情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

Subversiveを利用してsvn+sshをしたとき気づいたこと このエントリーを含むはてなブックマーク

SubclipseよりSubversiveのほうが良さそう

結論を言うと、SubversiveのほうがSubclipseより良いと思います。とくに、ポート周りがとてもいい(後述)。

Subversiveとは

Eclipse上でSubversionを利用するプラグインです。同じようなプラグインにSubclipseがあります。今回利用したSubversiveは、

http://download.eclipse.org/technology/subversive/0.7/update-site/

からインストールしたものです。インストールすると、Connectorsのインストールが引き続き行われますが、そのときどれをインストールするか選択を迫られますが、とりあえず全部入れてしまえばOKです。

詳しいインストール法は、ここ→ http://www.eclipse.org/subversive/documentation/gettingStarted/aboutSubversive/install.php

Subversiveメモ

以下、SubversiveでSSH接続をしたときに気がついたこと。および、Subclipseとの違いをメモします。

URLの指定が利用される

URLに

svn+ss://(ユーザ名)@(ホスト名):(ポート名)/(サーバ内フルパス)

のように入力すると、ユーザ名とポート名は、このURLで指定されているものになります。

Subclipseだと、レポジトリごとのポート指定がろくに出来ないので、すばらしいことです。この点だけ比較してもSubversiveに移行する価値があると思います

ポートが指定可能

上記の通り、sshでの接続先ポートを簡単に指定できます。すばらしい。

環境変数SVN_SSHの設定が不要

SSHクライアントを用意して、そのパスをSVN_SSHに指定する必要がありません。Windowsでの利用が中心なので、subclipse利用時にはPuTTYに付属するplink.exeを指定していましたが、その必要はありません。便利。

割と早い

通信にかかる時間がsubclipse+plink(PuTTY)よりもちょっと速い気がする。

プロキシ設定が設定画面で出来る

接続に利用するプロキシの設定がPreferenceのGeneral>Network Connectionsから出来ます。Subclipseの場合は、「server」というテキスト形式の設定ファイルを直接変更する必要がありました(あったはず)。それに比べると、Subversiveは便利かと思います。

全く同じ設定のレポジトリをSVNレポジトリーViewに登録できる

見出しの通りです。Subclipseだと、重複を指摘され、登録できません。登録できる反面、指摘してくれないのはデメリット。

まとめ

もともと最低限の超基本的な機能しか使っていないので、しっかり使っている人の参考にはならないのですが、使ってみた感じでは、全体的に、Subclipseと同じ、もしくは、それ以上の点が多かったような気がします。ただ、ポートをちゃんとレポジトリごとに簡単に設定できる点だけをとっても、私にとってはSubversiveのほうを利用したいと思いますsubclipse+puttyでconfigファイルのtunnelセクションをいろいろ試しても出来なかっただけなので、うまくやれば出来るのかもしれません

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
実用 Subversion 第2版
入門Subversion―Windows/Linux対応

スポンサーサイト
Subversion | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集

AnkhSVN導入記 2009年09月版 (2) レポジトリ作成編 このエントリーを含むはてなブックマーク

前回の記事でAnkhSVNのインストールを完了しているので、 続いて、新規レポジトリの作成を行います。

Visual Studio からは、レポジトリが作成できない

実は、Visual Studio 上から新規にレポジトリ(バージョン管理するためのファイル群)を作成することはできません

Starting a new repository
Create a Subversion repository either by using the SVN command line tools or TortoiseSVN.
(http://ankhsvn.open.collab.net/ より)

つまり、「新規にレポジトリを作成する際には、コマンドラインツールや、TortoiseSVNなどから別途作成してください」ということです。

では、以下、実際に作成してみます。

Subversionをインストールする

Subversionをインストールしていなかったので、インストールします。

これに関しては、以前のエントリ「VisualStudio2008+Subversion+AnkhSvn2.0導入方法まとめ」を参考にしつつやってみます。

Subversionダウンロード

まず、http://subversion.tigris.org/にアクセス。中央左あたりのGet Subversionの中の左上にあるSource codeをクリック。すると、Source code という見出しの中に、Source Releases Areaというリンクがあるので、そこをクリック。すると、フォルダ階層が表示されるので、その中から、「Subversion>Releases>Windows>Windows Apache 2.2.x」を選択します。

表示されたダウンロードリンクの中から、「Setup-Subversion-1.6.5.msi」を選択してダウンロードします。

Subversionをインストール

Setup-Subversion-1.6.5.msiをダブルクリックして、インストーラに従っていくだけで、インストール終了です。参考までに、インストール完了時に表示されたメッセージをメモしておきます。

Post installation notes for Subversion:

  • Read the documentation included with this distribution.
  • For more info - Fire up your browser and point it to:
     http://subversion.tigris.org/ and look for documentation.
  • Take a close look in the Readme.txt file found in the Subversion folder and the start menu. It may save you some time if you get into trouble.
  • Notes for Windows 9x and Millenium users:
    • Add this line to your Autoexec.bat file (adjust the path so it fits your system) if it's not there:

      SET APR_ICONV_PATH="C:\Program Files\Subversion\iconv"

    • Restart your machine if your Autoexec.bat file is changed.

Thanks for using Subversion! And.. enjoy..
Your Subversion team

レポジトリの作成

Subversionをインストールしたので、コマンドラインから新規にレポジトリを作成してみましょう。

ここでは、個人で利用することを想定し、サーバをたてて…などというようなことはせずに、手軽に簡単にということで、ローカルディスク内に作成します。あしからず。

まず、コマンドプロンプトを起動します(Winキー+Rでcmdと入力してEnterを押すと簡単にコマンドプロンプトが起動できます)。で、作成したいディレクトリに移動します。たとえば、以下のようにします(ユーザ名を仮にdiddidとしてみます)。

C:\Users\diddid\>cd /D D:

D:\>mkdir subversion\rep\

D:\>cd subversion\rep

D:\subversion\rep>

続いて、レポジトリを作成します。

D:\subversion\rep>svnadmin create MyRepository

以上で完了です。簡単ですね。「MyRepository」がレポジトリ名です。レポジトリは、複数ソリューション、複数プロジェクトを保存することができるので、ユーザで一つ、ソリューションで一つなどレポジトリが作成できます。

次回は、実際にソリューションを登録し、バージョン管理ができるようにしてみます。

追記:つづきを書きました→「AnkhSVN導入記 2009年09月版 (3) ソリューション登録編

Subversion | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ssh+svnをやることにした このエントリーを含むはてなブックマーク

SubversionにはAnkhSVNでお世話になっています(過去記事参照)が、今回Linuxプログラミングをすることにしたので、今現在の、WindowsローカルにSubversionレポジトリを置く方法はもちろんそのままでは通用しませんし、そもそもVisualStudioはLinuxじゃ動きません。

というわけで、SSH経由でSubversionが使えるようにLinuxサーバを設定することにしました。

というか、ここで宣言して、ゴールデンウィーク頭にやる予定です。

では、ひとまず宣言だけ

Subversion | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。