情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

P2Pを研究している研究室まとめ このエントリーを含むはてなブックマーク

P2Pを研究している研究室を検索してまとめたものが眠っていたので記事化。この記事はいったい。

スポンサーサイト
研究 | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集

修士論文中間発表スライド(一部削除済み) このエントリーを含むはてなブックマーク

修士論文中間発表のスライドをアップロードしました。あくまで修士論文の発表なので、公開しても良い内容に厳選しています。そして、いろいろ削除した結果、ほぼ提案手法の部分のみになりました。

いつも発表のたびに説明を構成し直しているのですが、今回も同様に、今までとは違った説明になっています。

普段と違っていて、特に気を使ったところは、「オーバレイネットワークを構築する」ということが、分散アルゴリズムとして何をすることに相当するのかを示したところ。それと、今回アルゴリズムの特徴の紹介を「ノード数」という観点に限定しているため、「拡張性の高さの具体例」の紹介や、ノード数に応じたアルゴリズムの話が強調されていますが、当然提案手法のメリットはこれだけではありません。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

P2Pの専門知識ゼロから独自DHTを実装評価するまでの学習方法と参考資料まとめ このエントリーを含むはてなブックマーク

P2P、特にDHTの前提知識が無い状態から、オリジナルDHTアルゴリズムを実装・評価できるようになるまでの学習方法と参考資料をまとめました。

基本的なアルゴリズムの仕組みから、実装評価に用いるツールキットの使い方までを短期間で学習することが出来ます。

P2Pに関する卒論を書こうと思っている人」や「P2Pアプリケーションの開発前に、アルゴリズムをテストしたい人」、「なんとなくP2Pアルゴリズムに興味が出た人」などにぴったりだと思います。また、研究室での後輩教育用資料にするのも良いと思います。実際に使いましたし。

ここで紹介する資料一覧は以下の通りです。

大部分がこのブログの記事です。記事一覧が無かったので、学習の流れを新たに書き、その参考資料としてまとめました。まず学習の流れの概要を紹介し、その次に学習の各ステップで一覧に示した資料がどう役立つかを説明します。

DHT | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

過去10年間のComputer Science系論文で被引用数トップ10を作ってみた このエントリーを含むはてなブックマーク

2000年以降の論文に限定して、 CS系論文の被引用数ランキングを作って分析してみた

この作業を通じて予想以上に得るものがあった。

研究 | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集

IEEE P2P 2011 で発表してきました このエントリーを含むはてなブックマーク

IEEE International Conference on Peer-to-Peer Computing (IEEE P2P'11)にて、「Flexible Routing Tables: Designing Routing Algorithms for Overlays Based on a Total Order on a Routing Table Set」というタイトルでフルペーパー発表、「A 3D Visualization System for Structured Overlays」というタイトルでデモ発表をしてきました。

P2P | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。