情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

System.Data.SQLiteをLINQ to SQLで利用しよう(失敗編) このエントリーを含むはてなブックマーク

今回は、失敗の記録です。失敗の記録も、失敗としてここにメモしておきます。

やりたかったのは、System.Data.SQLiteで扱っているデータベースを、LINQを使って扱えるようにすることです。 以下、今回行って手順を、失敗するまで紹介します。

1.データベース作成

とりあえず、LINQを使わず、地道にC#からSQLを実行するなりして、SQLiteデータベースファイルを作成する。

2.サーバエクスプローラにデータベースを追加

サーバエクスプローラのデータ接続を右クリックして、接続の追加(A)..から、手順1で作成したデータベースファイルを追加する。

3..LINQ to SQLクラスの追加

ソリューションエクスプローラ上で、プロジェクトを右クリックして、「追加(D)>新しい項目(W)」から、「LINQ to SQL クラス」を追加します。すると、*.dbmlファイルが作成されます。.dbmlファイルを元に、LINQ to SQLで利用するクラス群が生成されます

4.GUIで.dbmlファイルを自動作成する

「オブジェクト リレーショナル デザイナを使用すると、コードのデータ クラスをグラフィックスで表示できます。 データ クラスを作成するには、項目を サーバ エクスプローラ または ツールボックス からこのデザインサーフェイスにドラッグします。」と表示されているところへ、手順2で追加したデータベースのTablesの中から、LINQ to SQLで接続したいテーブルをドラッグアンドドロップします。

5.エラーメッセージ→失敗

「選択されたオブジェクトにはサポート外のデータ プロバイダが使用されています。」と表示されてしまいました。失敗です。

失敗してしまったわけですが

LINQ to SQLを利用したかったのですが、残念ながら失敗してしまいました。LINQと同様の機能を持つ、ADO.NET Entity Frameworkを本当は利用したいのですが、情報が少なく、なかなか利用する気になれません。ということで、とりあえずあきらめ、現状で我慢します。

.NET開発テクノロジ入門~.NETの基礎からクラウドテクノロジ Windows Azureまで
プログラミングMicrosoft ADO.NET2.0
プログラミングMicrosoft ASP.NET 3.5

スポンサーサイト
データベース | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。