情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

PuTTYのおすすめ配色デモ このエントリーを含むはてなブックマーク

PuTTY-ColorDemo0.png

↑左がデフォルト配色、右下が今回紹介するおすすめ配色の表示例です

PuTTYのおすすめ配色について

PuTTYのおすすめ配色についての記事です。 PuTTYは、Windowsからtelnet/sshを利用して主にLinuxサーバへ接続するためのアプリケーションです。便利で非常によく使っています。しかし、デフォルトの配色が非常に見にくいのが問題でした。

そこで、自分で配色を作成し、今までそのおすすめ配色についていくつか記事を書いていたのですが、画像がありませんでした。画像を作ったので載せておきます。

今回紹介するおすすめ配色については「PuTTYの配色を見やすくした」に説明があります。この配色はMicrosoft Office 2007の配色をベースに手を加えて作成しました。

また、おすすめ配色に設定する方法(レジストリファイル)は、「見やすくしたPuTTYの配色設定ファイルの中身を公開」にあります。記事に従えば、手元の環境で簡単におすすめ配色が再現されるはずです。

以下、おすすめ配色の表示結果をどうぞ。デフォルトと比較しつつ見てみてください。特に、デフォルトのANSI青(水色ではない)に注目です。

デフォルト(ls /bin/)

PuTTY-ColorDemo1.png

おすすめ配色(ls /bin/)

PuTTY-ColorDemo2.png

デフォルト(vim /etc/screenrc その1)

PuTTY-ColorDemo3.png

おすすめ配色(ls /etc/screenrc その1)

PuTTY-ColorDemo4.png

デフォルト(vim /etc/screenrc その2)

PuTTY-ColorDemo5.png

おすすめ配色(vim /etc/screenrc その2)

PuTTY-ColorDemo6.png

配色大事

いざ、PuTTYを使ってみて、すぐに配色があまりにも見にくすぎることに気がつくのですが、実際に手で変更するのは難しくて面倒です。フォントの変更は簡単で、言及も多いのですが、PuTTY自体の配色を変えるのはなかなか面倒で、これがおすすめという数値やレジストリファイルはなかなかありません。そこで、自分で配色を作成したのが今回紹介したPuTTY用おすすめ配色です。

今回はPuTTY用としましたが、配色自体は他のターミナルエミュレータ、もしくはその他の文字表示を行うアプリケーションにも利用可能と思いますので、もし気に入っていただけたら使ってみてください。それと、青色だけとか、特定の色だけ使うのも良いかもしれません。

入門csh & tcsh
詳解 シェルスクリプト
入門bash
bashクックブック
From Bash to Z Shell
zsh最強シェル入門

スポンサーサイト
Linux | コメント:0 | トラックバック:1 | 編集

見やすくしたPuTTYの配色設定ファイルの中身を公開 このエントリーを含むはてなブックマーク

PuTTYのデフォルト配色は見にくすぎる

puttyの黒字に青い文字が絶望的に見にくいということは、「PuTTYの配色を見やすくした」で紹介しました。そして、おすすめの見やすい配色もRGBで公開したのですが、正直言って設定するのは大変です。そこで今回、簡単に設定できるように、その配色にした設定ファイルを公開し、簡単に導入できるようにしました

見やすくしたときの表示結果

変更後の見た目は「PuTTYのおすすめ配色デモ」に掲載してあります。

配色のRGB値(設定内容詳細)

また、RGB値は「PuTTYの配色を見やすくした」に掲載してあります。

Linux | コメント:0 | トラックバック:1 | 編集

PuTTYの配色を見やすくした このエントリーを含むはてなブックマーク

PuTTYのコンソール画面の配色があまりに見にくいので、PowerPointの配色テーマであるOffice配色を参考にし、落ち着いた配色に変更した。

追記:配色見本画像を用意しました→「PuTTYのおすすめ配色デモ

Linux | コメント:0 | トラックバック:1 | 編集

Visual Studio 2008 を Eclipseライクなフォント・配色にしてみる このエントリーを含むはてなブックマーク

Visual Studio 2008フォント配色がいまいち見にくい。

そう思うのは、おそらくJavaで利用していたEclipseの外観に見慣れていたからに違いないということで、Visual Studio のフォント配色を変更して、Eclipseライクにしようというのが今回の目標です。

では、実際にどうやったかというと、

設定はすべて「ツール(T)>オプション...(O)」から呼び出したオブション画面中の「環境>フォントおよび色」で行います。

まず、フォントについてです。「フォントおよび色」の画面を表示した状態で、「フォント」を「Courier New」にします。これだけで、ものすごくEclipseっぽくなります。

配色完全に同じにということは設定の種類による制限上不可能なのですが、その制限の中で見やすくしてみた結果を書いてみます。


以下、設定の上から順、C#向けです。(※カスタム(63,95,191)という表記は、色の選択でカスタムから色の作成を選んで、赤63,緑95,青191にするという意味です。)


  • XML ドキュメント コメント → 前景色:カスタム(63,95,191)

  • XML ドキュメント タグ → 前景色:カスタム(127,159,191),太字

  • キーワード → 前景色:カスタム(127,0,85),太字

  • コメント → 前景色:カスタム(63,127,95)

  • コンパイル エラー → 前景色:赤

  • ユーザー キーワード → 前景色:自動

  • ユーザー タイプ → 前景色:カスタム(0,0,192),太字

  • ユーザー タイプ(インターフェース) → 前景色:自動

  • ユーザー タイプ(デリゲート) → 前景色:自動

  • ユーザー タイプ(値の型) → 前景色:自動

  • ユーザー タイプ(列挙型) → 前景色:自動

  • 文字列 → 前景色:カスタム(0,0,192)

  • 文字列(C# @ Verbatim) → 前景色:カスタム(0,0,192)



以上です。

これで、あとは自分好みに変更してみてください
C# | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。