情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

UbuntuのVMware用仮想マシンでrootから端末で日本語入力がうまくいかない このエントリーを含むはてなブックマーク

Ubuntuの日本語ページで公式に配布しているVMware用仮想マシンをインストールすると、rootユーザのパスワードが未設定であるため、

$sudo passwd root

を一般ユーザから実行して、パスワードを設定しなければ、rootでのログインや、suができません。

本題はここから。

このようにして、rootでログインしてから端末(コンソール)でパスに日本語名(たとえば「デスクトップ」)を入力してみると、漢字変換を確定した瞬間に入力内容が消えたり、逆に大量の文字が入力されたり等、困った動作をします。

いろいろチェックしてみた結果、これは端末の文字コードや、SCIMの設定が間違っているわけではなく(端末上で、右クリック、一番下の「入力メソッド」でSCIM Input Methodを選んでみても解決されない)、環境変数の問題でした。

一般ユーザで

$ echo $LANG

を実行すると、「ja_JP.UTF-8」と表示されますが、rootユーザでは、「C」と表示されます。この環境変数LANGを、一般ユーザと同じにすれば、問題が解決されました。

修正方法は、「/root/.profile」の下のほうにある「LANG=C」を

LANG=ja_JP.UTF-8」

とするだけです。このあと、ログインをし直せば、この環境変数が適用されて、端末に正しく日本語が入力できるようになります。

スポンサーサイト
Linux | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

eclipseでコードが見やすいフォントを探してみた このエントリーを含むはてなブックマーク

なんだかプログラムを書くときに、コードのフォントがしっくりこなかったり、色がしっくりこないってことありますよね。

VMware上のゲストOSをFedoraからUbuntuに変更して、なんかUbuntuでデフォルト固定幅フォント(等幅フォント)であるMonospaceが微妙だったので、ほかのフォントをいろいろ試してみました。

その結果、きれいでなんか見やすいなーと思えたのが「DejaVu Sans Mono」フォント。標準の文字スタイルがBookなので、フォントを選択した結果「DejaVu Sans Mono Book」と表示されます。

ということで、おすすめのフォントはDejaVu Sans Mono Book

で、ちょっと調べてみたら、Fedoraでは、このフォントがMonospaceとして利用されて居るみたい。つまり、このまえまで使っていたフォントに戻っただけだったらしい。でも、やっぱりこのフォントが見やすいと思います。

実践 デバッグ技法 ―GDB、DDD、Eclipseによるデバッギング
Eclipse3ではじめるJavaプログラミング入門―Eclipse Ganymede対応
Eclipse パーフェクトマニュアルベストセレクション
Eclipse 3.4完全攻略

Linux | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。