含むはてなブックマーク

Firefox 3.0.9 がリリースされました。

リリースノートを見る限り、大きな変更はないのですが、最近Firefoxが重いと感じることが多くなったのは気のせいですかねぇ。

プラグインが少しずつ増えているせいなのか、初めてFirefoxを使った頃に早く(軽く)感じたのは何だったんだろうかと。

しかし、そういう話になると、Sleipnir2はもっと重く、不安定な気がします。

特に、Flashを使っているサイトが原因でCPU使用率がものすごく高くなります。しかも、そのタブ1つのためにすべての動作が重くなっているのですが、具体的にどのタブが原因かがすぐには分からないので、1つずつ閉じてみて、どれが原因なのかを調べなくてはいけません。

負荷の高いタブが分かる方法があればいいのですが。

それにしても、ちょっと最近のSleipnireは不安定すぎると思います。終了時にメモリを大量に使用してなかなか終了してくれないのもどうかと思いますし・・・
ニュース | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。