情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

Windows Live Messenger上でマウスポインタが点滅・消滅するときの対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

記事「Windows Live Messenger 上でマウスポインタが点滅・消滅する」で、

Windows Live Messenger上にマウスポインタ(マウスカーソル)を持って行くと、激しく点滅するようになってしまいました。メッセ上(子ウィンドウ含む)でマウスカーソルの移動をやめると、マウスポインタが消えてしまい、動かすと表示されたり表示されなかったりで点滅してしまいます。
と紹介した現象ですが、複数の方々からいただいた情報等を総合すると、次のようなことが分かりました。

現在までに分かったこと

  • OSは無関係らしい
  • Ver. 2009で発生する
  • 薄型PCの広告がきっかけで発生する
  • 元に戻るタイミングはよくわからない
  • 広告部分を非表示にするパッチを利用しても問題が発生する。
(多くの報告コメントありがとうございます。)
これらを踏まえ、対策を考えました。

対策の方針

まず、発生原因となる「広告」(薄型PCがあやしい)を表示しなければいいと考えられます。しかし、パッチで表示しないだけではだめらしいので、そもそもそんな広告が存在しなかったようにすればよい、つまり、その広告をDownloadしなければよいのではないかと考えられます。

ということで、この記事「Windows Live Messengerの使用するポート番号とURL」を思い出しました。その記事によれば、 http://rad.msn.comがWindows Live Messengerが広告データをダウンロードするのに利用するURLらしいので、そこにアクセスしなければ、そもそもそんな広告が存在しなかったように出来ます。というわけで、具体的な方法を以下に書き留めます。

対策法

hostsファイル(C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts)の末尾に

172.0.0.1 rad.msn.com
という行を加え、保存します。ちなみに、編集するソフト(たとえばメモ帳)を起動するときに、右クリックから管理者権限で起動してください。そうじゃないと、保存できません。

次に、すでにWindows Live Messenger を起動している場合は終了します。

最後に、Windows Live Messengerを起動します。すると、広告がダウンロードされなくなり、表示されなくなります(MSNビデオニュースは以前の通り表示されます)。

結果

上記の対策を行った結果ですが、たしかに薄型PCの広告は表示されなくなりました。で、マウスポインタ(カーソル)が点滅する現象ですが、今のところ発生していません!(また、試したばかりですが)

現象が起こっている方は是非お試しください。うまくいった、だめだった、やりかたがわからないという時は、コメントで報告お願いします


追記(2010/02/20)
「※決して営業妨害のつもりはありません。」 (東方徒然日記より引用)

スポンサーサイト
Windows | コメント:20 | トラックバック:0 | 編集

Dimension 8400 0x00008086 エラー対策 このエントリーを含むはてなブックマーク

DELL製PC Dimension 8400で頻発するブルースクリーン(0x00008086)について

Dimension 8400は、5年くらい前に購入したものですが、当時としてはかなり新しい規格を採用していたので、引退することなく未だに利用している人も多いはず。この0x00008086エラーの対策は、Dimansion 8400ユーザとして非常に重要なものだったので、手書きのメモやらなにやらを漁りつつ、メモしておきます。

現象

まず、どんなエラーかというとブルースクリーンが発生します。特に、原因となる動作があるわけではなく、いきなり発生します。

表示メッセージは以下の通り。

A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer.

If this is the first time you've seen this stop error screen, restart your computer. If this screen appears again, follow these steps:

Check to make sure any new hardware or software is properly installed. If this is a new installation, ask your hardware or software manufacturer for any windows updates you might need.

If problems continue, disable or remove any newly installed hardware or software.Disable BIOS memory options such as caching or shadowing. If you need to use Safe Mode to remove or disable components, restart your computer, press F8 to select Advanced Startup Options, and then select Safe Mode.

Technical information:

*** STOP: 0x00008086 (0x00000000, 0x00000000, 0x00000000, 0x00000000)

Beginning dump of physical memory
Physical memory dump complete.
Contact your system administrator or technical support group for further assistance.

多少の違いはあると思いますが(特に最後の部分)、このようにSTOP: 0x00008086と表示されます。 (参考:STOP: 0x0000008Eエラーも当時頻発していました。エラー対象にはwin32k.sysが表示されていました。 )

何の前触れもなく発生し、非常にやっかいなエラーです。

原因

原因は、簡単に言うと、ハードディスク周りのドライバです。

デバイス マネージャで見ると、IDE ATA/ATAPI コントローラの中にある、「Intel(R) 82801FR SATA AHCI Controller」が原因です。名前の通り、AHCI用のドライバです。 XPには標準でAHCIドライバが含まれていないので、OSのインストール時にF6キーでインストールするやつです。

このAHCI Controllerの実態は「C:\WINDOWS\system32\DRIVERS\iaStor.sys」ですので、原因がどれかといえば、ずばり「iaStor.sys」です。

対策

では、どうすればいいのか。対策は、原因のドライバのバージョンアップです。

しかし、ただ、バージョンを最新のものにすればいいわけではなく、安定して動作するドライバを導入すべきです。

現在、私のDimension 8400には、「バージョン:4.5.0.6515」がインストールされており、安定動作しています(たぶん)。

このバージョン4.5.0.6515は、DELLのサポートページからダウンロードできます。Download Nowから、「R82884.EXE」をダウンロードし、実行します。

インストール自体は、たしか表示が英語ですが、OKを順にクリックしていけば大丈夫だったように記憶しています。でも、説明はちゃんと読みましょう。

インストールして再起動すると、0x00008086エラーから解放されているはずです。

未だに8400を使っていて、0x00008086エラーで困っている人がどれだけいるのか全く謎ですが、もし該当するようなら、試してみてください。

Windowsダンプの極意 エラーが発生したら、まずダンプ解析!

ハードウェア | コメント:6 | トラックバック:1 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。