情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

「言語哲学大全III 意味と様相(下)」の感想・書評・概要 このエントリーを含むはてなブックマーク

言語哲学大全 3 意味と様相 (下) 並列アルゴリズムの動作を検証する方法を学びたいというきっかけから時相論理と様相論理に興味を持ち、ひとまず様相論理に関する名著らしい「言語哲学大全 3 意味と様相 (下)」を読んでみました。感想などを書いておきます。以下、論説文モードで。

感想+書評

本書を読む以前は、「神は存在するのか」のような問題について考える学問が哲学であるとイメージしていた。しかし、それはあくまで古典的な哲学であり、現代の哲学には、はるかに広大な分野が存在することが分かった。哲学に対して同様に感じているのならば、その感じ方は本書を通じて大きく変わると思われる。

あらかじめ断っておくが、本書は様相論理や時相論理の使い方やそれを用いた証明を扱うことが目的ではないし、そもそも数理論理学に分類されさえしないだろう。本書が扱うのは現代の言語哲学である。様相論理はそもそも言語を分析するために生まれた論理であるので、まさに様相論理の源流にあたる学問である。また「現代の」とは主に1900年代後半であり、哲学に対する私のイメージからすれば驚くほど最近のことを対象とする。本書を読み進めることで、そのごくごく最近に様相論理を含めた言語哲学が大きく進歩したことが理解できたと共に、哲学に対するイメージは大きく変化することとなった。

言語哲学の大きな進歩とは、可能世界意味論の登場である。可能世界意味論は、可能性や必然性を表す言葉に意味を与える。そしてこれにより、可能性や必然性を扱う論理である様相論理は大きく発展した。そして現在、様相論理およびその応用である時相論理は、今では計算機科学分野でも応用され、システムの形式的検証に利用されている。本書では、様相論理の誕生から可能世界意味論の登場以前までにわたって、どのように扱われてきたかに触れ、様相論理の抱えていた問題を説明する。そして、可能世界意味論の登場によって、どう問題が解決されたかを詳細に述べ、これが言語哲学においていかに重要な出来事であったかを明らかにする。

また、この可能世界意味論が様相論理に限らず、様々な哲学分野で役に立つ道具であることを述べ、古典的な哲学の解釈にさえ影響を与えたことが明らかになり、この発明の影響の大きさに興奮させられた。その一方で本書では、可能世界意味論の登場により新たに生まれた問題について議論を深めていき、哲学の発展が現在へ続いていることを実感させてくれる。

書籍全体を通じて、後に否定される主張も含めた多くの主張と、それを扱った議論が紹介される。このおかげで、可能世界意味論誕生前後の哲学者たちが何を考え、そこにどのような背景が存在したかを読み取ることが出来る。これにより、表面的には難しい内容を、深いところから時間をかけて読み解くことが出来、結果、非常に得ることの大きい書籍になっている。また、その主張と反論の数々とその解説は、対象を哲学に限らない、理論の見方のようなものを示しているように感じる

"新しい理論が支持者に事欠かないのは、何が中心的な問題であり、何が周辺的な問題であるかの判断自体が変わりえたという理由によると考えられる。" (p.291)

Wikipediaには、本書が哲学(分析哲学)を専攻する日本の学生および研究者の必読書として不動の地位を占めているとされているが、必読書と呼ばれて当然と思える内容である。

スポンサーサイト
数学・情報科学 | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。