情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

Eclipseが不安定になったり起動できなくなる問題について このエントリーを含むはてなブックマーク

eclipseが不安定の原因

今回、Eclipseが非常に不安定になり、起動してすぐ応答無しになってしまうこともあり、使い物にならなくなってしまいました。今では解決しましたが、そのときの解決方法と、「現時点で解決されたのかどうか、はたまた未解決なのか」をメモしておきます。

問題

問題が発生した環境は、Windows 7 64bit、Java SE Runtime Environment build 1.6.0_21-b06 64bit(JRE 6u21)、Eclipse 3.6 Helios(64bit)です。

対策

対策は、「Windows 7 x64 への Eclipse Helios のインストール」を参考に、eclipse.iniファイルに

--launcher.XXMaxPermSize
256M

を加えただけです。変更後のeclipse.iniはこんな感じ。

-startup
plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.1.0.v20100507.jar
--launcher.library
plugins/org.eclipse.equinox.launcher.win32.win32.x86_64_1.1.0.v20100503
-product
org.eclipse.epp.package.java.product
--launcher.defaultAction
openFile
-showsplash
org.eclipse.platform
--launcher.XXMaxPermSize
256m
--launcher.defaultAction
openFile
-vmargs
-XX:MaxPermSize=256m
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5
-Xms40m
-Xmx384m

これだけで、無事解決できました。

現在は?

ここまでは、作業履歴のようなもので、これからJREとEclipseをインストールする人がどうするべきかのほうが大事です。そして、Eclipseのサイトに、次のような記述がありました。

UPDATE: The latest JDK/JRE downloads have fixed this problem, so the reecommended way to resolve the problem is to download and re-install from http://www.java.com (alternative link is http://java.sun.com/javase/downloads/index.jsp). Make sure you have b07 or higher by running java -version
(FAQ How do I run Eclipse? Oracle/Sun VM 1.6.0_21 on Windows より)

つまり、現在新しくJRE(JDK)をダウンロードしてインストールする分にはこの問題は発生しないようです。そのため、少なくともこの問題を回避するためにJRE 6u20をインストーする必要はもうなさそうです。以上、メモ終わり。

Eclipseで学ぶはじめてのJava
Eclipse PDTではじめるPHPプログラミング入門
Eclipse 3.4 プラグイン開発 徹底攻略

スポンサーサイト
Eclipse | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

firefoxでの自分のクラッシュレポートを見る方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

事の発端

Firefox高速化テクニック8というマイコミジャーナルさんの記事を参考に設定を書き換え、再起動したら、起動しなくなってしまいました。pref.js(マイコミジャーナルのページではpref.jp)のバックアップをとっていなかったので非常に焦る。そして、変更箇所と思われる部分を元に戻しても変化なし。

変更した設定

変更したのは、

content.notify.backoffcount追加
nglayout.initialpaint.delay追加
の2つ。

問題発生

変更後、再起動してみると、あら不思議。設定を変更したせいなのか何なのか、なぜか

Mozilla クラッシュレポータ

ご迷惑をおかけして申し訳ありません

Firefoxの動作に問題が発生し、不正終了してしまいました。再起動時には以前表示していたタブやウィンドウを可能な限り復元します。(以下略)

がすぐに表示されて、一切起動しなくなってしまいました。

試行錯誤

試行錯誤してみても効果なし。以下、今度使えるかもしれないヒントを掲載。

  • firefox.exeの場所
    "C:\Program Files\Mozilla Firefox"
  • about:configの設定の保存場所
    "C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default\pref.js"
  • 設定ファイルを指定しているiniファイルの場所
    "C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\profiles.ini"
  • クラッシュレポートに関するディレクトリ
    "C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Crash Reports"

クラッシュレポート送信

何度やってもだめで、なんどもクラッシュレポート送信画面に遭遇していたのですが、なんとなく送信をしてみました。「問題を解決できるようにMozillaにレポートを送信する」にチェックを入れるだけです。

すると、なんとなくクラッシュレポートフォルダを見つけていたので、気になって中をのぞいてみることに、すると、「C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Crash Reports\submitted」フォルダに、bpで始まるテキストファイルが。

中をのぞいてみると、なんと、ファイル名そのままがクラッシュ IDとして保存されているだけ。

クラッシュIDとは何なのか

クラッシュIDのことなど忘れた頃に、Firefox crashes when you open itという、ページを発見。そこの下の方を見ると、

http://crash-stats.mozilla.com/report/index/<your crash ID here>
だそうな。つまり、your crash ID hereのところにbp以降の番号(277ca492-ef87-40ea-b667-051b437f2b78みたいなの)を入力すればクラッシュレポートが閲覧できるそうなのです。

クラッシュレポートを読んでみる

実際にやってみると、クラッシュ時の詳細な情報が。たとえば、コールスタックのリンクをクリックすれば、ソースコードに飛べたりします。

コールスタックは、残念ながらぴんとこなかったのですが、

Crash Reason EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION
と、書かれていたので、ファイルを書き換えるときに、ファイルがロックされたままになったりしているのかと思ってPCを再起動してみることに。

解決

すると、あっけなく起動しました。あの苦労は何だったのか。

しかし、自分のクラッシュレポートを見ることができるということが分かってよかったです。

ソフトウェア | コメント:1 | トラックバック:0 | 編集

Fedora 10 に VMware Tools を導入したら起動しなくなった(前編) このエントリーを含むはてなブックマーク

VMware上のFedora 10 でプログラミングをしていました。

ホストOSとの間でファイルを便利に共有したり、クリップボードを共有したりするために、VMware Toolwをインストールすることに。実は、Fedora 10 の 64bitで一度失敗していたのですが、今回は32bitなので、うまくいくだろうと軽い気持ちでインストール。

めでたく起動しなくなりました。。。

今回のテーマというか、目標は、この起動しなくなったVMware上のゲストOS Fedora 10 (i386)から、自分で作ったプログラムのソースコードを救出することです。つまり、起動しなくなったゲストOSのインストールされていたHDDイメージファイル(.vmdkファイル)から、データを取り出すということです。

1. .vmdkファイルって何?

私も、こんな拡張子のファイルのことなど知りませんでしたが、ようするにVMwareがゲストOS上で利用するHDDの実体。つまり、データやら、プログラムやらが格納されているファイルです。今回は、この中からファイルを吸い出したいということです。

2. 起動しなくなったHDDイメージをマウントするため、あらたなゲストOSを用意する。

この、.vmdkファイルですが、あくまでVMware用のファイルなので、VMwareで利用することが前提となります。というわけで、起動しなくなったOSとは別に、ゲストOSを用意します。今回利用したのは、Ubuntuです

なぜUbuntuかというと、VMware用仮想マシンを本家が提供しているから。つまり、すぐ利用できるということ。今回は、「ubuntu-ja-8.04-vmware-i386.zip」をダウンロードして利用しました。

3. UbuntuをゲストOSとして起動する

VMware Serverの場合(VMware Playerでもたいして変わらないはず)、「File>Open...」で、「Open Virtual Machine」ダイアログを表示し、「Browse...」から先ほどダウンロードしたzipを解凍した中にある「Ubuntu.vmx」を選択し、VMwareに認識させます。

で、続いて、対象の.vmdkファイル(私の場合はOther Linux 2.6.x kernel-000001.vmdk)をUbuntuが起動したときにHDDとして認識するように設定します。

「VM>Settings...」から、「Virtual Machine Settings」を表示させ、Hardwareタブの左下の「Add...」をクリック(OSが起動中だとグレーアウト)。あとは、ダイアログに従って、Hard Diskを追加し、.vmdkを利用するように選択し、実際に認識させたい.vmdkファイルを指定してください。

UbuntuをVMware上で起動させます。ログイン名とパスワードなど、ほんの少しの設定をしたら導入完了です。ちなみに、rootパスワードが未設定なので、「su -」を利用してrootユーザになりたい人は、「$sudo passwd root」でパスワードを新規に設定してください。

4. あとはUbuntu上でマウントするだけ(ここでは、失敗します)

追加で認識させたHDD(.vmdk)ファイルは、/dev/sdbとして、認識されています。

#mount /dev/sdb1 /mnt

で、/mntディレクトリへ素早くマウント。しかし、sdb1はブートディレクトリ(/boot)なので、救出したいデータはありません。マウントすべきは/dev/sdb2です。

#mount /dev/sdb2 /mnt

としてみると、

mount: unknown filesystem type 'LVM2_member'

と表示され、マウントに失敗します。

5. 困った!

マウントできない。LVM2_memberって何だろう。ファイルを救出したい!

解決編となる後編は次の記事です。

VMware | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。