情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

P5K-EのOS再インストール手順 このエントリーを含むはてなブックマーク

OSをインストールする場合に気をつけるべきドライバのインストール順についてです。つまり、「OS」「ドライバ」「INFユーティリティ」などなどの推奨されるインストール順は一体どうなっているのかについてです。 また、この記事は別にP5K-E専用ではなく、いちよIntel P35/ICH9Rを想定しています。さらに言えば、IntelCPU全般に関しても参考になると思います。

ただし、参考にする場合は、すべて自己責任で。

参考資料

今回、インストール手順を考えるために参考にしたメインの資料は次の通りです。

参考資料を読むと

いくつかの参考資料を探すと、古いものや、DirectXについて言及のないもの、様々なドライバが「その他のドライバ」としてひとくくりにされてしまっているものなどがありました。そこで、今回は、それらの内容を統合して、それぞれの資料間に矛盾が起こらないように順序を検討し、実際にP5K-Eでインストールしました。

推奨されるインストール順序

では、肝心のインストール順序です。

  1. OS
  2. サービスパック・パッチ
  3. INF Utility
  4. DirectX
  5. オンボードネットワークアダプタードライバー(LANドライバ)
  6. オンボードオーディオドライバー
  7. Intel Matrix Storage Manager
  8. 上記以外のドライバ(グラフィックボードドライバを含む)

P5K-Eでやってみた

それぞれのドライバを入手してからP5K-EでOSを再インストールしてみたので、それについてのメモもこのblogに書きます。

スポンサーサイト
自作PC | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Vista SP2 がインストール出来ない、まさかの理由 このエントリーを含むはてなブックマーク

自動更新からWindows Vista Service Pack 2をインストールしようとすると、インストールの途中で

Service Pack のインストールを続行できません。
Service Pack に必要とされるシステムコンポーネントが1つ以上不足しています

と表示され、何度挑戦してもVista SP2がインストールできませんでした。

少し調べてみると、Microsoftのサイトにずばり回答が。

この問題は、Windows Vista SP2 のインストールに必要なコンポーネントがコンピュータ上に存在しないことが原因で発生します。

一般的に、この問題は、vLiteソフトウェアを使用して Windows Vista のインストールをカスタマイズし、必要なシステム コンポーネントの一部が削除された場合に発生します。

つまり、ずばりVLiteで不要だと思った機能を削除していたのが原因でした。同様の理由でインストールに失敗している人はたくさんいると思うのですが、自分で検索してみるまでこんなことが起こるとは思ってもいませんでした。

それに、何より驚いたことは、vLite名指しされていたこと。Microsoftのサポートページでフリーウェアの名前があるなんて、なんだか不思議な感じです。

解決方法としては、OSのディスクから、OSを再インストールすればよいそうなのですが、今更それをするくらいなら、OS丸ごと再インストールしようかと思っています。ということで、次回はVLiteを使用せずにWindows Vistaをインストールする予定。来月末までは時間が割けないのでこのままSP1でいこうと思います。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。