情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

iTunesインストール このエントリーを含むはてなブックマーク

iTunesのインストールするコンポーネントを削るときの注意点。実際にやってみたときのメモ。

条件

今回インストールしたiTunesはiTunes 9.0.3.15で、iPodを利用出来るようにする前提です。

インストール方法

具体的な方法は今回のメインテーマではないので割愛させてもらいます。 まずダウンロードしてきたiTunesSetup.exeを解凍し、 その中身

  • AppleApplicationSupport.msi
  • AppleMobileDeviceSupport.msi
  • AppleSoftwareUpdate.msi
  • Bonjour.msi
  • iTunes.msi
  • MobileMe.msi
  • QuickTime.msi
  • SetupAdmin.exe
を取り出します(バージョン次第で内容は異なる)。 そして、.msiファイル(インストールする内容)を厳選し、それぞれを実行していきますバッチファイルを書く方法をよく見かけますが、別に必要はないです

インストールするプログラムの厳選

まず、iTunesをインストールするのは当たり前として、iTunesのインストールのためにはQuickTimeが必要です。意外にも、AppleSoftwareUpdateは必要ではありません

また、iTunesのインストールの前に、AppleApplicationSupportも必要でした。ApplicationSupportのインストールをしないままiTunesをインストールしようとしたらエラーが出て失敗しました

そして、iTunesがiPodと同期するために必要(らしい)AppleMobileDeviceSupportもインストール対象となります。これは、iTunesインストール前でもインストールできます。Mobile=iPhoneという感じがしないでもない

インストール順

以上から、今回は次のようにインストールしました

  1. QuickTime.msi
  2. AppleApplicationSupport.msi
  3. AppleMobileDeviceSupport.msi
  4. iTunes.msi

まとめ

インストール内容を削るのも良いけど、必要なものは必要です。

test

public class Test {
	int i = 0;
}

それにしても、バージョンが上がって、Windows上でのiTunesの動作がものすごく軽快になった気がします。iTunesはもっと重いソフトのイメージが強かったのに、すごく軽くなっています。驚きました。

スポンサーサイト
ソフトウェア | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。