情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

Virtual PCのインストール方法(3) バーチャルマシン作成 3 このエントリーを含むはてなブックマーク

このエントリは、「Virtual PC + Visual Studio 2010 Beta 2 導入記」の一部です

Virtual PC + Visual Studio 2010 Beta 2 導入記 もくじ

バーチャルマシンの設定

「Virtual PC コンソール」上でバーチャルマシンを選択して「設定」ボタンを押すと、設定画面が表示されます。 設定画面では、以下のような設定ができます。

仮想(バーチャル)マシンの設定
  • VMファイル名
  • メモリ容量
  • ハードディスクの追加・変更
  • 復元ディスク機能の有効・無効
    復元ディスク機能は、ハードディスク内容の変更の差分を保存し、終了時に.vhdファイルに上書きするか選択できる昨日です。ちなみに、差分は.vmcファイルのある物理ハードディスク上に保存されていくので注意。
  • CD/DVDドライブ、フロッピーディスク、COMポート、LPT(パラレルポート)、ネットワーク、サウンド
  • ハードウェア依存の仮想化機能
    仮想化機能に対応したCPUの仮想化機能を利用するかどうかを設定できます。非対応CPUでは設定できません。また、あらかじめVirtual PCのオプション(後述)で有効に設定しておく必要があります。
  • マウス
    バーチャルマシンウィンドウと、ホストOSとの間でマウスポインタを移動させる機能です。バーチャルマシンに、「バーチャルマシン追加機能」をインストールする必要があります。バーチャルマシン追加機能は、VMware の VMware Toolsみたいなものです。
  • 共有フォルダ
    物理コンピュータ上のデータにアクセスする機能。マウスと同じく、「バーチャルマシン追加機能」のインストールが必要。
  • 画面表示、閉じるボタンの設定
復元ディスク機能について必要に応じて有効・無効を選択しておけば、ほかはとりあえずそのままでよいでしょう。

仮想マシンの設定とは別に、「Virtual PC」自体の設定があります。Virtual PCの設定は「ファイル(F)>オプション(O)」から開くことができ、内容は以下の通りです。

Virtual PC 2007 設定
  • Virtual PCの起動時に、Virtual PC終了時の状態に復元するか
  • CPU時間(CPUの負担バランス)の設定
  • ハードウェアの仮想化機能の有効・無効
  • 全画面表示モード
  • 非アクティブなバーチャルマシンのサウンドを再生する・しない
  • エラーメッセージの表示・非表示
  • キーボード(後述)
  • マウス(バーチャルマシンの画面内にマウスポインタを移動する方法。既定ではクリック)
  • セキュリティ(管理者にしか実行できないようにする機能が選択できる)
  • 言語(Virtual PC自体の表示言語)
ここで大切なのは、「キーボード」です。 「キーボード」では、バーチャルマシンから、ホストOSに戻る時に押すキーが指定できます。既定では「Right Alt(右Alt)」キーです。覚えておきましょうまた、「Right Altキー」を、ホストOS上で別のキーにバインドしている場合、ホストOSに戻れなくなります気をつけてください(←よくわからなければ、何もしていないはずなので大丈夫)。もし戻れなくなったら、仮想マシンの電源を切ってください。それで戻れます。

次回

次回はいよいよ、ここまでで作成したバーチャルマシンにOSをインストールします。

Visual Studio 2010 and .NET 4 Six-in-One
すべてわかる仮想化大全 2010
仮想化技術徹底活用―サーバ管理者/システム開発者のための

スポンサーサイト
Visual Studio | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Virtual PCのインストール方法(3) バーチャルマシン作成 2 このエントリーを含むはてなブックマーク

このエントリは、「Virtual PC + Visual Studio 2010 Beta 2 導入記」の一部です

Virtual PC + Visual Studio 2010 Beta 2 導入記 もくじ

OSの指定

バーチャルマシンの名前を決定した次はバーチャルマシンにインストールするゲストOSの指定です。リストからOS名を選択すると、既定のハードウェア設定の「メモリ」「バーチャルディスク容量(ハードディスク容量)」「サウンド」の3つが表示されます。参考として、それぞれのOSの既定の設定を掲載しておきます。それぞれのOSの推奨環境みたいなものでしょうね

OS名称 メモリ バーチャルディスク容量 サウンド の順です。
  • Windows 98 64MB 16GB Sound Blaster 16 互換
  • Windows NT Workstation 64MB 8GB Sound Blaster 16 互換
  • Windows 2000 128MB 16GB Sound Blaster 16 互換
  • Windows XP 128MB 64GB Sound Blaster 16 互換
  • OS/2 64MB 2GB Sound Blaster 16 互換
  • Windows Vista 512MB 64GB Vista サウンド互換
  • Windows NT Server 64MB 8GB Sound Blaster 16 互換
  • Windows 2000 Server 256MB 16GB Sound Blaster 16 互換
  • Windows Server 2003 256MB 64GB Sound Blaster 16 互換
  • Windows Server 2008 512MB 64GB Vista サウンド互換
  • その他 128MB 16GB Sound Blaster 16 互換
今回は、ゲスト「OSとしてWindows Vista Home Premiumを利用するので、「Windows Vista」を選択します。

メモリの設定

OSで既定の設定が完了したら、それぞれ詳細なの設定を行います。はじめはメモリです。

このバーチャルマシンのパフォーマンスを向上させるには、RAMを増やしてください。ほかのバーチャルマシン用にRAMを残しておくには、 推奨されたRAMのサイズを使用してください。
推奨 RAM:[512MB]

このバーチャルマシンへの割り当てRAM

  • 推奨RAMを使用(U)
  • RAMの調整(A)

重いと噂のVisual Studio 2010 Beta 2を動作させるわけですし、 そもそもVistaなので、512MBで動かすのは大変そうです。 そういうわけで、「RAMの調整(A)」を選択し、 「このバーチャルマシンのRAMサイズの設定」を「1024MB」にしました ホストOSに搭載されていて、認識されている物理メモリ量が、設定できるRAMサイズの上限に関係ありそうです。 私の環境では、4GB分RAMを刺していて2558MBが上限でした。また、推奨RAMサイズより 小さい値に設定することはできません。

バーチャルハードディスクの設定

メモリの設定後、

バーチャル ハード ディスク オプション

このバーチャルマシンにオペレーションシステムをインストールする前に、新規または既存のバーチャルハードディスクを追加する必要があります。
バーチャルハードディスクは、物理ハードディスクに保存される.vhdファイルで、ゲストオペレーティングシステム、アプリケーション、およびデータファイルを含めるために使われます
バーチャルマシンのために作成したり選択したりする最初のバーチャルハードディスクは、[設定]で[ハードディスク 1]と名前が付けられ、起動ディスクになります。

次を使用します:

  • 既存のバーチャルハードディスク(A)
  • 新しいバーチャルハードディスク(E)

と表示されます。今回は、まだバーチャルハードディスクなんてないので、「新しいバーチャルハードディスク(E)」を選択して「次へ(N)」。

すると、以下のように表示され、バーチャルハードディスクの場所を設定します。

バーチャルハードディスクの場所

このウィザードにより、容量可変の拡張バーチャルハードディスクが指定のサイズで作成されます。
新しいバーチャルハードディスクの名前を入力してください。別の場所を設定しない場合は、バーチャルハードディスクのファイルは、バーチャルマシンの構成ファイルと同じ場所に自動的に保存されます

名前と場所(L):
[C:\Users\(アカウント名)\Documents\My Virtual Machines\(バーチャルマシン名)\(バーチャルマシン名) Hard Disk.vhd] [参照(R)...]

最大バーチャルハードディスクサイズ:130,557 MB
バーチャルハードディスクサイズ:[65536 MB]

バーチャルハードディスクの異なる種類についての詳細は、Virtual PCのヘルプを参照してください。
高度なバーチャルハードディスクオプションについては、バーチャルディスクウィザードを使用してください。

(バーチャルマシンの構成ファイルが「C:\Users\(アカウント名)\Documents\My Virtual Machines\(バーチャルマシン名)」フォルダに 保存されることがこの文章から判明します。また、既定の.vhdファイル名は、「(バーチャルマシン名) Hard Disk.vhd」です。)

ハードディスクサイズはそのままにしました最大バーチャルハードディスクサイズは変更できません。また、3MBから130,557MBの間にサイズを設定する必要があるそうです しかし、ハードディスクは初期設定で65536MB=64GBもあるので.vhd作成時130KBで、ファイルの保存とともに増加していく、既定の保存先であるCドライブでは厳しいことがあるかもしれません。 私の場合は、要領に余裕のあるDドライブの、「D:\Microsoft Virtual PC\Virtual Machines\(バーチャルマシン名)\(バーチャルマシン名) Hard Disk.vhd」としました。

バーチャルハードディスクの設定が完了すると、「新しいバーチャルマシンウィザードの完了」と表示されます。「完了」をクリックしてください。

バーチャルマシンの設定

完了をクリックすると、「Virtual PC コンソール」に作成したバーチャルPCが表示されます。ちなみに、「設定」ボタンを押すと様々な設定が変更できます。

次回

次回は、このバーチャルマシンの設定について詳しく紹介します。

Visual Studio 2010 and .NET 4 Six-in-One
すべてわかる仮想化大全 2010
仮想化技術徹底活用―サーバ管理者/システム開発者のための

Visual Studio | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Virtual PCのインストール方法(3) バーチャルマシン作成 1 このエントリーを含むはてなブックマーク

このエントリは、「Virtual PC + Visual Studio 2010 Beta 2 導入記」の一部です

Virtual PC + Visual Studio 2010 Beta 2 導入記 もくじ

タイトル末尾の「1」はページ番号です。記事一つの分量を減らすため、細かく分割しますが、 参考資料が多いだけで、作業量は少ないのでそんなに時間はかかりません。

Virtual PCの起動

スタート>Microsoft Virtual PC」をクリックし、Microsoft Virtual PC 2007を起動する。 初回起動では「Virtual PC コンソール」と同時に「新しいバーチャルマシンウィザード」が表示される。

仮想マシン作成

「次へ」をクリックすると、

  • バーチャルマシンの作成(C)
    このオプションを使用すると、新しいバーチャルマシンを作成するために必要な基礎的な構成を決めることができます。
  • 規定の設定を使用してバーチャルマシンを作成する(U)
    規定の設定で、.vmcファイルを自動的に作成することができます。作成されるバーチャルマシンには、それに関連するバーチャルハードディスクがないので、[設定]ダイアログを使用してバーチャルハードディスクを選択する必要があります。
  • 既存のバーチャルマシンを追加する(A)
    既存の.vmcファイルからVirtual PCコンソールへバーチャルマシンを追加できます。
という3つのオプションが表示されます。「バーチャルマシンの作成」を選択して「次へ(N)」をクリックしてください。

続いて、バーチャルマシンの名前を設定します。既定は「New Virtual Machine」です。わかりやすい名前を設定しましょう。

次回

次回は、「Virtual PCのインストール方法(3) バーチャルマシン作成 2」で、新規作成バーチャルマシンの初期設定を行います。

Visual Studio 2010 and .NET 4 Six-in-One
すべてわかる仮想化大全 2010
仮想化技術徹底活用―サーバ管理者/システム開発者のための

Visual Studio | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Virtual PCのインストール方法(2) 準備するもの・インストール このエントリーを含むはてなブックマーク

このエントリは、「Virtual PC + Visual Studio 2010 Beta 2 導入記」の一部です

Virtual PC + Visual Studio 2010 Beta 2 導入記 もくじ

今回のインストール対象

これからインストールする対象ハードウェア・ソフトウェアについて示しておきます。

PCスペック

  • OS:Windows Vista Ultimate Service Pack 2 32bit 日本語版
  • M/B:P5K-E
  • CPU:Intel Core 2 Duo E8400 @ 3.00GHz 3.00GHz
  • 搭載メモリ:4.00GB

利用ソフト

  • 仮想マシンソフト(ハードウェアエミュレータ):Microsoft Virtual PC 2007 SP1 32bit用
  • ゲストOS:Windows Vista Home Premium Service Pack 2 32bit 日本語版(ディスクはSP1を使用)

対象と言っても、今回の私の環境であるだけで、ほかの環境で利用できない手順というわけではないので参考程度に。

用意するもの 注意:ゲストOSのライセンスは別途用意すること

Virtual PCは、Microsoftから無償で提供されるソフトウェアです。つまり、無料です。次の章でダウンロードします。

しかし、ゲストOSのライセンス(通常ディスクに同じ)は、ホストOSとは別に用意(購入)しなくてはなりません。ライセンス違反になってしまいます。今回の場合は、Vista Ultimateのディスクとは別にVista Home Premiumのディスクを持っている必要があります。正規ライセンスを用意しましょう。

Virtual PCインストール

まず、Setup.exeをダウンロードします。Virtual PCの公式ホームページからはダウンロード場所に行きにくいので、ダウンロード場所のリンクを張っておきます→「Microsoft Virtual PC 2007 SP1 32bit/64bit Setup.exe ダウンロードページ」また、「Windows Virtual PC」はWindows 7専用なので注意。今回使うのは「Microsoft Virtual PC 2007」です。

ダウンロードページの下の方にある「32 BIT/setup.exe」の右の「ダウンロード」ボタンをクリックして、適当な場所に保存し、ダブルクリックして起動しましょう。Microsoft Virtual PC 2007 SP1ウィザードが表示されるので、進めてください今回、バージョンは6.0.192.0でした

ユーザ情報の登録画面で登録するユーザ名は、ゲストOSのユーザ名とは無関係です。あくまで、Virtual PC 2007のユーザ名です。また、会社名は空欄のままで問題ありません。

規定のインストール先フォルダは「C:\Program Files\Microsoft Virtual PC」です。変更したい人はどうぞ。

そして、あっという間にインストールは終了します。1分かかりません。

次回

次回は、バーチャルマシンを作成します。

Visual Studio 2010 and .NET 4 Six-in-One
すべてわかる仮想化大全 2010
仮想化技術徹底活用―サーバ管理者/システム開発者のための

Visual Studio | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

仮想マシン上でVisual Studio 2010 beta 2 をやろう このエントリーを含むはてなブックマーク

正式タイトルは「みんなで人柱になろう Visual Studio 2010 Beta 2 編」です。Virtual PCのインストールから、VS2010Beta2のインストールまでを扱います。

Visual Studio 2010 Beta 2を使いたい

Visual Studio 2010、.NET Framework 4.0と同時リリースされるだけでなく、 Visual Studio 自体に大きな変化があるということで、大変注目されています。

発売が待ちきれない人たちが、Beta をインストールして、楽しそうにやっているのを見ていて、そろそろVisual Studio 2010 Beta をインストールしてみたいなと思ったわけです。というか、2010 の発売が待ちきれない!

そこで、Beta 2をインストールしたいのですが、Microsoft のBetaは、あとあといろいろbetaをインストールした人は、これをインストールしてから製品版を...とか困ることが多い。ということで、いつも使う環境にインストールしたくない。でもVisual Studio 2010を使いたい!

そんなときの常套手段が、「仮想マシン上のOSにインストールする」ということです仮想マシンが何なのかはさておき、とりあえず、「VS2010Beta2を気楽に利用できるんだ」と思ってもらえればOKです

もくじ

今回の記事は、大きく2つに分かれていて、

  1. Virtual PCのインストール方法
  2. Visual Studio 2010 beta 2のインストール方法
です。

だいたい記事の原稿はできているので、書き始めるのは簡単なんですが、いつものように異常なほど詳しく書くつもりなので、いっぺんには記事が書けないと思います。分割します。

とりあえず、目次は以下のとおりです(予定)。「予定」に打ち消し線が引けますように

  1. Virtual PCのインストール方法(1) Virtual PCとは
  2. Virtual PCのインストール方法(2) 準備するもの・インストール
  3. Virtual PCのインストール方法(3) バーチャルマシン作成
  4. Virtual PCのインストール方法(4) OSインストール
  5. Visual Studio 2010 beta 2のインストール方法

それぞれの記事に目次と、このページへのリンクを書くつもりなので、タイトルは短め。明日あたり、記事が増えていることと思います。ちなみに、現在ゲストOSのアップデート中。VS2010Beta2の重さに耐えられるのだろうか

おまけ その他のシリーズ記事

せっかくなので、ほかのシリーズ記事の最初の記事を一覧にしてみます。気になる記事があれば是非読んでみてください。

シリーズ記事一覧

ちゃんと番号とかが付いてるのはこんなもん

Visual Studio | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。