情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

レポジトリのURL変更に伴うSubversiveの設定変更方法メモ このエントリーを含むはてなブックマーク

Subversionサーバの変更に伴うアドレス変更

さくらのVPSにUbuntu 10.04 64bitをインストールしてSSHで接続するまでのメモ」においてさくらのVPSにSubversionサーバを移行しました。つまり、URLが変わってしまったわけで、Eclipse側(Subversive)の設定変更が必要になりました。

Subclipseの設定変更

今回はSubclipseじゃなくてSubversiveの話です。

ただURLが変わっただけで、レポジトリもコピーしただけなので、単純にURLを変えたいのですが、こういう場合に、どこを変更すればいいのかというと、プロジェクトエクスプローラではなくて「SVNリポジトリー」ウィンドウです。

変更したいレポジトリを右クリックして「ロケーションプロパティ」をクリックします。すると、URLの設定などが改めて行えます。

まとめ

プロジェクトエクスプローラからそのプロジェクトだけ変更みたいなことは出来ないようです。

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
実用 Subversion 第2版
入門Subversion―Windows/Linux対応

スポンサーサイト
Subversion | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

GitインストールからEclipse (EGit)からのCommit / Pushまでメモ このエントリーを含むはてなブックマーク

概要

Gitインストール→サーバ側のレポジトリ作成→EGitインストール→既存プロジェクトをローカルのGitレポジトリに→Addしてローカルにコミット→サーバ側のレポジトリに(公開鍵を利用した)ssh越しにPush

基本的にはEgitのUser's Guide(英語)がベースになっています。

ソフトウェア | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

TeXlipseがマクロを正しくParseしてくれない問題について このエントリーを含むはてなブックマーク

直前の記事「Eclipse+TeXlipseインストール・設定・使い方メモ」で、インストールしたTeXlipseですが、とあるバグが原因で結局利用を諦めました、という記事。回避方法があれば知りたいです。

マクロを正しくパースできない

ためしに使ってみたテンプレートには、

\def\|{\verb|}

というマクロが含まれており、本文中で大量に利用されていました。「\verb||」は、二つの「|」で挟まれた中身をそのまま出力することを表します。そしてこのマクロは、「\verb||」と入力しないといけないのを「\||」で済むようにするためのものです。つまりこれは、「\|」を「\verb|」で置き換えるマクロです

しかし、TeXlipseは、「\def\|{\verb|」までの時点で、次の文字が\verbの途中であると判断し、右側の「|」を待ってしまい、次に来る「}」を\defの終わりであると認識してくれません。これにより、以降の文章がすべて\verbの中身と判定されてしまい、大量のErrorが表示され、コンパイルできません。

TeXlipse-Bug 左の括弧と右の括弧の表示が異なり、対応を認識できていないことが分かる

まとめ

このマクロが数回呼び出されている程度ならいいのですが、かなり大量に利用されているため、TeXlipseの利用を諦める原因となりました。これが解消されれば、Subversionによるバージョン管理などがエディタと一体で簡単にできると思っていたので残念です。対処法や、問題に対する認識の間違いがあればコメントよろしくお願いします。

TeX | コメント:4 | トラックバック:0 | 編集

Eclipse+TeXlipseインストール・設定・使い方メモ このエントリーを含むはてなブックマーク

EclipseでTeX文書を作成するためのプラグインTeXlipseのインストールを行ったときのメモを残しておきます。

前提条件

利用したPCはWindows 7 64bitで、TeXインストーラ3でTeX一式を一括インストール済みであるとします。また、TeXファイルで利用する文字コードを「MS932(Windows標準)」とします。

ここでの作業はTeX WikiのTeXlipseのページを参考に作業を行った時のメモです。

TeXlipseインストール

「help>Install New Software...」を開き、「Add...」をクリックします。そして、Nameに「TeXlipse」、Locationに「http://texlipse.sourceforge.net」と入力してOKを押します。

少し待ってNameの列にTeXlipseが表示されたら、チェックを入れて「Next」を押し、次のページでも「Next」を押します。次の画面で「I accept the terms of the license agreement」にチェックを入れて「Finish」を押します。

Security Warningが表示されたらOKを押し、「You will need to restart Eclipse...」が表示されたら「Restart Now」を押して再起動が行われ、TeXlipseのインストールが完了です。

TeXlipseの設定

Preference...>General>Content Types>Content types:>LaTeX File」を選択します。Defaultencoding:に「MS932」と入力して「Update」を押します。

引き続き「PreferenceのTexlipse>Builder Settings」の設定を行います。 それぞれの項目を選択して、「Edit」ボタンから編集します。

  • Latex program
    • Program file:C:\w32tex\bin\platex.exe
    • Arguments:-kanji=sjis -interaction=nonstopmode --src-specials %input
  • Bibtex program
    • Program file:C:\w32tex\bin\pbibtex.exe
    • Arguments:-kanji=sjis %input
  • Makeindex program
    • Program file:C:\w32tex\bin\mendex.exe
    • Arguments:-S -s %style %input
  • Dvips program
    • Program file:C:\w32tex\bin\dvips.exe
    • Arguments:-Ppdf -o %output %input
  • Dvipdf program
    • Program file:C:\w32tex\bin\dvipdfmx.exe
    • Arguments:%input
  • Ps2pdf program
    • Program file:C:\gs\gs9.00\lib\ps2pdf.bat
    • Arguments:%input
  • Makeindex program (nomencl)
    • Program file:C:\w32tex\bin\mendex.exe
    • Arguments:-S %input -s nomencl.ist -o %output

「Output external program messages to console while building」にチェックが入っていることを確認してApplyを押して変更を適用します。

Texlipse>Viewer Settings」で、「acroread()」を選択してから「Edit...」を押して、

  • Viewer command: C:\Program Files (x86)\Adobe\Reader 9.0\Reader\AcroRd32.exe
  • DDE message to send on view
    • Server:acroviewR10
  • DDE message to send before rebuild
    • Server:acroviewR10

と設定を変更し、Upを複数回押して優先度を一番上にします。

gv()」を選択してから「Edit...」を押して、

  • Viewer command: C:\Program Files (x86)\Ghostgum\gsview\gsview32.exe

と設定を変更し、Upを複数回押して優先度を上から二番目に。

「New...」を押して、

  • Viewer name: dviout
  • Viewer command:C:\w32tex\dviout\dviout.exe
  • Viewer arguments:-1 %file
  • Viewer input file format:dvi

と設定を行ってから「OK」を押します。Upを複数回押して優先度を上から三番目にします。

忘れずに「Apply」を押して設定を適用します。

Texlipse>Builder Settings>Latex Temp Files」で「New...」を押して、「.bmc」と入力してOKを押します。ここでも忘れずに「Apply」を押します。

これで設定終了なので、「OK」を押して設定画面を閉じます。

使い方(プロジェクト作成)

File>New>Project...」を選択します。「Texlipse>LaTeX Project」を戦tかうして「Next」を押します。

Create a LaTeX Projectウィザードが表示されたら、次のように入力します。

  • Projct name:(プロジェクト名を入力。印字されるわけではないので、文書自体を識別するための名前を付けてください(例:IPSJ))
  • Create project in workspaceを選択
  • Output Format:pdf
  • Build commands:latex.exe+dvipdfm.exe

そして「Next」を押します。

プロジェクト構造では、次のようにします。

  • Output directory:(空欄)
  • Project Output File:(最終的に出力されるファイル名を入力してください(例:IPSJ.pdf))
  • Source directory:
  • Main .tex File:(.texファイルの名前を設定します(例:IPSJ.tex))
  • Temporary files directory:tmp

そして「Finish」を押すと、プロジェクトが作成されます。

Open Associated Perspective?と表示されたら「Yes」としておくと良いでしょう。

続いて、目的に応じて学会などで配布されているLaTeXテンプレート(Shift_JIS、Windows、DOS)や、卒論用のテンプレートなどを設置します。テンプレートファイルの中から、.texや.styや.clsがあるファイルたちをプロジェクトエクスプローラの.texと同じフォルダに配置します(コピーアンドペーストで可能)。

プロジェクトを右クリックして「Properties」から「Latex Project Properties」を開きます。「Main TeX File」をコンパイルしたい対象の.texファイルのファイル名にしたり、「Output File」を出力したいファイル名にします。

使い方(コンパイル)

基本的に、.texファイルを保存するたびにコンパイルされます。なので、特別な操作は必要ありません。

手動でコンパイルしたい場合は、「Project>Build Automatically」をオフにして、「Project>Build All」を利用します。

LaTeX2ε美文書作成入門
独習 LaTeX2ε
LATEXはじめの一歩―Windows Vista/XP対応

TeX | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Overlay Weaverの使い方(2) ログから経路情報を読み取る方法編 このエントリーを含むはてなブックマーク

Overlay Weaver の使い方」では、Overlay Weaverをエミュレーションモードでシナリオを読み込ませて動作させる手順を紹介しました。今回は、その結果得られたログを読んで、どのようなルーティングが行われたかについて分析する方法を紹介します。経路長の測定も、この記事のようにして行えます。

DHT | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。