情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

IEEE P2P 2011 で発表してきました このエントリーを含むはてなブックマーク

IEEE International Conference on Peer-to-Peer Computing (IEEE P2P'11)にて、「Flexible Routing Tables: Designing Routing Algorithms for Overlays Based on a Total Order on a Routing Table Set」というタイトルでフルペーパー発表、「A 3D Visualization System for Structured Overlays」というタイトルでデモ発表をしてきました。

スポンサーサイト
P2P | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ChordアルゴリズムによるDHT入門 このエントリーを含むはてなブックマーク

Chordの解説ページは移転しました。こちらをご覧ください→「ChordアルゴリズムによるDHT入門

Symphonyの解説を書いたとき、「Chordの理解を前提」にしていたので、今回はChordの細かい解説スライドを作成しました。

Chordの説明はDHTの中でももっともたくさん書かれているものだと思います。 もちろん、それと同じように書いたのではほとんど意味がないと思うので、 論文を読んでもすぐには分からない全体像から、どこが重要か、どの点によってメリットが生まれているかなどに注目しつつ、飲み込みやすいストーリーになるように注意しました。

なおかつ、出来るだけ論文からぶっ飛びすぎないようにも気を付けてみました。

まだ荒削りなのですが、とりあえずどうぞ。

追記:「P2Pの専門知識ゼロから独自DHTを実装評価するまでの学習方法と参考資料まとめ」を書きました。このChordの解説資料を含め、当ブログのエントリを利用してP2P(特にDHT)を学習する方法について詳しく書いています。特にこれからP2Pの研究をしたい、P2Pに詳しくなりたいという方はぜひ。

DHT | コメント:6 | トラックバック:0 | 編集

DHTアルゴリズムSymphonyの解説 このエントリーを含むはてなブックマーク

事の発端はコレです。

.@did2memo <<< RT @siritori: ぼーっと、分散ハッシュテーブルのアルゴリズムを誰かにじっくり教わりたいなとか思った。 Chordくらいは理解できたんだけどSymphonyとかPastryがわからぬ

じゃぁ、Symphonyの説明でも書いてみようかと。

DHT | コメント:3 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。