情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

休止状態から復帰できなかった このエントリーを含むはてなブックマーク

休止状態から復帰しようとしたら、

LogonUI.exe - エントリポイントが見つかりません

プロシージャ エントリ ポイント SedScrollPos がダイナミック リンク ライブラリ USER32.dllから見つかりませんでした。

と表示されてしまい、何度繰り返しても解決せず。休止状態に入る前にメモリの中身が壊れていたとか、HDD(SSD)に退避するときに壊れたとかなのだろうか。

休止状態からの復帰を諦めて、通常起動したら普通に動作したのでいちよ解決。教訓は、休止状態に入るときであっても、ちゃんとデータは保存しておきましょうということ。

Windowsダンプの極意 エラーが発生したら、まずダンプ解析!
Advanced Windows 第5版 上 (マイクロソフト公式解説書)
インサイド Microsoft Windows 第4版〈上〉 (マイクロソフト公式解説書)
APIで学ぶWindows徹底理解

スポンサーサイト
Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ML115 G5 「No bootable partiton in table」対策メモ このエントリーを含むはてなブックマーク

本当に些細なことだけどメモ。ML115G5で再起動したら

No bootable partiton in table

と表示されて起動できなくなった。問題は簡単で、刺しっぱなしになっていたUSBフラッシュメモリが、BIOSでHard Disk Drivesとして認識されて、なぜかHDDより優先度が高くなり、Hard Disk Drivesの中で1つしかBoot対象に入れないから、必然的に本来OSがインストールされているHDDがそのBoot対象から押し出されてしまい、OSが見つからず起動できなかったと。

つまり、対策としては、USBフラッシュメモリを抜くか、BIOSで設定を変更すればOK。本当にHDDが故障したと早とちりしないように。

それにしても、「partiton」はただのスペルミスなのか。なぜ「partition」じゃないのか。

Ubuntuスタートアップバイブル
大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ
図解でわかる Linuxサーバ構築・設定のすべて

Linux | コメント:2 | トラックバック:0 | 編集

Windows Virtual PC で仮想マシンが起動できないエラー対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

仮想マシンが起動できない

Windows VistaからWindows 7に乗り換えたことに伴い、Virtual PC 2007の代わりにWindows Virtual PCをインストールしました。

そして、Virtual PC 2007で作成した仮想マシンの「.vmc」ファイルからOSを起動しようとしたところ、次のようなエラーが発生しました。

仮想マシンを登録できません。

仮想マシンの構成を追加できませんでした。休止状態にはインストールされているバージョンの Windows Virtual PC との互換性がありません

つまり、Virtual PC 2007で作成したマシンを休止状態のままWindows Virtual PCに引き継ぐことは出来ないようなのです。要注意です。

とはいえ、もう仕方がないので、とりあえず適当に「.vsv」ファイルの名前を変更して認識しないようにして起動してみたところ、状態は悪化し、次のようなメッセージしか出ないようになってしまいました。

仮想マシンを起動できませんでした。不明なエラーが発生しました。

こうなったら、休止状態などあきらめて、HDD(.vhd)から起動し直せばいいと言うことになります。以下、Windows Virtual PCでの仮想マシンの作り方を紹介します。(ほんの少しはまったので

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

BIND導入記05 起動編 このエントリーを含むはてなブックマーク

前回までに、BINDの設定ファイルを作成し終えました。あとは起動するだけです。

namedの起動

BINDの実態は、「named」というデーモンです。これを起動するためには、

# /etc/rc.d/init.d/named start
を実行すればOKです。
namedを起動中 [OK]
となれば正常起動です。また、OSの起動時に自動的に実行するためには、
# chkconfig named on
とすればOKです。

次回

次回は、動作確認編です。正しく動作しているかを確認します。

BIND9によるDNSサーバ構築
DNS & BINDクックブック―ネームサーバ管理者のためのレシピ集
DNS & BIND 第5版

BIND | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

知らなかったWindows用ショートカット このエントリーを含むはてなブックマーク

WindowsキーがCtrl+Escで代用できることは前から知っていたのですが、 まさか「Shift+F10」がアプリケーションキーになるとは・・・つまり、Shift+F10は、右クリックのショートカットってわけですね。

ショートカットって便利ですよね。というか、ないと困る。

それと、最近知ったのが、Vista限定ですが、 「Windowsキー+数字」というショートカット。これをすると、 クイック起動バーの押した数字番目が起動します。こんなショートカットキーがあったとは!

MCP教科書 Windows Vista (試験番号:70-620) (MCP教科書)

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。