情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

BIND導入記04 設定ファイル編 後編 このエントリーを含むはてなブックマーク

前回に引き続き、設定ファイルを作成していきます。

ゾーン定義ファイル作成

まず、

/var/named/chroot/etc/named.example.zone
を作成します。内容は、DDNSで取得したアドレスをexample.netとすると、
zone "example.net" {
        type master;
        file "example.net.db";
        allow-update { none; };
};

zone "1.168.192.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "1.168.192.in-addr.arpa.db";
        allow-update { none; };
};
となります。 ここでのポイントは、example.netと結びつけたいプライベートアドレスを192.168.1.21としたときに、この設定ファイル中で「file "21.1.168.192.in-addr.arpa"」などにしないことです。21はいりません。

ゾーンデータベース作成

いよいよ、DNSらしく、アドレス変換テーブルを作成します。今回作成するのは、正引き用・逆引き用の2種類です。

正引き用データベース

とりあえず、

/var/named/chroot/var/named/example.net.db
に、以下のような内容でファイルを作成してください。これは、DDNSで取得したexample.netというアドレスを、192.168.1.21というアドレスに結びつける場合です。
$TTL 86400
@       IN      SOA     example.net.    root.example.net. (
                                2009010701
                                28800
                                14400
                                3600000
                                86400 )
        IN      NS      example.net.
@       IN      A       192.168.1.21
ポイントですが、まず$TTLの項目を忘れないこと。また、現在あるSOA,NS,Aはどれも必須です。こう見えて最低限です。確実にすべて入力してください。また、何カ所かよくわからない数字があると思いますが、2009010701が2009年01月07日01番目という意味であることをのぞき、そのままの数値にしてください。また、2009010701という数字は、このファイルの更新のたびに増加するようにしてください。

注意点として、example.net.は、netの後にドットが付いています。その他のアドレスにもドットが付いています。必要だったか忘れましたが、付ける方が正式なので付けておいてください。また、root.example.net.は、何かあったときに通知がいくメールアドレスで、root.example.netは、@をドットに置き換えたメールアドレスとなっています。

逆引き用データベース

正引き用と同じように、

/var/named/chroot/var/named/1.168.192.in-addr.arpa.db
に、以下のような内容で設定ファイルを作成してください。
$TTL    86400
@       IN      SOA     example.net.    root.example.net. (
                                2009010701
                                28800
                                14400
                                3600000
                                86400 )
        IN      NS      example.net.
21      IN      PTR     example.net.
正引き用との違いに注意して作成してください。「21」の部分は、「192.168.1.21」の「21」を示しています。また、正引きの時のAレコードの代わりにPTRレコードとなっています。その他は正引き用と一緒です。

次回

次回は、いよいよBINDの起動・実行についてです。

BIND9によるDNSサーバ構築
DNS & BINDクックブック―ネームサーバ管理者のためのレシピ集
DNS & BIND 第5版

スポンサーサイト
BIND | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

DynamicDNSなしに自宅サーバにアクセスする このエントリーを含むはてなブックマーク

ダイナミックDNSなしに自宅サーバにアクセスするためには、自宅のIPアドレスさえ分かればいいのですが、家のPCでGmailの画面をブラウザで表示させておくと、外出先でGmailにログインしたとき、Gmailの画面の最下部に

他1カ所からこのアカウントへのアクセスがあります (IP xxx.xxx.xxx.xxx)。
と表示され、自宅のIPアドレスが分かります。そのIPアドレスを使えばいいわけです。

そんなこと分かっても仕方ないんですけど、DDNSがこけて困ったときに、たまたま自宅のPCでGmailが表示されっぱなしになっていれば・・・とかそんなときに使える・・・かもしれません。

ウェブサービス | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

DynDNS再登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

DynDNSの登録が無効になって放置していたので再登録しました。

DynDNSアカウントの失効

DynDNSはDDNS(Dynamic DNS)サービスの中でもサービスが安定しているらしく、有名かつ人気があります。

DynDNSは、30日アカウントを放置しておくと無効になってしまいます。アカウントが失効する5日前には、以下のようなメールが届きます

DynDNS Account Expiration Warning

Your account xxxxxx at DynDNS.com is due to expire in 5 days.

DynDNS expires accounts that have no activity during a 30 day period.

You can purchase an Account Upgrade to prevent your hosts from expiring
every 30 days:
https://www.dyndns.com/+upgrades/add.html

Account Upgrades also give you more hosts, a higher abuse threshold,
additional domain names, and telephone support and additional other
special DynDNS.com features.

You'll find more info at:
https://www.dyndns.com/services/upgrades/

If you wish to allow your account to expire, simply do nothing. We will not
send you any future messages but we regret seeing you go. If you do have
any parting comments, please let us know.

You can also use this link to prevent expiration:
https://www.dyndns.com/account/confirm/xxxxxxxxxxxxxxxx

Sincerely,
The DynDNS Team
今回は、これを放置したおかげでアカウントが失効してしまったわけです。

アカウント再取得

いざアカウントを再び作成しようとしても、失敗しました。というのも、一度無効になったアカウント名はもう使えないようなのです。新規登録しようにも、すでに登録されていると表示されてしまいます。

ということで、別にアカウント名を考えて、新規登録しました。

普通にDDNSを利用した自宅サーバを構築する分には、アカウントを作成後にログインし、「Add Host Services」からホストを追加すればOKです。要求される設定は、

Hostname: 新しく登録したいアドレス。登録というより、作成。
Wildcard Status: 有料サービス前は無料だったようなこれを有効にすると、www.などをHostnameの先頭に追加しても同じIPアドレスを返すようになります。
IP Address: Hostnameに結びつけたいIPアドレス。すぐ下に表示されているxxx.xxx.xxx.xxxを指定すれば普通OK。
TTL: DNSキャッシュを保持しておく時間。そのままでOK。 Mail Routing: MXレコードの設定をしたい場合はここで設定する。とりあえずそのままでOK。
のようにすれば大丈夫です。設定後、ページを進めていって、activateすれば完了。

一度無効になったアカウント名は使えなかったけど、そのアカウントで登録していたHostnameは再取得できました失効している間に他の人が同じアカウント名で登録していた可能性は否定できませんけど

CentOS入門 -Linux・サーバ構築徹底活用
すっきりわかった!DNS&メール (NETWORK MAGAZINE BOOKS)
DNS & BIND 第5版

ウェブサービス | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。