情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

さくらのVPSにUbuntu 10.04 64bitをインストールしてSSHで接続するまでのメモ このエントリーを含むはてなブックマーク

計画停電に伴い、自宅サーバを維持することが難しくなりました。そこで、さくらのVPSの一番安いプランを契約して利用することにしました。

CentOSが標準なのですが、Ubuntuを利用したかったので、入れ替えを行いました。そのときのメモです。大したことは書いてありません。なので、頭に参考ウェブページを書いておきます。そこへどうぞ。

参考

インストール対象確認

インストールは「さくらのVPS 512」の仮想専用サーバに対して行います。インストールするのは「Ubuntu 10.04 64bit版」です。

作業するPCはWindows 7 SP1 64bitで、ブラウザはChrome 10です。

Javaがインストールされているか確認する

カスタムOSのインストールには、Java Runtime Environment(JRE or JDK)が必要です。インストールされていない場合はhttp://www.java.com/ja/から最新版をインストールできますインストールされているか確認するには、コマンドプロンプトで「java -version」を実行するか、コントロールパネルから「プログラムのアンインストールまたは変更」に「Java(TM) 6 Update xx」があるかどうかで判断できます。

仮登録完了メールをチェックするし、VPSコントロールパネルにログインする

仮登録完了メールに「IPアドレス」と「パスワード」が書かれていると思います。それをチェックして、「VPSコントロールパネル」にログインしてください。おそらくアドレスは「https://secure.sakura.ad.jp/vpscontrol/」だと思います。

再インストールを開始する

まず、「OS再インストール」という大きなボタンを押し、「カスタムOSインストールへ」というリンクをクリックします。

すると、「OS選択」という蘭でOSを選択できます。今回は「Ubuntu 10.04 amd64」を選択しました。選択したら「確認」を押し、次の画面で「実行」を押します。

もしプラグインのバージョンが古いと言われたら

結論から言うと、素早く「今回は実行する」を押してください。のんびりしていると「Network error: remote side closed connection」と表示されて失敗するようです失敗したらやり直せば良いだけですが

OS再インストール用のクライアントから接続する

「アプリケーションのデジタル署名の検証に成功しました。このアプリケーションを実行しますか」と言われたら「実行」を押し、「SSH: Warning」が表示されたら「yes」を押します。

すると、青い画面にキーボードの選択画面が表示されます。このとき、ブラウザにはインストール時に必要な情報(インストール情報)が表示されているので、ページはそのままにしておきます。

キーボードを設定する

ここからは、キーボードの矢印キーとEnterキー、BackSpaceキーなどで操作し、マウスは使用しません。

「Origin of the keyboard」で「Japan」を選択し、「Keyboard layout」で「Japan」を再び選択します。

ネットワークの設定をする

「IP address」にはインストール情報の「IPアドレス(IPv4)」を入力してEnter。

「Netmask」には、デフォルトが「255.255.255.0」と入力されていますが、インストール情報の「ネットマスク」を正確に入力してください。私の場合は「255.255.25【4】.0」でした。

「Gateway」には、インストール情報の「ゲートウェイ」を入力してください。

しばらく待つ

少し待ちます。

ディスクの設定を行う

「Partitioning method」では、上から二番目の「Guided - use entire disk」を選択してEnterを押しますManualでもいいですが、ハードディスクの容量も少ないのでマニュアルの通り自動で行きます。

「Select disk to partition」では、おそらく「SCSII(0,0,0) (sda) - 21.5 GB ATA QEMU HARDDISK」のように1つしか表示されないので、そのままEnterを押します。

「If you continue, the changes listed below will be...」と表示されたら「Yes」を選択してEnterを押します。

ユーザの設定を行う

「Full name for the new user」にはユーザ名を入力します。続いて表示される「Username for your account」にも同様にユーザ名を入力します本当は、前者はフルネームなのですが、区別したことがないです

「Choose a password for the new user」が表示されたら、そのユーザで使うパスワードを入力してください。確認として、もう一度聞かれるので、同じように入力してください。

homeの暗号化を設定

「Encrypt your home directory?」と聞かれたら、「No」を選択して、暗号化しないように設定します。

インストール完了

「Installation complete」が表示されたら「Continue」を選択してEnterを押してインストール作業完了です。接続が切れて「Network error: remote side closed connection」と表示されるので、バツボタンで閉じます。

起動

VPSコントロールパネルの「VPSホーム」を押し、仮想サーバ>仮想サーバ操作にある「起動」をクリックします。

SSHクライアントから接続する

いよいよ、PuTTYなどのSSHクライアントから接続を行います。起動した時点で22番ポートにSSHでパスワード認証にてログインできます。IPアドレスにインストール情報にあった「IPアドレス(IPv4)」を指定し、ポート番号に「22」を指定し、ログインには先ほど設定した「ユーザ名」と「パスワード」を入力します。

これで自由にUbuntuを使って作業することが出来るようになりました。

まとめ

さくらが提供しているマニュアルが非常に充実しており、このエントリの意味がほとんど無くなってしまいました。簡単にインストールすることが出来ました。

おまけ

せっかくなのでPuTTY関連記事をまとめておきました。

Ubuntuスタートアップバイブル
大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ
図解でわかる Linuxサーバ構築・設定のすべて
【改訂新版】 Linuxコマンド ポケットリファレンス (Pocket Reference)

スポンサーサイト
Linux | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

PuTTY(pscp.exe)を使ってSSH経由でWindowsとLinuxの間でファイルコピーを行う方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

Windows-Linux間でファイルを転送したい

PuTTYを使ってWindowsからLinuxなどの遠隔のサーバにアクセスできるように なると、接続しているサーバ上で編集したりしているファイルを一体どうやって Windowsマシンにコピーすればいいのだろうという疑問がわくと思います。 また、PuTTYの動作しているWindows上のファイルを一体どうやって Linuxサーバに送りつければいいのだろうと思うかもしれません。

そこで今回は、PuTTYに含まれているpscp.exe を利用したWindowsとLinuxの間のファイルコピーを行う方法 をメモしておきます。

前提

WindowsとLinuxの間でファイルをコピーする際、 Linux側のディレクトリ構造がどうなっているか は、PuTTYでSSH接続をして確かめてください。 ファイルのコピーは一発ピンポイントに行います。 どこに目的のファイルがあるか、どこにファイルを設置したいかは要注意。

Windows側でpscp.exeというプログラムを利用してコピーを行うので、 コマンドプロンプトを起動して、

		>cd /d (pscp.exeの存在する場所へのパス)
	

などで移動しておくか、環境変数を編集してpscp.exeのある場所に PATHを通しておいて、コマンドプロンプトからpscp.exeを利用できる 状態にしてください。

パスワード認証と公開鍵認証

SSHをパスワードのみの認証で利用している場合は、pscp.exeを利用する際に、

		>pscp.exe -pw "password" (そのほかのオプションなど)
	

としてください。また、公開鍵認証を利用している場合は、pscp.exe を利用する前に、 あらかじめpagent.exeを起動し、 鍵の追加から公開鍵を登録しておいてください。 普段PuTTYを利用している人ならいつも通りということです 公開鍵を利用する場合は、pscp.exeに先ほどのような 追加オプションは不要で、

		>pscp.exe (オプションなど)
	

とすればOKです。これ以降、 「-pw "password"」の部分は書かない公開鍵認証のつもりで 話を進めます。

WindowsからLinuxへファイルを1つコピー

Windowsのカレントディレクトリにあるファイルを、 Linuxのホームディレクトリにコピーする」 場合は次のようにします。

		>pscp.exe win-file.txt user@server:.
	

「win-file.txt」は windows側のコピーしたいファイル、 「user」は、 SSHでログインするユーザ名を表しています。 「server」は、サーバのアドレスを表す192.168.1.1や ???.mine.nuを入力してください。そして、「:」はただの区切り文字で、 「.」は、宛先を表しています。 宛先は、ログインしたユーザのホームディレクトリが基準になるため、 「.」はホームディレクトリ そのままのことです。

これらを正しく設定することで、「serverにuserでログインして、 Windowsのカレントディレクトリにあるwin-file.txtというファイルを、Linux サーバのホームディレクトリにコピーできます。

win-file.txt |0 kB] 0.5 kB/s | ETA: 00:00:00 | 100%

のように表示されればコピー成功です。

以降、もう少し省略して、いろいろなパターンをメモしておきます。

WindowsからLinuxへフォルダごとコピー

windows上のフォルダを丸ごとLinuxのホームディレクトリへコピーします。

		>pscp.exe -r win-folder user@server:.
	

「-r」を忘れると「scp: win-folder: not a regular file」 と言われます。

LinuxからWindowsへファイルを一つコピー

Linuxのホームディレクトリにあるファイルlinux-fileを Windowsのカレントディレクトリへコピーします。

		>pscp.exe user@server:tmp .
	

「コピー元」、「コピー先」の順に書くので、今までとは逆になります。「.」は、 Windowsのカレントディレクトリを表しています。

LinuxからWindowsへディレクトリ丸ごとコピー

Linuxのホームディレクトリにあるディレクトリを丸ごとWindowsの カレントディレクトリへコピーします。

		>pscp.exe -r user@server:linux-dir .
	

そのほかの細々したこと

以上が基本なので、あとはちょっとしたコツを知れば、何とかなります。 ということで、残りはコツを書いておきます。 例を挙げるので、参考にしてください。

カレントディレクトリ・ホームディレクトリ以外を指定する

今までは、デフォルトの位置にあるファイルやフォルダを デフォルトの位置にしかコピーできなかったので、 そこを変更するコツ。

カレントディレクトリの一つ上のfolderの中にあるwin-file.txtを サーバのホームディレクトリにあるdirディレクトリの中へコピー 区切り文字に注意。

フルパス指定する

			>pscp.exe ..\dir1\win-file.txt user@server:dir/
		

フルパスで指定した「C:\dir\id_rsa.pub」を フルパスで指定した「/home/user2/.ssh」ディレクトリの中へ、 「authorized_keys2」という名称に変更しつつコピー

			>pscp.exe C:\dir\id_rsa.pub user@server:/home/user2/.ssh/authorized_key2
		

スペースの入るファイル名を扱う

			>pscp.exe "folder\file name.txt" user@server:"./dir name/new name"
		

SSH接続するポートを指定する

SSHは通常22番ポートを利用しますが、ポートを変更している場合には、次のように-Pオプションを利用します。

			>pscp.exe -P 1022 win-file.txt user@server:.
		

lsを利用してLinux側のファイルを見る(ls)

はじめにPuTTYを利用してファイルを見た方が良いと言ったのは、 そちらのほうが使いやすいからです。ただ、pscp.exeにも、 Linux側のls結果を見る機能があります。

			>pscp.exe -ls user@server:.
		

scp

もともとscpは、LinuxにあるSSHを利用したコピー(cp)を行うプログラムであり、 それのwindows版がpscpです。なので、今ここに書いた使い方のイメージで Linuxのscpを利用して、Linuxマシン間でファイルコピーを行うことも出来ます。

じゃぁ、Linux側でscpを使って、windowsに転送できるかというと、 それは話が別で、あくまでscpは「SSHサーバにログインして、コピーを行う」 のであって、windows側でSSHサーバを立ち上げていない限り、 それは出来ません。

まとめ

以上のようにして、WindowsとLinuxの間でファイルコピーがコマンドプロンプトから 実行できるはずです。ただ、これはあくまでPuTTYを使いたい場合であって、 全く別の方法として、「WinSCP」などもあります。

Ubuntuスタートアップバイブル
大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ
図解でわかる Linuxサーバ構築・設定のすべて

Linux | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

OpenBSDのインストール方法詳細メモ(5) その他の設定編 このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事は、「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(1)」から始まるシリーズ記事です。

rootパスワードの設定

次は、パスワードの設定が促されます。

Password for root account? (will not echo) _

rootのパスワード(管理者のパスワードみたいなもの)を設定します。will not echoというのは、パスワードを入力しても、なにも表示されないよということです。パスワードを慎重に入力してEnterを押します。もう一度聞かれるので、もういちど確認の入力もします。

Password for root account? (will not echo) (パスワード)<Enter>
Password for root account? (again) (同じパスワードをもう一回)<Enter>

パスワードの設定はこれで終了。

SSHデーモン(sshd)の起動設定

次は、

Start sshd(8) by default? [yes] _

と表示されます。リモートで接続したい場合はSSHが普通で、SSHはsshdが起動していないと利用できません。ここで起動しない必要もなさそうなのでyesにしました→「Enter

時刻合わせデーモン(ntpd)の起動設定

次は、

Start ntpd(8) by default? [no] _

と尋ねられます。ntpdは定期的にネットワーク上の時刻合わせサーバと接続を行い、時刻を合わせてくれるシステムを担当するプログラムです。

デフォルトはnoですが、「yes<Enter>」としてみます。

すると、どのサーバを使って時刻合わせをするか尋ねられるので、よく利用されるNICTの時刻合わせサーバ(ntp.nict.jp)を指定します。

NTP server? (hostname or 'default') [default] ntp.nict.jp<Enter>

ちなみに、defaultというのは「pool.ntp.org」らしいです。

GUIを使うかどうかの設定

続いて全く別の質問が表示されます。

Do you expect to run the X Window System? [yes] _

GUI(X Window System)を利用することにしたので、それがらみの設定です。

Do you want the X Window System to be started by xdm(1)? [no] _

おそらく、ここでyesと答えると、マシンが起動してOSが立ち上がると同時にX Window Systemも起動して、GUIログインになるんだと思います。ただ、いったんCUIログインして、必要なときだけX Window Systemを起動すればいいので、ここではデフォルトの答えの通りnoにしておきます。→「Enter

デフォルトコンソールの設定

次は、

Change the default console to com0? [no] _

と表示されます。これは特に何も考えずnoにしておくといいと思います。→「Enter

ユーザ名(ログインネーム)の設定

次は、ユーザ名を尋ねられるので、ここでは「did2」と答えておきました。

Setup a user? (enter a lower-case loginname, or 'no') [no] did2<Enter>

ユーザ名(フルネーム)の設定

続いて、フルネームの設定も要求されますが、正直どうでもいいのでそのままEnter。

Full user name for did2? [did2] <Enter>

ユーザパスワードの設定

続いて、先ほど設定したrootパスワードとは別に、ユーザのパスワードが尋ねられます。rootパスワードを設定したときと同じ要領で設定します。

Password for root account? (will not echo) (ユーザパスワード)<Enter>
Password for root account? (again) (同じユーザパスワードをもう一回)<Enter>

root権限でのSSHログイン設定

次は、

Since you set up a user, disable sshd(8) logins to root? [yes] _

と表示されます。セキュリティ上、root権限でSSH接続することは好ましくなく、今回ユーザを作成したので、SSH接続はユーザでログインしてくださいね?という質問です。ここでは素直に「yes<Enter>」。

タイムゾーンの設定

次は、タイムゾーンを聞かれますが、デフォルトが正しく設定されていたのでこのままEnter。

What timezone are you in? ('?' for list) [Asia/Tokyo] Enter

つづく

いよいよ、実際にHDDへのインストールが始まります→「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(6)

BSD Hacks ―プロが使うテクニック & ツール 100選
実践ネットワークセキュリティ監査―リスク評価と危機管理
ネットワークセキュリティHacks 第2版 ―プロが使うテクニック & ツール 100+

OpenBSD | コメント:1 | トラックバック:0 | 編集

PuTTYのSSHポートフォワーディングオプションについて このエントリーを含むはてなブックマーク

45

PuTTYでSSHポートフォワーディングを設定する場合、一つのセッションに設定できるポートフォワーディングの設定は最大45。それだけ。

SSH | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Subversiveを利用してsvn+sshをしたとき気づいたこと このエントリーを含むはてなブックマーク

SubclipseよりSubversiveのほうが良さそう

結論を言うと、SubversiveのほうがSubclipseより良いと思います。とくに、ポート周りがとてもいい(後述)。

Subversiveとは

Eclipse上でSubversionを利用するプラグインです。同じようなプラグインにSubclipseがあります。今回利用したSubversiveは、

http://download.eclipse.org/technology/subversive/0.7/update-site/

からインストールしたものです。インストールすると、Connectorsのインストールが引き続き行われますが、そのときどれをインストールするか選択を迫られますが、とりあえず全部入れてしまえばOKです。

詳しいインストール法は、ここ→ http://www.eclipse.org/subversive/documentation/gettingStarted/aboutSubversive/install.php

Subversiveメモ

以下、SubversiveでSSH接続をしたときに気がついたこと。および、Subclipseとの違いをメモします。

URLの指定が利用される

URLに

svn+ss://(ユーザ名)@(ホスト名):(ポート名)/(サーバ内フルパス)

のように入力すると、ユーザ名とポート名は、このURLで指定されているものになります。

Subclipseだと、レポジトリごとのポート指定がろくに出来ないので、すばらしいことです。この点だけ比較してもSubversiveに移行する価値があると思います

ポートが指定可能

上記の通り、sshでの接続先ポートを簡単に指定できます。すばらしい。

環境変数SVN_SSHの設定が不要

SSHクライアントを用意して、そのパスをSVN_SSHに指定する必要がありません。Windowsでの利用が中心なので、subclipse利用時にはPuTTYに付属するplink.exeを指定していましたが、その必要はありません。便利。

割と早い

通信にかかる時間がsubclipse+plink(PuTTY)よりもちょっと速い気がする。

プロキシ設定が設定画面で出来る

接続に利用するプロキシの設定がPreferenceのGeneral>Network Connectionsから出来ます。Subclipseの場合は、「server」というテキスト形式の設定ファイルを直接変更する必要がありました(あったはず)。それに比べると、Subversiveは便利かと思います。

全く同じ設定のレポジトリをSVNレポジトリーViewに登録できる

見出しの通りです。Subclipseだと、重複を指摘され、登録できません。登録できる反面、指摘してくれないのはデメリット。

まとめ

もともと最低限の超基本的な機能しか使っていないので、しっかり使っている人の参考にはならないのですが、使ってみた感じでは、全体的に、Subclipseと同じ、もしくは、それ以上の点が多かったような気がします。ただ、ポートをちゃんとレポジトリごとに簡単に設定できる点だけをとっても、私にとってはSubversiveのほうを利用したいと思いますsubclipse+puttyでconfigファイルのtunnelセクションをいろいろ試しても出来なかっただけなので、うまくやれば出来るのかもしれません

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
実用 Subversion 第2版
入門Subversion―Windows/Linux対応

Subversion | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。