情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

ActivePerlダウンロードリンクメモ このエントリーを含むはてなブックマーク

ActivePerl導入方法

導入法について→「WindowsにPerlをインストールする

ActivePerlダウンロードリンク

ActivePerlダウンロード

スポンサーサイト
Perl | コメント:0 | トラックバック:1 | 編集

PadWalkerインストール補足 このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事は、「WindowsにPerlをインストールする」で「PadWalker」のインストールに失敗した時用のメモです。

PadWalkerインストール失敗

WindowsにPerlをインストールする」のとおりに(EPICのとおりに)PadWalkerをインストールしようとしたところ、

C:\Users\...>ppm install http://www.bribes.org/perl/ppm/PadWalker.ppd
ppm install failed: The PPD does not provide code to install for this platform

というエラーメッセージが表示されてしまいました。

原因を考える

今まで大丈夫だったのに、どうして今回失敗してしまったのかを考えてみると、次の通り。

  • OSがWindows Vista 32bitからWindows 7 64bitになった
  • Active Perlのバージョンが上がった(ActivePerl-5.10.1.1007-MSWin32-x64-291969.msi)

とりあえず、Bribes.orgからのインストールはあきらめ、ActivePerlのレポジトリからインストールすることに

ppm4.activestate.comからPadWalkerをインストールする

ppm4.activestate.comというのは、ActivePerlをインストールしたときのデフォルトであって、なんにも特別なことはありません。

まずppmを起動して、「View>yall packages」を選択した状態で、検索窓に「PadWalker」と入力して、Enterを押す。すると、検索結果として「PadWalker」が現れるので、クリックして選択する。その状態で、検索窓のすぐ隣の「Mark for install」をクリックし、さらにその2つ右隣の「Run maked actions」をクリック。すると、「Ready to install 1 package?」と尋ねられるので、「OK」をクリック。

すると、

Installing package ... 
  Downloading PadWalker-1.9 ... done
  Unpacking PadWalker-1.9 ... done
  Generating HTML for PadWalker-1.9 ... done
  Updating files in site area ... done
Installing package done

と表示されてインストール終了です。

プログラミングPerl〈VOLUME1〉
Perlベストプラクティス
初めてのPerl 第5版

Perl | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Perlの「at (null) line 1」 このエントリーを含むはてなブックマーク

Perlのエラー

PerlをWindows + ActivePerl + PadWalker + Eclipse + EPICで利用していたときに発生したエラー。

Use of uninitialized value in subroutine dereference at (null) line 1.
perl5db.pl did not return a true value.
BEGIN failed--compilation aborted.

Eclipseでのデバッグ実行時に表示されました。 何が問題って、どこが原因だか分からないこと。(null) line 1と言われても、さっぱり分かりません。

対策

Perlプロジェクトのプロパティにある「Perl include Path」に「C:\Perl\lib」を追加することで、上記のようなエラーの代わりに、ちゃんとエラー元のファイル名と、行番号が表示されるようになりました。

参考

PerlフレームワークCatalyst完全入門
初めてのPerl 第5版
新版Perl言語プログラミングレッスン入門編

Perl | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

EPICのデバッグ実行時に1行目で一時停止しないようにする このエントリーを含むはてなブックマーク

EclipseプラグインEPICのデバッグ実行時に1行目で一時停止するのが初期設定なので、それを解除するための設定メモ。

Preference>Perl EPICの、「Suspend debugger at first statement」のチェックをオフにすればいい。

Eclipse | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

WindowsにPerlをインストールする このエントリーを含むはてなブックマーク

Windowsに、Eclipseを利用したPerl開発環境をインストールする方法をメモしておきます。Perlを利用したことのない人がPerlに興味を持ち、とりあえず利用してみたいという場合にどうぞ。インストールはこの記事の通りにやればほとんど迷うことなく実行できると思います。Perlを文字列処理スクリプトとして利用したい場合に、Windowsにインストールしておくことはとても便利なことだと思います。また、今回はEclipseを利用するので、Eclipseユーザに最適だと思います。では、以下手順です。

ActivePerlをインストールする

ActiveStateのHPからインストーラをダウンロードします今回は、「ActivePerl-5.10.1006-MSWin32-x86-291086.msi」をダウンロードしました。

ダブルクリックからインストールを開始します。デフォルトのインストール先は「C:\Perl\」で、「Add Perl to the PATH environment variable」にチェックが入っていると、環境変数として

変数名: Path
値: C:\Perl\site\bin:C:\Perl\bin
が追加されます。

インストールが完了すると、再起動は促されませんが、再起動が必要です。

PadWalkerをインストールする

ここのやり方でPadWalkerの失敗したとき

この後、EclipseプラグインEPICをインストールするのですが、デバッグ中に変数の内容を表示するためにPadWalkerというPerlのパッケージが必要となります。ここでは、EPICのFAQ

For ActivePerl 5.10.x, a version of PadWalker installable with PPM might not be available in the standard repository, but is provided in the Bribes de Perl repository. (EPICのFAQより)
に従い、「Bribes de Perl repository」からPadWalkerをインストールします。

まず、コマンドプロンプトで、

ppm
と実行して、「PErl Package Manager」を起動します。「Edit>Preferences>Repositories Tab」で、「Suggested: bribes :: Bribes de Perl」に設定します。すると、
Name:Bribes
Location:http://www.bribes.org/perl/ppm
になるので、「Add」をクリックしてください。レポジトリbribesが追加されます。追加されたら「OK」で閉じてください。

次に、コマンドプロンプトで、

ppm install http://www.bribes.org/perl/ppm/PadWalker.ppd
を実行してPadWalkerがインストールされます今回インストールされたのは「PadWalker-1.9」です

JREをインストールする

Eclipseをインストールするために、Javaの実行環境JREをインストールします。JRE・JDKのダウンロードページから、JREもしくはJDKをインストールしてください。Eclipseを現在使っていれば必要なし。

Eclipseをインストールする

Eclipse本体を、Eclipseのダウンロードページからダウンロードしてインストールしてください。現時点で、Eclipse 3.1以上がEPICのインストールに必要です。また、

Eclipse is distributed in several flavors which differ in their pre-installed set of plug-ins. Because EPIC has a very modest of dependencies, you are free to pick any flavor of Eclipse you like. We develop and test EPIC using the "Eclipse Classic" flavor. (EPICのFAQより)
だそうなので、特にこだわりがなければ「Eclipse Classic」をどうぞ。

EPICをインストール

EclipseのPerl用プラグインEPICをインストールします。

Eclipseを起動して、「Help>Install New Software」から「Install」ダイアログを表示して、「Add...」で

Name: EPIC
Location: http://e-p-i-c.sf.net/updates
と入力して「OK」をクリックします。

「EPIC Main Components」が表示されたら、チェックを入れて「Next>」。もう一度「Next>」今回はEPIC Version 0.5.46でした

規約を読んだら「I accept the terms of the license agreement」を選択して「Finish」。

すると、

Warning: You are installing software that contains unsigned content. The authenticity or validity of this software cannot be established. Do you want to continue with the installation?
という警告が表示されるので「OK」をクリックしてください。

また、

It is strongly recommended you restart Eclipse SDK for the changes to take effect. For some add-ons, it may be possible to apply the changes you have made without restarting. Would you like to restart now?
と表示されたら、「Yes」をクリックし、Eclipseを再起動します。これでインストール完了です。

EPICの設定

設定と言っても、たった一つでOK。

Eclipse上で、「Window>Preference>Perl EPIC」の「Perl executable:」に、Perl本体を入力します。もし、Perlコマンドのあるディレクトリにパスが通っているなら(デフォルトでActivePerlをインストールしたなら)、

perl
のままでOKです。もし、パスが通っていなければ、perlコマンドのフルパスを入力してください。

終了

ここまででWindows上でPerlを実行する環境が整いました。CGIとしてPerlを利用するというわけではなく、Perlを文字列処理用スクリプトとして利用したいのなら、とても簡単な利用方法後思います。気軽にインストールしてみてください。EPICの使い方は、EPIC User's Guideに詳しく載っています。

追記

2010/07/19 PadWalkerのインストールに失敗した場合を追加

参考ページ

プログラミングPerl〈VOLUME1〉
初めてのPerl 第5版
続・初めてのPerl 改訂版

Perl | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。