情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

degreeの意味 このエントリーを含むはてなブックマーク

degreeの意味は多い

degree」という単語には、辞書や「degree 意味」などで検索してみると分かるように、ものすごくたくさんの意味があります。つまり、文脈によってたくさんの意味に訳し分ける必要があるわけです。

しかし、とある文章を読んでいるときに出てきた「degree」の意味が辞書に書いてあるどの意味でも当てはまらないことがありました。インターネットで「degree」だけを頼りに検索しても、すぐには見つけられませんでした。そこで、「degree」という単語の意味についてメモします。特に、「degree」は数学が関係する文脈に良く登場します

degreeの定番訳語「次数」

数学的文脈、それに関連して情報科学的文脈では、degreeの訳語として広く「次数」という単語が使われます。しかし、次数自体にたくさんの意味があります。裏を返せば、数学にたとえば私が分からなかったのは次の意味でした。そして、私が分からなかったのは次のグラフ理論におけるdegreeでした。

グラフ理論における「次数

グラフにおける、一つの頂点(ノード)から出ている辺(線)の数を「次数=degree」と言います。有向グラフの場合、その向きによって入次数(indegree)、出次数(outdegree)という言葉も使われます。(c.f. 次数(グラフ理論) Wikipedia)

使われ方はこんな感じ

  • degree(=valency)→次数
  • indegree→入次数
  • outdegree→出次数
  • degree of sequence→次数列
  • degree of sequence problem→次数列問題、与えられた次数列から具体的なグラフを作る問題
  • degree of graph→グラフの次数(グラフの全ノードのdegreeが等しいとき=正則なグラフ)
  • degree sum formula→全ノードの次数の和の半分が辺の総数であるという公式
  • a vertex with degree n→次数nの頂点
  • degree of a vertex→頂点の次数

degreeの訳

「degree of ○○」は次数ではなく「○○度」と訳されることも多いので、「度」という訳語にも注意。degree offreedom→自由度 とか。

スポンサーサイト
英語 | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ReSharper in a nutshell このエントリーを含むはてなブックマーク

英語のメモとかやってみようかと。英語と意味のペアをメモ。

英語

ReSharper in a nutshell
(ReSharperホームページより)

トップページのはじめのところに書いてありました。 この後には、Resharperの簡単な紹介が書かれています。

意味

in a nutshellで、手短に言うとといった意味だそうです。ということで意味は

ReSharperを一言で言うと

となります。

英語 | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。