情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

AutoHotkeyで無変換+数字をファンクションキー(F1-F10)にする方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

AutoHotkeyで修飾キー(Ctrl,Shift,Alt,Win)の状態(^!+#)を取得する関数を作る方法」で作成したget_modifiers関数と、「AutoHotkeyで変数名を組み立てて変数の中身を取得するちょっと不思議な方法」で作成したget_postfix_key関数を利用して、無変換+数字をF1-F10に割り当ててみます

無変換+数字をFキーに割り当てるAutoHotkeyスクリプト(.ahk)

コードは以下の通りです。

~vk1Dsc07B & 1::
~vk1Dsc07B & 2::
~vk1Dsc07B & 3::
~vk1Dsc07B & 4::
~vk1Dsc07B & 5::
~vk1Dsc07B & 6::
~vk1Dsc07B & 7::
~vk1Dsc07B & 8::
~vk1Dsc07B & 9::
~vk1Dsc07B & 0::
	postfix_key := get_postfix_key()
	if postfix_key = 0
		postfix_key := 10
	modifiers := get_modifiers()
	Send, %modifiers%{F%postfix_key%}
	return

get_modifiers() {
	modifiers := ""
	if GetKeyState("Ctrl", "P")
		modifiers = %modifiers%^
	if GetKeyState("Shift", "P")
		modifiers = %modifiers%+
	if GetKeyState("Alt", "P")
		modifiers = %modifiers%!
	if GetKeyState("Win", "P")
		modifiers = %modifiers%`#
	return %modifiers%
}

get_postfix_key()
{
	StringSplit, hotkey_array, A_ThisHotkey, %A_Space%&%A_Space%
	StringTrimLeft, postfix_key, hotkey_array%hotkey_array0%, 0
	Return postfix_key
}

「vk1Dsc07B」は無変換キーを表していますここでは仮想キーコードとスキャンキーを両方書いていますが、片方で良いかもしれないです

get_postfix_key()では、prefixkey(無変換キー)と同時に押したキー(0,1,...,10)を検出しています。これにより、無変換+数字に対して一貫したコードを記述できています。

また、このようなコンビネーションキーを記述した場合、CtrlやShiftを表す^や+などの修飾キーを「::」の前に含めることが出来ないので、get_modifiers()を利用してCtrlやShiftの状態を取得しています。

このようにして、get_postfix_keyとget_modifiersを使用することできれいに「無変換+数字→ファンクションキー」を実現できています。

Windowsダンプの極意 エラーが発生したら、まずダンプ解析!
Advanced Windows 第5版 上 (マイクロソフト公式解説書)
インサイド Microsoft Windows 第4版〈上〉 (マイクロソフト公式解説書)
APIで学ぶWindows徹底理解

スポンサーサイト
AutoHotkey | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。